ANAマイルの価値はいくら?【使い方をわけて解説します】

2018年3月4日

ANAマイルの価値はいくら?【使い方をわけて解説します】

 

ANAマイルが貯まったけど、1マイルの価値ってどのくらいなんだろう・・・。やっぱり1マイル=1円くらいの価値なのかなぁ、本当の価値が知りたい!

 

こういった疑問にお答えします。

 

この記事でわかること

  • ANAマイルの価値はいくら?【使い方をわけて解説します】
  • マイルの価値が高まる特典航空券で使うのがおすすめ

 

記事の信頼性

この記事を書いている私は、ANAマイルを貯めはじめて5年。ANAのことをたくさん調べた経験があります。ちなみに、2019年12月現在のANAマイル口座残高を公開すると・・・

  • ANAマイル:414,421マイル

しっかりとした経験をもとに、記事を書いています。

 

この記事は3分ほどで読み終わります。ANAマイルの価値をわかりやすく解説していきますので、ぜひ最後までお付き合いください。

 

スポンサーリンク

 

ANAマイルの価値はいくら?【使い方をわけて解説します】

ANAマイルの価値はいくら?【使い方をわけて解説します】

まとめると以下のとおりです。

 

  • 提携ポイント → 1マイル=1円相当程度の価値
  • ホテル → 1マイル=1円相当程度の価値
  • ANA SKYコイン → 1マイル=1~1.7円相当の価値
  • 国内線 → 1マイル=1~3円相当程度
  • 国際線エコノミークラス → 1マイル=3~4円相当程度
  • 国際線ビジネスクラス → 1マイル=4~8円相当程度
  • 国際線ファーストクラス → 1マイル=8~14円相当程度

 

使い方によってかなり価値が違うのがわかりますね。だいたいの感覚として、ANAマイルの価値は1マイル=3〜5円相当の価値と考えていただければ大丈夫です。

「なんで1マイルがこんな価値になるの?」と疑問に感じると思うので、詳しく解説していきます。

 

提携ポイントに交換するときの価値

ANAマイルは、他のポイントや電子マネーに交換することができ、基本は1マイル=1円相当となります。

主な交換先は以下のとおり。

 

  • Tポイント
  • 楽天スーパーポイント
  • Edy
  • Suicaポイント

 

残念ながら、Tポイントや楽天スーパーポイントへの1マイル=1円相当での交換は年度内に20,000マイルまでという制限があります。

それ以上のマイルを交換しようとすると10,000マイル=5,000ポイントとなってしまうため、1マイルの価値が0.5円になります。

 

提携ポイントへの交換

1マイル=1円相当の価値

 

代表的な交換先一覧

スターバックスカード iTunesギフトコード 楽天Edy
メトロポイント TOKYU POINT 楽天スーパーポイント
Tポイント nanacoポイント タカシマヤポイント
Suicaポイント 京急プレミアポイント ヤマダポイント

 

ホテル宿泊で利用するときの価値

ホテルの宿泊でもANAマイルを使うことができ、目安として1マイル=1円程度で使うことが可能です。

具体的にANAグローバルホテルで使用した場合を考えていきます。例えば、ザ・ペニンシュラ東京に宿泊する場合、以下のとおり必要なマイルは、1泊102,900マイルです。

出典:ANAグローバルホテル

 

一方、旅行予約サイトのエクスペディアから予約すると宿泊料金は101,002円。つまり、102,900マイルを101,002円相当で使うことになるので、1マイル=約1円相当として使えます。

ただし、利用する日により宿泊費が変動するので、もっと価値が上がるときも、1マイル=1円相当以下となるときもあります。

 

ホテル宿泊に利用

1マイル=1円相当前後の価値

 

ANA SKYコインに交換するときの価値

ANA SKYコインへの交換は、1マイル=最大1.7円となります。交換比率がANA会員ステイタスや交換するマイル数により変わってくるため、価値が変化するからです。

 

 

具体的にみていきましょう。以下の画像には、マイル→コインと交換するときの比率がのっています。

出典:ANA SKYコイン

交換マイル数が1万マイル未満だと1マイル=1円相当の価値しかありません。

しかし、ANA上級会員やANAゴールドカードを持っている場合や、交換するマイルが増えると交換率が上がり、 最大で1マイル=1.7円相当の価値となります。

 

ANA SKYコインへの交換

1マイル=1~1.7円相当の価値

 

ANA SKYコインの貯め方や使い方については、以下の記事で解説していますのであわせてチェックしてみてください!

