マイルの貯め方

クレジットカードでマイルを貯める方法【貯め方をわかりやすく解説】

2019年3月13日

クレジットカードでマイルを貯める方法【貯め方をわかりやすく解説】

 

どうすればクレジットカードでマイルが貯まるんだろう。貯め方が詳しく知りたいな。あと、どのくらいマイルが貯まるのかも教えてほしい。

 

こういった疑問にお答えします。

 

この記事でわかること

  • クレジットカードでマイルを貯める方法【貯め方をわかりやすく解説】
  • クレジットカードでどれくらいのマイルが貯まるのか
  • マイルを貯めるおすすめの決済用クレジットカード

 

記事の信頼性

この記事を書いている私は、ANAとJALのマイルを貯めはじめて5年。これまで、クレジットカードでたくさんのマイルを貯めてきました。ちなみに、2019年10月現在のANAマイル口座残高を公開すると・・・

  • ANAマイル:414,421マイル

しっかりとした経験をもとに記事を書いています。

 

記事は3分ほどで読み終わります。クレジットカードでのマイルの貯め方、おすすめのカードもご紹介しているので、ぜひご覧ください。

 

クレジットカードでマイルを貯める方法【貯め方をわかりやすく解説】

クレジットカードでマイルを貯める方法【貯め方をわかりやすく解説】

カードでマイルを貯める方法は、主に以下の3つです。

 

  1. クレジットカード決済で貯める
  2. クレジットカードの更新で貯める
  3. クレジットカードの発行で貯める

この3つは、クレジットカードの貯め方の基本。それぞれの貯め方を掘り下げていきます。

 

クレジットカード決済で貯める

クレジットカードを利用すると貯まるポイントをマイルに交換して貯めるということです。ANAやJAlのカードであれば、直接マイルが貯まるものがほとんど。

具体的な貯め方は、ご存知のとおり、なにかの代金をクレジットカードで支払うだけです。

 

クレジットカードの更新で貯める

クレジットカードの更新をするというマイルの貯め方です。これはANAマイルのみですが、1年の更新だけで毎年ボーナスマイルが貯まります。

具体的には、ANAのカードの更新をするだけ。特に手続きは不要で、ただ所有していればいいだけです。飛行機に乗らなくてもOK。

 

クレジットカードの発行で貯める

クレジットカードを発行するときのキャンペーンで貯める方法です。カードを発行するだけ、もしくは条件を満たすことでマイルを貯めることが可能。

具体的にみていくと、ANAカードであれば、常時入会キャンペーンを行っていて、1,000マイル以上貯めることが可能です。

 

クレジットカードの発行はポイントサイト経由がおすすめ

クレジットカードの発行で、お得にマイルを貯めたいなら、ポイントサイトの利用は必須。なぜなら、発行で貯まるマイルだけではなく、ポイントサイトのポイントも貯まるから。

ポイントサイトのポイントもマイルに交換が可能です。

ポイントサイトとは

 

クレジットカードでどれくらいのマイルが貯まるのか

クレジットカードでどれくらいのマイルが貯まるのか

貯まるマイルの目安は以下のとおり。

  • 決済したとき → 100円=1マイル程度(マイル還元率1%)
  • 更新したとき → 1,000~10,000マイル
  • 発行したとき → 1,000~マイル
  • ポイントサイト経由で発行 → 10,000マイル以上

あくまで目安ですが、ポイントサイト経由で発行したときが他を圧倒していますね。

 

決済したとき

決済で貯まるマイルは、決済額の0.5~1%程度が基本。100円=1マイル程度(マイル還元率1%)貯まると効率的です。

例えば、ANAのスタンダードなクレジットカードの決済で、0.5~1%のマイルを貯めることができます。

 

ココに注意

ANAは決済額の1%の還元率でマイルを貯める場合、手数料がかかるので注意しましょう。

 

貯まるマイルの目安

100円=1マイル程度(マイル還元率1%)

 

