ANA ANAマイル

これでわかる!ANAマイルとは?基本の概要から徹底解説!

更新日:

https://www.mile-sensei.com

この記事では、ANA(全日空)のマイルの基本的な概要、有効期限・使い方・貯め方などを解説していきます!

 

「ANAマイルとは一体なに?」

「ANAマイルの使い方や貯め方、有効期限って?」

 

このようにお悩みの方も多いのではないでしょうか。

ANAマイルは、特典航空券で使えたり、生活の様々な場面で貯まったり、といろいろな場面で使えたり貯まったりします!

それではANAマイルの使い方、貯め方、有効期限といった基本的な概要を詳しく解説していきます!

スポンサーリンク

ANAマイレージクラブの教科書目次

「ANAマイレージクラブの教科書」は、ANAマイレージクラブの基礎知識を全13回に渡って解説していきます!

今回は第3回「ANAマイルの概要」です!

ANAマイルの概要では、ざっくりとマイルの要点についてご紹介し、貯め方や使い方は次回以降の記事で解説したいと思います!

ANAマイルとは?要点から解説

  • ANAマイルは無料で貯められる
  • ANAマイルの有効期限は3
  • ANAマイルは国内線国際線の特典航空券に交換できる
  • ANAマイルの交換先はさまざま
  • ANAマイルを貯める方法もさまざま

ANAマイルは無料で貯められる

前回の「ANAマイレージクラブの概要」でもご紹介したとおり無料で会員になれます!

マイレージクラブ会員であれば、飛行機に乗るとマイルが貯まるので、旅行などで飛行機を利用するときは入会しておくのがおすすめです!

マイルが貯まる流れ

マイルが貯まる基本的な流れは、お店のポイントと同じです。

 

ANAのサービスを利用する→マイルが貯まる→マイルを使う

 

ANAのサービスを利用してマイルを貯めるのが基本です。

ANAの飛行機に乗って貯めまるフライトマイルは、出発地から到着地の距離(マイル)と積算率(料金によって変動)で決まります。

 

距離×積算率=貯まるマイル

 

例えば、一番安い料金のフライトマイルは、以下の表のとおりです。

区間 マイル数 計算
東京(羽田)-大阪(伊丹) 片道 210マイル 280マイル×75%
東京(羽田)-ハワイ 片道 1,149マイル 3831マイル×30%

その他、お店の提携クレジットカード決済でポイントが貯まるように、ANAカードで決済すればマイルが貯まります!

詳しくはANAマイレージの教科書シリーズの「ANAマイルの貯め方」で解説しています!

チェック!
ザクザク貯まる!ANAマイルを貯める10つの方法を徹底解説します!

「ANAマイルを貯める方法って一体どんなものがあるの?」 「ANAマイルをたくさん貯めたいけど、どうやって貯めようか・・ ...

続きを見る

ANAマイルの有効期限は3

ANAのマイルの有効期限は3年です。

正確にいうと、利用した日から数えて36か月後の月末まで有効です!

 

20171111日に獲得したマイルは、20301130日(月末)が期限になります。

有効期限内にマイルを使わないと失効してしまうのでで、よくよく期限をチェックする必要があります!

 

「3万マイル貯めるのが目標だったのに、期限が来て一部失効しちゃった!」

 

有効期限がきてしまい、マイルがなくなってしまうのはとてももったいないです!

無駄にならないように、使い方をしっかり把握しておくことも大切ですね!

現在保有しているマイルを管理するための便利なアプリもあります!

チェック!
マイルを一括管理できるおすすめアプリ!「マイル手帳」をご紹介します!

「いろいろなポイントが貯まったため、ポイントをマイルに交換して旅行に行きたい!」 「でも、ポイントの種類がたくさんありす ...

続きを見る

ANAマイルと他のポイントの大きな違い

ANAマイルもざっくり言うと他のポイント制度と同じですが、大きく違う点があります!

  1. 航空券と交換できる
  2. 使い方でANAマイルの価値が大きく変動する

この2点です!どういうことかを詳しく解説していきます!

航空券と交換できる

他のポイント制度だと、ポイントを使って値引きを受けたり、商品券に交換したりするのが主な利用方法だと思います。

 

しかし、マイルは、他のポイントではできない「航空券との交換」が可能です!

