SFC

ANAスーパーフライヤーズ完全解説2019【SFCのすべて】

ANAスーパーフライヤーズ完全解説のポイント

ANAスーパーフライヤーズ、それはマイラーなら誰もが憧れるANAのステイタス。

ANAスーパーフライヤーズカードと呼ばれる特別なクレジットカードを発行することで、そのステイタスを得ることができます。

でも、正直なところ、

 

ANAスーパーフライヤーズ会員の魅力ってなんだろう?どうやったらなれるの?条件は?・・・全部まとめて知りたい!

 

こう感じてしまいますよね。

私自身、初めてANAスーパーフライヤーズカード(SFC)のことを知ったときはその魅力に驚きました。そして、早速特典を調べ尽くし、なるための条件を必死で調べました。

調べ尽くした結果、ANAスーパーフライヤーズの魅力に取りつかれ、今回の記事を書くに至ったのです。

 

ANAスーパーフライヤーズ、最高!
たかやん

 

そこでこの記事では、ANAスーパーフライヤーズのことを調べ尽くしたマイラーの

たかやん(@milesensei33)が、

 

ANAスーパーフライヤーズ(SFC)のことを全部まるっと解説しちゃいます!

たかやん

 

この記事でわかること

  • ANAスーパーフライヤーズ完全解説のポイント
  • ANAスーパーフライヤーズ(SFC)とは何か
  • ANAスーパーフライヤーズ会員になるための条件
  • SFC会員になるためのANAプレミアムポイント
  • SFCの主なメリット・特典
  • ANAスーパーフライヤーズ会員を目指すSFC修行とは
  • ANAスーパーフライヤーズ会員になるためにやるべきこと

 

ANAスーパーフライヤーズはANAの上級会員ステイタスの一種。会員になると、一般会員では受けることができないさまざまなサービスを受けられるんです!

 

ANAスーパーフライヤーズはとっても魅力的!その魅力・取得方法などすべてを解説するので、ぜひ最後までじっくりと読んでみてくだい。
たかやん

 

スポンサーリンク

 

ANAスーパーフライヤーズ完全解説のポイント

ANAスーパーフライヤーズ完全解説のポイント

まず初めに、この記事のポイントをざっとご紹介しておきます。

 

  • ANAスーパーフライヤーズはANAの上級会員ステイタスの一種
  • 50,000プレミアムポイントを獲得し、スーパーフライヤーズカード(SFC)を取得する必要がある
  • ANAスーパーフライヤーズ会員になると様々なサービスが受けられる
  • ANAスーパーフライヤーズ会員なるには、多額のコストが必要
  • マイルを利用すれば、出費は少なく抑えられる

 

この5つ。それでは詳しく解説内容を解説していきます!
たかやん

 

ANAスーパーフライヤーズ(SFC)とは?

ANAスーパーフライヤーズは、ANAの上級会員ステイタスの一種です。まずはANA上級会員のことを解説していきますね。

上級会員は、ランク別に以下の3種類にわけることができます。

 

  1. ダイヤモンド
  2. プラチナ
  3. ブロンズ

 

最上級ステイタスは『ダイヤモンド』。順に『プラチナ』『ブロンズ』と続きます。

出典:ANA上級会員

>>【ANA公式】ANA上級会員

 

そして準上級会員的な区分として、『スーパーフライヤーズ』が用意されています。ステイタス的には準プラチナ級の扱いです。

準プラチナ級の扱いなので、スーパーフライヤーズ会員はほぼプラチナ会員クラスのサービスを受けることが可能です。

 

そして決定的な違いは会員の有効期限。

ステイタス 有効期限
ダイヤモンド 1年間
プラチナ 1年間
ブロンズ 1年間
スーパーフライヤーズ スーパーフライヤーズカードを保有している間

 

詳しく解説すると、ブロンズ、プラチナ、ダイヤモンドの3つのステイタスの有効期限は1年間。

しかし、スーパーフライヤーズの有効期限は『ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)』を保有している間です。

 

ANAスーパーフライヤーズカードとは

ダイヤモンド・プラチナの2つのステイタス会員が申し込める特別なクレジットカードのこと。このカードを発行することで、スーパーフライヤーズ会員になることできます。

 