ANA SKY コイン4つの貯め方
ANA SKY コイン4つの貯め方【賢く貯めていきましょう】

  ANA SKYコインってどうやって貯めるんだろう。効率的に貯められる方法も知りたいなぁ。   こういった疑問を解消していきます。 ANA SKYコインの貯め方って、正直パッとし ...

続きを見る

ANA SKY コインはこう使う!賢い使い方を解説
ANAスカイコイン4つの使い方【使い道がない方へ対処法も解説】

ANAスカイコインの使い道って、マイルと比べるとあまり知られていませんよね。   ANAスカイコインってどうやって使うの?使い道がないんだけど、どうすればいいの?   こんな疑問を ...

続きを見る

 

国内線特典航空券に交換するときの価値

国内線特典航空券への交換だと、マイルの価値はだいたい1〜3円程度です。

ただ、航空券は日程や行き先、搭乗クラスなどにより値段が大きく変動するので、正直マイルの価値は正確ではありません。

 

例えば下の表のように、どの路線を利用するかによって1マイルの価値が大きく変動します。

路線 搭乗クラス 必要マイル 運賃 1マイルの価値
東京(羽田)⇔大阪 Economy 12,000 17,580円 1.46円
東京(羽田)⇔沖縄 Economy 18,000 17,780円 0.98円

※国内線は2018年2月4日時点で2018年5月7日往復最安値

 

国内線特典航空券への交換

1マイル=1~3円相当程度

 

国際線特典航空券(エコノミー)に交換するときの価値

国際線特典航空券(エコノミー)への交換では、1マイル=3円相当以上では使えます。

国内線同様、日程や行き先、搭乗クラスなどにより航空券の値段が大きく変動するので、マイルの価値は正確ではありません。

 

例えば下の表のように、どの路線を利用するかによって1マイルの価値が大きく変動します。

路線 搭乗クラス 必要マイル 運賃 1マイルの価値
東京(羽田)⇔ホノルル(ハワイ) Economy 40,000 136,740円 3.41円
東京(羽田)⇔ニューヨーク(JFK) Economy 50,000 155,740円 3.11円
東京(羽田)⇔パリ(CDG) Economy 55,000 175,060円 3.18円

国際線は2018年2月4日時点で2018年6月1日発、6月8日発(レギュラーシーズン)の便の最安値

 

ちなみに、ハワイ路線の特典航空券だと1マイルの価値が高まるのですが、なかなか座席を確保するのが難しい・・・。

激戦!?ANAマイルでハワイ!特典航空券を予約する5つのコツ
激戦!?ANAマイルでハワイ!特典航空券を予約する5つのコツ

ANAマイルで特典航空券を取ってハワイ旅行! これがマイルを貯めるきっかけになった方、目標にしている方も多いのではないでしょうか。 でも実際のところ、   ANAマイルでハワイ路線の特典航空 ...