 

貯まったマイルを使えば、無料で飛行機に乗り、お得な旅行をすることができますね!

必要マイル数は、目的地・利用シーズンで決まります。

例えばANA国内線特典航空券では、どのくらいマイルが必要か以下にまとめてみました!

距離/シーズン シーズン 片道 往復
0~600マイル L 5,000 10,000
R 6,000 12,000
H 7,500 15,000
601~1,600マイル L 6,000 12,000
R 7,500 15,000
H 9,000 18,000
1,601~2,000マイル L 7,000 14,000
R 9,000 18,000
H 10,500 21,000
2,001~4,000マイル L 8,500 17,000
R 10,000 20,000
H 11,500 23,000

片道5,000~11,500マイル、往復10,000〜23,000マイルで交換できます。

意外に国内線の料金は高いですが、貯まったマイルで乗れてしまうので本当にお得だと思います!

 

ANA国際線特典航空券も距離と時期に応じて必要なマイル数は異なります。

ANAマイレージクラブの必要マイル数は、以下のとおりです。

行き先\クラス Economy Business First
ソウル 15,000 30,000
北京・グアム 20,000 40,000
シンガポール・バンコク・ジャカルタ 35,000 60,000 105,000
ハワイ(ホノルル) 40,000 65,000
ニューヨーク・ロサンゼルス・シアトル 50,000 85,000 150,000
パリ・ロンドン・フランクフルト 55,000 90,000 165,000
シドニー 45,000 75,000

※レギュラーシーズン

国内線より必要マイル数は多いですが、ビジネスクラスや、ファーストクラスも特典航空券で乗ることができます!

使い方でANAマイルの価値が大きく変動する

この点は、マイルと他のポイントとの一番の違いかもしれません。

航空会社によって国際線特典航空券のに交換するための必要マイル数が変わってきますが、ANAマイレージクラブの必要マイル数は以下とおりです。

行き先\クラス Economy Business First
ソウル 15,000 30,000
北京・グアム 20,000 40,000
シンガポール・バンコク・ジャカルタ 35,000 60,000 105,000
ハワイ(ホノルル) 40,000 65,000
ニューヨーク・ロサンゼルス・シアトル 50,000 85,000 150,000
パリ・ロンドン・フランクフルト 55,000 90,000 165,000
シドニー 45,000 75,000

※レギュラーシーズン

上記の必要マイル数と、実際に運賃を払って搭乗した場合を比較します!

すると、下の表のように、どの路線、どのクラスを利用するかによって1マイルの価値が大きく変動します!

路線 搭乗クラス 必要マイル 運賃 1マイルの価値
東京(羽田)⇔大阪 Economy 12,000 17,780 1.48円
東京(羽田)⇔パリ Economy 55,000 104,380円 1.89円
東京(羽田)⇔パリ Business 90,000 468,480円 5.20円
東京(羽田)⇔パリ First 165,000 1,259,480円 7.63円

※国内線は2017年8月19日時点で2017年10月28日往復最安値、国際線は2017年8月19日時点で2017年10月31日発、11月8日発の便の最安値

1マイルの価値については以下の記事で詳しく解説していますのであわせてチェックしてみてください!

チェック!
ANAマイルの価値っていくらくらい?使い方で大きく変わります!

今回はANAマイルの価値について解説していきます! ANAマイルが貯まったけど、1マイルっていくらくらいか正直わからない ...

続きを見る

 

マイルをたくさん貯めれば、普段乗れないビジネスクラスの特典航空券にも交換できます!

初めてのビジネスクラス

私は5年くらい前ANAマイルを使い、ビジネスクラスを利用しました。でシンガポールに行きました!

ビジネスクラスは本当におすすめです!

ビジネスクラスは、搭乗前のラウンジ、座席の広さ、到着後の荷物の受取など、様々なポイントでより快適になります!

一度乗ってしまうと、「エコノミークラスには戻れない!」と思うくらい快適です!

チェック!
エコノミーとビジネスクラスを比較!座席や値段、圧倒的な違いがあります

「ビジネスクラスとエコノミークラスの違いってなんだろう。」 「ビジネスクラスは値段が高いけど、エコノミーとの違いがわから ...