出典:ANAスーパーフライヤーズカード

>>【ANA公式】ANAスーパーフライヤーズカード

 

ANAスーパーフライヤーズのステイタスは、SFCを保有し続け限り何年にも渡って維持することが可能です。つまり、SFCを解約しない限り、プラチナ会員と同等の特典を受け続けられるんです。

 

毎年年会費を払いさえすれば、ステータスを維持。特典も受け放題です。
たかやん

 

『ANAスーパーフライヤーズカード』は、年会費を払えば、ANA上級会員向けサービスを受けられる特別なクレジットカードと言うことができます。

 

ANA上級会員については以下の記事で詳しく解説しています。

ANA上級会員プレミアムメンバーとは
ANA上級会員プレミアムメンバーとは【なるのに必要なことも解説】

続きを見る

 

ANAスーパーフライヤーズ会員になるための条件は?

ANAスーパーフライヤーズ会員になるための条件は?

ANAスーパーフライヤーズ会員になるための条件を解説していきますね。

その条件は以下の2つです。

 

  • ANAの上級会員プラチナとなる
  • ANAスーパーフライヤーズカード「SFC」を発行する

 

ANAの上級会員「プラチナ」となる

まずANAの上級会員ステイタスであるプラチナ会員になる必要があります。なぜなら、SFCの発行を申込む権利が得られるのは、プラチナ会員以上のときだからです。

そしてプラチナ会員になるために、50,000プレミアムポイントを獲得しなければなりません。

 

プレミアムポイントとは

上級会員になるためのポイントのことで、飛行機に搭乗すると貯まります。マイルとは少し違うので注意が必要です。

 

ANAプレミアムポイントについては、以下の記事で詳しくまとめているのでご活用ください。

【結論】ANAプレミアムポイントの概要・貯め方・計算方法
ANAプレミアムポイントの全貌【貯め方や計算方法まですべて解説】

続きを見る

 

そして、各上級会員になるために必要なプレミアムポイント数は以下の通り。

プレミアムメンバーステイタス 必要なプレミアムポイント 内ANA便でのポイント
ブロンズ 30,000 (15,000) 
プラチナ 50,000 (25,000) 
ダイヤモンド 100,000 (50,000)

 

フライトは、ANA便、スターアライアンス便が対象になりますが、獲得プレミアムポイントのうち半分はANA便でなければなりません。

つまり、ANAスーパーフライヤーズカード会員になるためには、

 

50,000プレミアムポイントを貯め、プラチナになる必要があります。
たかやん

 

ANAスーパーフライヤーズカード「SFC」を発行する

プラチナに無事なることができたら、晴れてANAスーパーフライヤーズカード(SFC)の申込みが可能に。

50,000プレミアムポイント獲得の翌月からプラチナメンバーとして扱ってもらえるため、翌月からスーパーフライヤーズカードの申込みが可能です。

 

ココに注意

プラチナメンバー以上の期間中だけ、SFCの発行を申込むことができます。プラチナになったあとのSFCの申込みは忘れずに!

 

ANAスーパーフライヤーズ会員になるための条件については、以下の記事でさらに詳しく解説しています。

ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)会員になるための条件とは?
ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)会員になる条件とは?

続きを見る

 

ANA SFC会員になるためのANAプレミアムポイント

ANA SFC会員になるためのANAプレミアムポイント

ANAスーパーフライヤーズ会員を目指すには、ANAプレミアムポイントのことを理解しなければなりません。

 

ANAプレミアムポイントとは

ANA上級会員を決めるためのポイントのことで、飛行機に搭乗すると貯められます。1年間(1月~12月)に貯めたポイントに応じて、翌年の上級会員ランクが決まります。

 

そこでここからは、ANAスーパーフライヤーズ会員になるために必要な知識に絞り、以下の2点を解説していきます。

 

  • ANAプレミアムポイントの貯め方
  • 50,000プレミアムポイントを貯めるのに必要なフライト数

 

ANAプレミアムポイントの貯め方

ANAプレミアムポイントの貯め方は以下のとおり。

 

