旅行 海外旅行

海外旅行保険の3つの入り方とは。メリットとデメリットも解説

更新日:

https://www.mile-sensei.com

海外旅行保険に加入したいんだけど、どうやって入ればいいのだろう。
どんな加入方法があるんだろう・・・。メリットとデメリットも知りたいな。

 

この悩み、解決します!

 

この記事の内容

  • 海外旅行保険の入り方で、主要なもの3つを解説
  • それぞれの違い、メリット&デメリット

海外旅行保険の入り方は、 クレジットカード付帯保険や保険会社のものなど、加入方法はいろいろと存在します!今回3つの主要な加入方法を解説!

 

3つの違い、メリット&デメリットをしっかりと把握し、ぜひ自分に最適の入り方をみつけましょう!

スポンサーリンク

海外旅行保険の主な3つの入り方

まずは、海外旅行保険の主な入り方について解説します!

 

みなさんは、海外旅行に行くとき、旅行保険はどのような方法でかけていますか?

海外旅行保険の入り方は主に3種類!おそらくこの3つのうちどれかで加入する方が多いのではないでしょうか。

 

  1. 空港で保険会社の海外旅行保険に入る
  2. インターネットで保険会社の海外旅行保険に入る
  3. クレジットカードに付帯している旅行保険を使用

この3つが海外旅行保険で主に利用されている加入方法です!海外旅行保険の詳しく解説はこちらをご覧ください!

チェック!
海外旅行保険とは?補償項目や内容を把握しよう!

初めて海外旅行で保険に入ろうか検討中!でも、そもそも海外旅行保険って?どんな補償内容があるんだろう。 海外旅行保険につい ...

続きを見る

 

空港で保険会社の海外旅行保険に入る方法

空港で海外旅行保険に入る方も結構多いと思います。下の画像のような、加入申込みができる端末が並んでいますので、それを操作して加入する方法です!

 

自分で端末を操作して加入できるのでとっても手軽です!空港には以下の画像ような窓口が設置されている場合もあるので、そこでの加入ももちろん可能。

 

 

空港で入るメリット

空港で入るメリットは1つ!

 

空港に着いたら、両替と海外旅行保険の加入という流れで行うことで、入り忘れがない

という点です。海外旅行保険の入り忘れは致命的なので、とても安心。肝心の保険の内容は、基本的にはどの保険会社の保険に加入しても十分だと思います!もちろん手厚い補償になればその分保険料は高くなります!

 

必要な補償金額については以下の記事で解説していますのであわせてチェックしてみてください!

チェック!
海外旅行保険の補償金額っていくら必要?おすすめの額を解説!

海外旅行保険、いくら補償されるものに加入すればいいのだろう。補償金額が少なくても心配だし、多いと保険料が高いし・・・。 ...

続きを見る

 

空港で入るデメリット

もちろんですが、デメリットも存在します。どんなデメリットかというと・・・

 

保険料が割高な場合が多い

という点です。空港での両替が割高なように、空港での保険の加入も割高です。事前にインターネットで加入するよりも2倍近く違うこともあります・・・。

 

ちなみに、空港での両替はとっても割高なので、キャッシングを利用する方法がおすすめです!

チェック!
海外旅行先での両替はATMで!キャッシングのやり方を解説

「海外旅行先のATMでのキャッシングってどうすればいいの?」   このようにお悩みではないでしょうか? この悩 ...

続きを見る

 

インターネットで保険会社の海外旅行保険に入る

次は事前にインターネットで保険に入る方法です!保険会社のホームページから簡単に加入できます!あらかじめ補償内容がパックになったものや、自分で内容をカスタマイズできるものまで様々。

 

インターネットで入るメリット

メリットは・・・

 

保険料のお得さ

です!出発当日に、空港の窓口で入るよりも、当日の飛行機の待ち時間に、スマホでささっと加入したほうが断然お得です!

 

もちろんですが、窓口で加入するよりもコストを抑えられますが、補償内容を手厚くするともちろん保険料も高くなります!

 

インターネットで入るデメリット

インターネットで海外旅行保険に入るデメリットは・・・

 

自分で手続きをするため少し手間がかかる

という点です。窓口であれば、希望の内容や、必要な補償金額など相談しながら進められる上、手続きもお任せなのでとっても簡単。インターネットはそれがないので、自分で進める必要があります!

 

クレジットカードに付帯している海外旅行保険を使用

最後にクレジットカードの付帯保険を利用する場合です!この方法が1番おすすめです!クレジットカードの中には、海外旅行保険が付帯しているものがあり、自動付帯と利用付帯があります!

 

自動付帯と利用付帯とは?

クレジットカードの海外旅行保険には「自動付帯」と「利用付帯」という2種類あります。

  • 自動付帯:クレジットカードを持っているだけで海外旅行保険が適用される
  • 利用付帯:クレジットカードで旅行代金を支払ったら海外旅行保険が適用される

もちろん自動付帯のほうがおすすめです!

利用付帯は、旅行代金をそのクレジットカードで払わなければ適用されません!

ただ旅行代金といっても、ホテル代や航空券代だけでなく、空港までの電車代やタクシー代も含まれるので、意外と簡単に適用させることが可能です。

このように、もともとクレジットカードに付帯している保険を活用し、海外旅行保険とする方法です。

 

クレジットカード付帯保険のメリット

海外旅行保険が付帯するクレジットカードの中には、年会費無料のものもあります。自動付帯であれば、保険料を一切支払わず、クレジットカードを持っているだけで補償を受けることができます!

 

例えばエポスカードは年会費無料の上、海外旅行保険が充実していることで有名です。

チェック!
エポスカードとは?メリット&デメリットを徹底解説!