続きを見る

ANAマイルは5,000マイルから特典航空券に交換できる

ANAのマイルを貯めてきたけど、どのくらいマイルで特典航空券に交換できるのでしょうか。

国内線(片道) 5,000マイル~
国内線(往復) 10,000マイル~
国際線(往復) 12,000マイル~

国内線であれば片道5,000マイル、往復10,000マイル、国際線は12,000マイルから交換ができます!

ANAマイルの使い方はさまざま

ANAマイルは特典航空券以外にもさまざまは交換先があります!

しかし、特典航空券に交換する方がお得なので、特典航空券への交換に必要なマイルが貯まらず、失効してしまう!というときの交換先として考えるのがおすすめです!

  • ANA国際線アップグレード(エコノミー→ビジネス等)
  • ANA SKY コイン(1マイル=1円で航空券やツアー料金に充当できる)
  • ANAショッピング
  • ホテル
  • レンタカー
  • 提携ポイント交換(楽天ポイント、Tポイント等)

これらは一例です!詳しくは「ANAマイルの使い方」でご紹介しています!

チェック!
ANAマイルはこう使う!賢い使い方&交換先を徹底解説します

この記事では、ANAマイルを賢く使う方法やおすすめ交換先を解説しています!   「ANAマイルが貯まったけど、 ...

続きを見る

ANAマイルの基本まとめ

今回はANAマイルについて解説しましたがいかがだったでしょうか。

ざっと今回の記事の要点をまとめると・・・

この記事の要点

  • ANAマイルは無料で貯められる
  • ANAマイルの有効期限は3
  • ANAマイルは国内線国際線の特典航空券に交換できる
  • ANAマイルの交換先はさまざま
  • ANAマイルを貯める方法もさまざま

マイルが貯まる流れでもご紹介したように、貯める基本は、飛行機に乗ることです。

飛行機にはほとんど乗らない!

という方もご安心ください!ANAマイルは飛行機に乗らなくても貯めることができます!

マイルを貯める方法は飛行機の乗る以外にもたくさんあり、多くの方がマイルを貯めています!

  • クレジットカード決済で貯める
  • ホテル貯める
  • レストランで貯める
  • レンタカーで貯める

などがありますが、ほんの一例です!

飛行機に乗らなくでも、日々の生活の中でマイルが貯まる工夫するだけで、ハワイや沖縄の特典航空券でお得に旅行ができるようになります!

具体的にどうやってマイルを貯めるのかは「ANAマイルの貯め方」で詳しく解説しています。

が、さらに!それ以上に大量のマイルを貯める方法があります!たくさんの方が実践しお得にマイルを貯めているので、ぜひ試してみてください!詳しくはこちらをご覧ください!

チェック!
陸マイラーがゼロから解説!年間216,000 ANAマイルの貯め方とは

この記事では、年間216,000以上のANAマイルを貯める方法を詳しく解説していきます!   「ANAマイルを ...

続きを見る

最後までご覧いただきありがとうございました!次回もぜひご覧ください!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たかやん

私は陸マイラーのたかやんです!ANA&JALマイルを中心に大量のマイルを貯めています。このブログでは、マイルの貯め方や旅行に関するお得な情報を発信中!

ブログランキング・にほんブログ村へ

RECOMMEND

1

この記事では、年間216,000以上のANAマイルを貯める方法を詳しく解説していきます!   「ANAマイルを ...

2

「ANAアメックスゴールドの特典やメリットってなんだろう。」 「発行でお得なキャンペーンはないかな・・・。」 &nbsp ...

3

「ハピタスとは一体なんだろう?」 「ハピタスのことをもっと知りたい!」   この記事では、ポイントサイト「ハピ ...

4

「JALマイルをたくさん貯めたい」 「おすすめの貯め方って?」   このようにお調べ中の方もいらっしゃると思い ...

5

「ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)のメリット・デメリットがわからない。」   このようにお悩みではあ ...

6

「SPGアメックスとは?」 「SPGアメックスの特典やメリットって?」   このようにお悩みではないでしょうか ...

-ANA, ANAマイル
-,

Copyright© マイル先生のブログ , 2018 All Rights Reserved.