  1. ANA便に乗って貯める
  2. スターアライアンス便に乗って貯める

 

ANA便に乗って貯めるのが基本

プレミアムポイントの貯め方の基本は、『ANA便に乗って貯める』ことです。国内線・国際線の両方で貯めることができます。

ANAマイルは、クレジットカード決済、ホテル宿泊、ポイントサイトの利用、レンタカーの利用などなど、普段の生活のいたるところで貯まりましたが、

 

プレミアムポイントは飛行機に乗らないと貯まりません。

 

なので、ANAプレミアムポイントの貯め方は、

 

ANA便の飛行機に乗る

 

これが基本の方法。ANAスーパーフライヤーズ会員になるには、フライトを積み重ねるしかありません。

 

スターアライアンス便に乗っても貯められる

ANAは航空連合『スターアライアンス』に加盟しており、加盟航空会社の便を利用してもANAプレミアムポイントを貯めることができます。

 

スターアライアンスとは

3大航空連合の1つです。『スターアライアンス』『ワンワールド』『スカイチーム』の3つがあります。加盟航空会社は、マイル・共同運行・ステータスなど様々な場面で連携しています。

 

アライアンスについては、以下の記事で詳しく解説しています。

アライアンスとは?マイルを貯めるなら知っておきたいスターアライアンス・ワンワールド・スカイチーム

続きを見る

 

海外旅行のときは、スターアライアンスに加盟している航空会社の便を選ぶことで、ANAプレミアムポイントを貯めることができます。

>>【公式】スターアライアンス加盟航空会社一覧

 

ANAプレミアムポイントの貯め方以外にも詳しく知りたい方は、以下の記事が参考になるのでぜひご活用ください。

【結論】ANAプレミアムポイントの概要・貯め方・計算方法
ANAプレミアムポイントの全貌【貯め方や計算方法まですべて解説】

続きを見る

 

50,000プレミアムポイントを貯めるのに必要なフライト数と費用

50,000プレミアムポイントを貯めるにはためには、いったいどのくらい飛行機に乗る必要があるのでしょうか。

 

東京羽田ー大阪伊丹の場合

下の画像は、東京羽田ー大阪伊丹を「普通運賃」で乗った場合の片道のプレミアムポイントです。

 

普通運賃は「運賃3」なので、獲得できるプレミアムポイントは960。東京羽田ー大阪伊丹間の普通運賃は片道約25,000円。

ざっくりとした計算ですが・・・

 

およそ往復約50,000円で約2,000プレミアムポイント獲得できます。
たかやん

 

50,000プレミアムポイントを獲得するためには25回の往復が必要なので、いったいいくらの費用がかかるかというと・・・

 

50,000円✕25往復=125万円

 

いくらなんでも自腹で出すにはかなりの無理がありますね・・・。もちろん他の路線でもプレミアムポイントは貯まりますし、もっと効率がよい路線もあります。

 

東京羽田ー沖縄那覇の場合

例えば、東京羽田-沖縄那覇線のプレミアムクラス。以下の画像は、獲得できるプレミアムポイントです。

 

片道2,860プレミアムポイント、1往復で5,720プレミアムポイント貯まるので、50,000÷5,720=8.74となり、往復9回すれば50,000プレミアムポイント貯まる計算です!

 

いかがでしょう。25回往復はつらいと思いますが、9回往復なら行けそうな気がしないでしょうか!?
たかやん

 

値段もみておきます!東京羽田-沖縄那覇間をプレミアムクラスで乗ると、先行予約でお得な運賃種別『スーパーバリュープレミアム28』を利用するとして約35,000円。

 

  • 飛行機代:35,000×18=630,000円

 

総額で630,000円です。先ほどの羽田⇔伊丹より費用が抑えられていますが、それでも600,000万円オーバー。

いくらなんでも、たかがクレジットカード1枚にこんなにお金を使ってられない。こう思うのも当然ですよね・・・。

 

ANAスーパーフライヤーズ会員(SFC)の主なメリット・特典6選

獲得のハードルが高いANAスーパーフライヤーズカード(SFC)ですが、その分ANA上級会員のサービスが受けられる特典も素晴らしいです。

 

ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)の魅力的なのメリット・特典は以下のとおり。

 

  1. ボーナスマイルがもらえる
  2. 特典航空券の予約が優先的にできる
  3. 予約時と空港での空席待ちが優先される
  4. 国内線座席指定が優先される
  5. 座席をアップグレードしてもらえる
  6. 国際線プレミアムエコノミーへのアップグレードがある
  7. プレミアムメンバー専用サービスデスクが使える
  8. 優先チェックインカウンターが利用できる
  9. 専用保安検査所が利用できる
  10. 預入手荷物の許容量が増える
  11. ANAラウンジが利用できる
  12. 優先搭乗ができる
  13. 預入手荷物受取りのとき優先される

 

以上、13個。

ANAスーパーフライヤーズ会員は、ANA上級会員の一種なので受けられるメリットが満載。

満載なのはいいんですが、正直多すぎますよね。

 

とりあえず、今回は特に魅力的なメリット・特典を6個解説します。
たかやん

 

SFCのメリット①:特典航空券の予約が優先的にできる

SFC所有者本人が自分のマイルで搭乗する場合、本人と同行者の特典航空券の予約が優先されます。

>>【ANA公式】国際線特典航空券・アップグレード特典の優先

 

一般会員には開放されていない特典航空券席が、上級会員には開放されているという優遇があるため、一般会員より特典航空券が取りやすくなります。

ただし、

 

  • 特典航空券の利用ができない期間がある。
  • 特典航空券で利用できる座席には限りがあり、便によっては設定がない場合もある。

 

これはいくらANA SFC会員とはいえ受け入れるしかないので注意しましょう。

ちなみに、特典航空券の空席待ちも一般会員よりも優先され、先にした一般会員よりも後から空席待ち申請をした上級会員の方が優先されます。

 

このメリットが最大限に発揮されるのが、特に特典航空券が取りにくいとされるハワイ路線です。
たかやん

 

現在は『成田⇒ハワイ(ホノルル)線』に大型の飛行機が導入され、以前よりも取りやすくなりましたが、やはりハワイは大人気。特にビジネスクラスは超激戦です。

予約のコツを以下の記事で解説しているので、興味がある方はチェックしてみてください。

ANAハワイ特典航空券の予約をとるために
激戦!?ANAハワイ行き特典航空券予約のコツ!

続きを見る

 

SFCのメリット②:優先チェックインカウンターが利用できる

日本でも海外でも、優先チェックインカウンターが利用できます。

>>【ANA公式】優先チェックインカウンター

 

使える『優先チェックインカウンター』は以下のとおり。

路線 使える優先チェックインカウンター
ANA国内線 ANA PREMIUM CHECK-IN
ANA国際線 ビジネスクラスチェックインカウンター
スターアライアンス便 スターアライアンス・ゴールドのマークが表示されている優先チェックインカウンター

 

国内線の普通席や、国際線のエコノミークラス利用時でも、一般のチェックインカウンターの行列に並ばずに素早くチェックインができます。

 

時間を無駄にしなくてもいいのは嬉しいですね。
たかやん

 

特に繁忙期の伊丹空港、新千歳空港の一般チェックインカウンターには長蛇の列ができることが多いです・・・。

 

国内線ANA PREMIUM CHECK-INがある空港一覧

羽田 成田 新千歳 伊丹
関西 神戸 名古屋 福岡
那覇 仙台 小松 岡山
広島 松山 熊本 宮崎
鹿児島

※ANA PREMIUM CHECK-INの場所は上記リンク先でご確認ください。

優先チェックインカウンター利用方法

チェックインカウンターを利用するときに、ANAマイレージクラブアプリ デジタルカードかステイタスカードを係員に提示すればOKです。

 

SFCのメリット③:専用保安検査場が利用できる

国内線・国際線両方で、専用の保安検査場が利用できます。チェックインカウンターと同様に一般の保安検査所より断然早く通過することができるので、無駄な待ち時間をカットできます。

>>【ANA公式】専用保安検査場の利用

 

国内線の一部の空港では、ANA PREMIUM CHECK-INから直結している専用保安検査所が利用できます。対象の空港は以下のとおり。

 