続きを見る

 

国際線特典航空券への交換

エコノミークラスの場合:1マイル=3~4円相当程度

 

国際線特典航空券(ビジネス)に交換するときの価値

この辺りから一気にマイルの価値が上がり、1マイル=4円以上で使うことが可能です。路線によっては、1マイル=8円相当くらいの価値として使えることもあります。

具体的に事例を以下の表にまとめました。

路線 搭乗クラス 必要マイル 運賃 1マイルの価値
東京(羽田)⇔ホノルル(ハワイ) Business 65,000 261,740円 4.02円
東京(羽田)⇔ニューヨーク(JFK) Business 85,000 679,740円 7.99円
東京(羽田)⇔パリ(CDG) Business 90,000 636,590円 7.07円

国際線は2018年2月4日時点で2018年6月1日発、6月8日or9日発(レギュラーシーズン)の便の最安値

 

国際線特典航空券への交換

ビジネスクラスの場合:1マイル=4~8円相当程度

 

国際線特典航空券(ファースト)に交換するときの価値

マイルの価値はさらに上がり、1マイル=14円相当程度で使うことが可能です。ただ、ファーストクラスの特典航空券は必要マイル数が多いのでなかなかとれるものではありません。

具体的を以下の表にまとめました。

路線 搭乗クラス 必要マイル 運賃 1マイルの価値
東京(羽田)⇔ニューヨーク(JFK) First 150,000 1,325,740円 8.83円
東京(羽田)⇔パリ(CDG) First 165,000 1,447,400円 8.77円

国際線は2018年2月4日時点で2018年6月1日発、6月8日発(レギュラーシーズン)の便の最安値

1マイルの価値はこのような感じになりました。さすがにファーストクラスの航空券は高いですね。それでも具体例の料金はまだ安いほうです。

 

国際線特典航空券への交換

ファーストクラスの場合:1マイル=8~14円相当程度

 

マイルの価値が高まる特典航空券で使うのがおすすめ

マイルの価値が高まる特典航空券で使うのがおすすめ

マイルは特典航空券に交換するのが価値を高めるベストな使い方といえます。基本的に交換先でマイルの価値は以下のとおり違うからです。

 

特典航空券 > それ以外の交換先

 

そしてさらに、特典航空券の使い方で大きく価値がかわります。

  • 航空券が安い場合は、特典航空券に使用するマイルの価値は低くなる
  • 航空券が高い場合は、特典航空券に使用するマイルの価値は高くなる

というのが基本のイメージ。

つまり、航空券が安いエコノミークラスよりも、高いビジネスクラスやファーストクラスで特典航空券を使う方が、マイルの価値が高くなるということです。

 

たかやん
特におすすめなのはビジネスクラスの特典航空券です!

 

理由は、ファーストクラスだと多くのマイルが必要になってくるから。贅沢するなら、ファーストクラス1回分よりもビジネスクラス2回分のほうがお得です。

 

まとめ:ANAマイルの価値は使い方でかわる

まとめ:ANAマイルの価値は使い方でかわる

今回の記事のポイントをまとめます。

 

  • ANAマイルの価値は使い方で大きくかわる
  • だいたいの価値は1マイル=3~5円程度
  • マイルの価値が高まるのは、特典航空券への交換
  • もともとの航空券が高いほど、マイルの価値が高まる

 

価値を高めるマイルの使い方として狙い目なのが、国際線ビジネスクラス特典航空券。この場合は、安定的に1マイル=4〜6円相当の価値があるという感じ。

 

たかやん
しかし、いつもいつも国際線ビジネスクラスで使えるのは限りません。

 

そのため、ANAマイルの使い方をマスターしておくと柔軟に使うことが可能です。

 

ANAマイルの『使い方』

 

あと、国際線ビジネスクラスへの交換がおすすめとお伝えしましたが、そのためには多くのマイルを貯める必要があります。

以下にANAマイルの貯め方をまとめたので、参考にしてみてください。

 

ANAマイルの『貯め方』

 

  • この記事を書いた人

たかやん@マイル先生

『マイル先生のブログ』の中の人です!陸マイラー歴5年。ANA&JALマイルを中心に大量のマイルを貯めてます。マイルの貯め方や使い方、旅行に関するお得な情報を発信中!\Follow Me!!/

-ANAマイルの使い方
-, ,

Copyright© マイル先生のブログ , 2019 All Rights Reserved.