更新したとき

ANAのクレジットカードのみとなりますが、カードを1年更新したときにボーナスマイルがもらえます。

例えば、ANAのスタンダードなクレジットカードの1年更新で1,000マイルが貯まります。カードのグレードによって違うので、以下の表にまとめました。

グレード 1年更新で貯まるマイル数
ANA一般カード 1,000マイル
ANAワイドカード 2,000マイル
ANAゴールドカード 2,000マイル
ANAプラチナカード 10,000マイル

 

貯まるマイルの目安

1,000~10,000マイル

 

発行したとき

ANAのクレジットカードは、発行したときにもボーナスマイルが貯まります。

例えば、ANAのスタンダードなクレジットカードの発行で1,000マイルが貯まります。カードのグレードによって違うので、以下の表にまとめました。

グレード 発行で貯まるマイル数
ANA一般カード 1,000マイル
ANAワイドカード 2,000マイル
ANAゴールドカード 2,000マイル
ANAプラチナカード 10,000マイル

 

貯まるマイルの目安

1,000~10,000マイル

 

ポイントサイト経由で発行したとき

ポイントサイト経由でクレジットカードを発行すると、ポイントサイトのポイントが貯まります。そのポイントをマイルに移行することが可能です。

私が愛用しているポイントサイト「ハピタス」で具体的にみていきましょう。以下の画像をご覧ください。

ハピタスから楽天カードの発行を行うと、15,500円相当のポイントが貯まることをあらわしています。マイルに移行すると、ANAの場合最大12,555マイルになります。

 

なんでこんな貯まるの?怪しくない?と思った方へ

仕組みは単純で、カード会社からポイントサイトに支払われる広告料の一部が、キャッシュバックされているだけ。仕組みがわかれば全く怪しいものではなく、危険性もないことがわかります。

 

ハピタスの詳細

 

貯まるマイルの目安

10,000マイル以上

 

マイルを貯めるのにおすすめの決済用クレジットカード

マイルを貯めるのにおすすめの決済用クレジットカード

以下のとおりです。

 

  • ANAマイル:SPGアメックス
  • JALマイル:SPGアメックス

 

まさかのANA、JALともに同じクレジットカードです。

SPGアメックスは、ホテル系のクレジットカードで、世界最大のホテルグループ「マリオット」の系列のクレジットカードです。数え切れないほどの特典があります。

 

マイルを貯めるときのデメリット

デメリットは年会費がかかり、約30,000円と高額なことです。クレジットカードのグレードとしては、ゴールドカードの部類に入るのでこのくらいはします。

しかし、SPGアメックスの特典に「マリオットグループのホテル無料宿泊(年1回)」というものがあるので、簡単に年会費はペイできてしまします。

 

たかやん
デメリットよりも、マイルを貯めるうえでは次の項目で解説するメリットのほうが大きいです!

 

マイルを貯めるときのメリット

以下のとおり2つあります。

 

  1. SPGアメックスのマイル還元率がとても良い
  2. 実質無期限でマイルを貯められる

 

SPGアメックスのマイル還元率は、最大1.25%です。決済で貯めたポイントは、ANA、JALどちらのマイルにも交換可能。

そして、最大のメリットは、実質無期限でマイルを貯められること。クレジットカード決済ではマイルを貯めるのに時間がかかるので、マイルの有効期限切れがなくなります。

 

SPGアメックスの詳細

 

まとめ:たくさんマイルを貯めるならポイントサイトの利用は必須

まとめ:たくさんマイルを貯めるならポイントサイトの利用は必須

今回の記事のポイントをまとめます。

 

  • クレジットカードでのマイルの貯め方は、決済・更新・発行
  • 発行ならポイントサイト経由がおすすめ
  • 決済用ならSPGアメックスがおすすめ

 

この3つ。これでクレジットカードでのマイルの貯め方はマスターできました。

貯め方の中でも、ポイントサイト経由でのクレジットカードの発行でたくさんのマイルが貯まることもわかっていただけたと思います。一方で、ポイントサイト?なにそれ?と感じると思います。

その点は、以下の記事で解消できます。

 

ポイントサイトについて解説している記事

-マイルの貯め方
-, , ,

Copyright© マイル先生のブログ , 2019 All Rights Reserved.