国内線専用保安検査場がある空港一覧

 

伊丹空港では、ANA PREMIUM CHECK-INから直結してはいませんが、専用保安検査場が利用できます。

また国際線の場合は、成田空港ではプライオリティレーンスターアライアンスゴールドトラック、羽田空港ではプライオリティレーンが利用可能です。

 

専用保安検査場の利用方法

利用するときに、ANAマイレージクラブアプリ デジタルカードかステイタスカードを係員に提示すればOKです。

 

SFCのメリット④:ANAラウンジが利用できる

ANAラウンジは、基本的に国内線プレミアムクラス、国際線ビジネスクラス以上の利用でないと入ることができません。

しかし、SFC会員であれば普通席、エコノミークラス利用時でもANAラウンジが利用できます。

>>【ANA公式】ラウンジのご利用

 

利用できるラウンジは以下のとおり。

 

  • 国内線利用時:ANAラウンジ
  • 国際線利用時:ANAラウンジ+スターアライアンス加盟航空会社のラウンジ

 

これらが、本人と同行者1名まで無料で利用できるように!ANAラウンジは、とても上質な空間で、ゆっくりくつろいでフライト前の時間を過ごせます。

 

私も実際に成田空港のANAラウンジを利用したことがありますが、とても快適な空間でした!
たかやん

 

成田空港のANAラウンジ入口

成田空港のANAラウンジ入口

成田空港のANAラウンジの座席

成田空港のANAラウンジの座席

ANAラウンジの食事

ANAラウンジの食事

ANAラウンジから見た機体

ANAラウンジから見た機体

 

食事やお酒も無料で飲めるのでとても嬉しい特典です。クレジットカードを保有しているだけで利用できるラウンジとはレベルが違います。

航空会社&クレジットカード会社のラウンジを比較!圧倒的な違いとは?

続きを見る

 

国内線ANAラウンジ

羽田 新千歳 仙台 小松
伊丹 関西 岡山 広島
松山 福岡 熊本 鹿児島
那覇

 

成田ではANA ARRIVALラウンジ、中部ではセントレアエアラインラウンジ、宮崎ではラウンジ大淀が利用可能です。

 

国際線ANAラウンジ

羽田 成田 関西

 

その他、名古屋(中部)ではスターアライアンスラウンジが、さらにスターアライアンス加盟航空会社のラウンジも利用できます。

 

SFCのメリット⑤:預入手荷物受取りのとき優先される

ANA便およびスターアライアンス加盟航空会社を利用するとき、預け入れ手荷物に優先タグがつけられ、到着後に優先的に受け取ることができます。

>>【ANA公式】手荷物受け取りの優先

 

預け入れ手荷物とは、機内には持ち込まず事前に空港のカウンターで預け、到着後空港で受け取る手荷物です。

以下のような優先タグが付けられており、到着後の手荷物受取りのとき優先的に手荷物が受け取れます。

手荷物優先タグ

 

手荷物受け取りって自分の荷物が出てくるまで、グルグルと回っているのを見ているだけですよね。そこで優先的に流れてくるので、無駄な時間が省けます。

到着後より早く行動ができるので、電車やバスの時間が迫っている場合に特に嬉しいサービスです。

 

SFCのメリット⑥:ボーナスマイルがもらえる

SFCを所有していれば、通常のフライトマイルに加え、35〜50%のボーナスマイルが加算されます。

>>【ANA公式】ボーナスマイル

 

ANA SFCカードの種類による加算率の違いは以下の通り。

カードの種類 ボーナスマイル
ANA一般カード(SFC) フライトマイルの35%
ANAゴールドカード (SFC) フライトマイルの40%
ANAプレミアムカード (SFC) フライトマイルの50%

 

一体どのくらいボーナスマイルがあるのかわかりにくいので、具体的に計算してみます。

条件は、①『東京(羽田)⇒大阪(伊丹)』『最安運賃クラス』、②『東京(羽田)⇒パリ』『エコノミークラス』の2パターンで、どちらも『ANA SFCゴールドカードを所有』とします。