エポスカードってCMでよく見るし、どんなクレジットカードか気になるな・・・。 エポスカードのメリットやデメリットって? ...

続きを見る

使わない手はありませんね!利用していらっしゃる方も多いと思いますが、私もこのクレジットカード付帯保険を利用しています!

 

クレジットカード付帯保険のデメリット

クレジットカードの付帯保険を活用する方法は、1つ注意点があります・・・。

 

海外旅行保険で1番重要な、疾病・傷害治療費用補償が少し弱い

この点がデメリットです! 海外旅行中に起きて1番困るのは病気とケガです!起きる確率が高く、実際に保険会社に保険金を請求される方のほぼ半分が、病気とケガの際に補償される疾病・傷害治療費用、救援者費用を請求されています!

 

病気やケガが起きた場合の負担金額は相当高いです。医療事情が異なる上、日本のように健康保険も使えません・・・。ジェイアイ傷害火災保険の海外旅行保険事故データから抜粋して事例をご紹介すると・・・

 

国・都市 事故の内容 治療・救援費用
ハワイ ホノルル空港到着後に発熱があり受診。肺炎・敗血症と診断され9日間入院。家族が駆けつける。 897万円
ハワイ ディナークルーズで食事を喉に詰まらせ救急車で搬送。食物の誤嚥と診断され3日間入院。家族が駆けつける。 372万円
アメリカ 体のだるさを訴え受診。くも膜下出血と診断され19日間入院・手術。家族が駆けつける。 2,528万円
アメリカ 発熱・咳の症状で受診。肺炎と診断され8日間入院。 683万円
シンガポール クルーズ中に嘔吐・吐血、下船し救急車で搬送。胃炎と診断され7日間入院。家族が駆けつける 440万円
オーストラリア レストランで転倒し腰を強打。大腿骨頸部骨折と診断され12日間入院・手術。家族が駆けつける看護師が付き添い医療搬送 388万円
タイ スピードボードに乗船中に転倒し、腰を強打。大腿骨頸部骨折と診断され8日間入院・手術。看護師が付き添い医療搬送。 327万円

これらはすべて実際にあった事例です。主なクレジットカードの疾病・傷害治療費用補償は、50万円~100万円までのところが多く、これでは全く足りません。

 

しかし、200万円まで補償される優秀なクレジットカードもあります!ただ、200万円でも正直少ないです・・・。そこで大切になってくるのが、補償の合算です!

 

海外旅行保険付クレジットカードの補償は合算可能

異なるカード会社が発行する海外旅行保険付クレジットカードを複数持っている場合は、補償内容の合算が可能!ただし、死亡補償は合算できず、1番高い補償の金額となります!

 

  • 死亡補償・・・一番高い補償の金額が限度額
  • それ以外・・・合算可能

ただし、クレジットカードによって異なることがあるので、事前の確認は必ずやっておきましょう!

 

海外旅行保険で1番重要な傷害・疾病補償が合算可能なため、年会費が無料で、海外旅行保険が充実しているクレジットカードを複数持つと、それだけで必要な保険がカバーできます!

 

海外旅行保険が充実したおすすめのクレジットカード3つを以下の記事で解説していますのであわせてチェックしてみてください!

チェック!
自動付帯の海外旅行保険が充実したクレジットカードおすすめ3選

海外旅行保険はクレジットカード付帯保険を利用したい・・・自動付帯でおすすめのカードが知りたいな。   この悩み ...

続きを見る

 

まとめ

今回は海外旅行保険の入り方についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。 海外旅行保険の入り方をまとめると・・・

 

  1. 空港で保険会社の海外旅行保険に入る
  2. インターネットで保険会社の海外旅行保険に入る
  3. クレジットカードに付帯している旅行保険を使用

この3つが海外旅行保険で主に利用されている加入方法です!この中でも特におすすめなのがクレジットカードの付帯保険を利用する方法です!年会費無料のクレジットカードでも手厚い補償が受けられます!

 

ただし、疾病・傷害費用補償は手厚くても足りない場合が多いです!そのため、複数のクレジットカードの付帯保険を合算しましょう!

 

ちなみに、海外旅行保険でおすすめのクレジットカードは「エポスカード」。エポスカードについて以下の記事で解説していますのであわせてチェックしてみてください!

チェック!
エポスカードとは?メリット&デメリットを徹底解説!

エポスカードってCMでよく見るし、どんなクレジットカードか気になるな・・・。 エポスカードのメリットやデメリットって? ...

続きを見る

最後までご覧いただきありがとうございました!次回もぜひご覧ください!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たかやん

私は陸マイラーのたかやんです!ANA&JALマイルを中心に大量のマイルを貯めています。このブログでは、マイルの貯め方や旅行に関するお得な情報を発信中!

ブログランキング・にほんブログ村へ

RECOMMEND

1

ANAマイルがなかなか貯まらない。マイルをたくさん貯めて旅行に行きたいのに。 マイルは飛行機やクレジットカード決済で貯め ...

2

「ANAアメックスゴールドの特典やメリットってなんだろう。」 「発行でお得なキャンペーンはないかな・・・。」 &nbsp ...

3

ハピタスとは一体なんだろう? 使い方は?ポイントの貯め方は?ハピタスのことをもっと知りたい!   この悩み、解 ...

4

JALマイルってなかなか貯まらないな。でも、たくさん貯めたい。 おすすめの貯め方ってないのかな?コツでもいいから教えてほ ...

5

「ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)のメリット・デメリットがわからない。」   このようにお悩みではあ ...

6

「SPGアメックスとは?」 「SPGアメックスの特典やメリットって?」   このようにお悩みではないでしょうか ...

-旅行, 海外旅行
-, ,

Copyright© マイル先生のブログ , 2018 All Rights Reserved.