路線 ボーナスマイル
東京(羽田)⇒大阪(伊丹) 84マイル
東京(羽田)⇒パリ 1,734マイル

 

東京(羽田)⇒大阪(伊丹)

東京(羽田)⇒パリ

 

上の画像の『40%』というところが、ANA SFCによるボーナスマイル積算率です。

ちなみに、ANAスーパーフライヤーズ会員かつANAプレミアムメンバーでもある場合、より条件のよい方が適用されます。

ANAカード、スーパーフライヤーズカードをご利用のお客様が、「ダイヤモンドサービス」「プラチナサービス」「ブロンズサービス」のステイタスをお持ちの場合、積算率の高い方のみが適用されます(合算はできません)。

引用:ANA公式『ボーナスマイル』

 

どういうことか説明します。

ANAプレミアムメンバーの特典によるボーナスマイルは以下の通りです。(ANAゴールドカード等を保有している場合)

ステイタス ステイタス1年目 ステイタス継続2年以上
ブロンズ 45% 55%
プラチナ 95% 105%
ダイヤモンド 120% 130%

 

例えば、ANA SFCゴールドカードを保有しており、かつプラチナメンバー(1年目)でもある場合、積算率40%と積算率95%を比べ、多い積算率95%が適用されてボーナスマイルが貯まります。

ちなみにSFC会員になれば、同時に航空連合『スターアライアンス』のゴールドメンバーにも昇格するため、スターアライアンス便に乗る時もほぼ同様のサービスが受けられます。

>>【公式】スターアライアンス加盟航空会社一覧

 

今回解説した6つ以外にも、まだまだメリットはたくさんあります!詳しくは以下の記事にまとめたので、ぜひご一緒にどうぞ。

ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)の魅力的な14個のメリットとは
ANA SFCの魅力的な13個のメリットとは【デメリットも解説】

続きを見る

 

ANAスーパーフライヤーズ会員を目指すSFC修行とは

ANAスーパーフライヤーズ会員を目指すSFC修行とは

このような素晴らしい特典が受けられるANAスーパーフライヤーズ。ANAマイラーなら誰もが憧れるカードですが、手に入れるためには、

 

50,000プレミアムポイント獲得し、ANAプラチナ会員になるという高いハードル

 

が立ちはだかるんです。つまり、プレミアムポイントを貯めるために何度も繰り返しフライトする必要があるということ。

何度もフライトを繰り返すことこそ、SFC修行。まずは、『SFC修行』の基本的な内容から把握しましょう。ポイントは以下のとおりです。

 

 

  • SFC修行とは、ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)の獲得を目指し、フライトを繰り返すこと
  • SFC修行の目的は、ANAプレミアムメンバーになるために必要な50,000プレミアムポイントの獲得

 

SFC修行とはそもそも何なのか

SFC修行のことを簡単に表現すると、

 

ANA上級会員級のサービスが受けられる『ANAスーパーフライヤーズカード』、通称『ANA SFC』を手に入れるため、修行のようにフライトを繰り返すこと。

 

今回の記事で解説しているANAスーパーフライヤーズカード(SFC)のことです。

SFCを手に入れるためには、何度も何度もフライトを繰り返す必要があるため、1日何回も搭乗したり、東京⇔沖縄を1日2往復したり・・・。

 

何度も何度も搭乗するあたりが修行っぽいですね。
たかやん

 

ANA SFCを獲得することこそ、SFC修行の目的。ちなみに、SFC修行を行っている方を「修行僧」、ANA SFCが発行できる状態になることを「解脱」と言ったりします。

 

SFCに興味がない方からすると「??」なことかもしれません・・・。笑
たかやん

 

SFC修行ではANAプラチナ会員になることを目指す

SFC修行では、ANAの上級会員『ANAプラチナ会員』になることを目指します。

なぜなら、ANA SFCカードの発行ができるのは『ANAプラチナ会員』以上のステイタスを持っているときだけだからです。

 

SFC修行でポイントになってくるのは『プラチナ』。先ほども解説しましたが、スーパーフライヤーズカードを発行できるのは『プラチナ』ステイタスが最低ラインだからです。

 

SFC修行でフライトを繰り返すのは、ANAプレミアムポイントを貯めるため

SFC修行でフライトを繰り返すのは、ANAプレミアムポイントを貯めるためです。このポイント貯めることで、先ほど解説した『ANAプラチナ会員』になることができます。

このANAプレミアムポイントってのが少しやっかいで、基本的にフライトをすることでしか貯まらないんです。

 

ここはANAマイルとは大きく違うところ!

ANAマイルの貯め方の記事でも解説しましたが、マイルはフライト・クレジットカード・食事など様々なシーンで貯めることができます。

 

しかし、ANAプレミアムポイントは貯まりにくい・・・。
たかやん

 

このあたりもSFC獲得に向けたフライトが『修行』とされる理由かもしれませんね。

ここまでのポイントをまとめておきます。

 

  • SFC修行とは、ANAスーパーフライヤーズカードを手に入れるためフライトを繰り返すこと
  • SFC修行では、ANA上級会員『プラチナ』を目指す
  • プラチナになるため、フライトを繰り返してANAプレミアムポイントを貯める

 

要するに『SFCを発行したいから、発行ができるプラチナメンバーになるためにフライトを繰り返してANAプレミアムポイントを貯めよう』ということです。

SFC修行についてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事をご活用ください。

SFC修行とは?【まず理解しておきたいポイント】
SFC修行とは?費用・必要マイル数まで徹底解説

続きを見る

 

ANAスーパーフライヤーズ会員になるためにやるべきこと

魅力的なスーパーフライヤーズ会員になるためにするSFC修行まで解説しました。最後にスーパーフライヤーズ会員ためにやるべきことを2つご紹介します。

 

  1. ANAマイルを貯める
  2. ANAカードを発行する

 

 

ANAスーパーフライヤーズ会員の基本的なハードルとして、プレミアムポイントを貯める費用がかかるという点があります。はフライトによって貯まるものなので当然のことです。

おおよそどれくらいの費用がかかるかというと、

 

40~60万円

 

・・・多くないですか!?
たかやん

 

多いですよね。ここで解説する『スーパーフライヤーズ会員ためにやるべきこと』はいかに費用を安く抑えるかを重視しています。

 

ANAマイルを貯める

まずはANAマイルを貯めましょう。なぜなら、ANAマイルをANA SKYコインに交換して航空券代にあてることで、費用を抑えることができるからです。

>>【関連記事】ANA SKYコインの使い方

 

なぜANA SKYコインに交換するのか

ANA SKYコインを利用した航空券であれば、フライトでプレミアムポイントが貯まるからです。一方で、マイルを使った特典航空券の利用ではプレミアムポイントが貯まりません。

 

このあたりは、ANAマイルとANA SKYコインの違いに関する記事で解説しているのでご活用ください。

そして最大のポイントは、ANAマイルであれば、飛行機に乗らなくても誰でも簡単にたくさん貯めることができるところ。

具体的には、

 

飛行機ではなく、陸(クレジットカードなど)で貯めた大量のANAマイルをANA SKコインに交換し、それを利用し飛行機に乗る

 

という方法。

 

ANAマイルを大量に貯めれば、多額の費用のハードルを乗り越えることができます!
たかやん

 

必要なANAマイル

  • 25~38万マイルくらい

 

『くらい』という表現で申し訳ありません。航空券の値段は、時期・クラス・空席状況によって様々なので、これくらいとしか言えないのです。

ここで必須になってくるのが、ANAワイドゴールドカード。このカードを持っていれば、5万マイル以上を一度にANA SKYコインに交換すると、1.6倍の交換率になるからです。

出典:ANAカード

 

25~38万マイルくらいとした理由は、SFC修行にかかる費用『40~60万程度』から逆算しています。費用はANA SKYコインでまかなうので、

 

  • 25万マイル×1.6倍=40万コイン
  • 38万マイル×1.6倍=60.8万コイン

 

40万でSFC修行ができてしまうケースは、とにかく効率的なルートでフライトできた場合です。

 

ただ、25万マイル程度あれば、SFC修行に必要なANA SKYコインが確保できてしまうんです!
たかやん

 

25万ANAマイルを簡単に貯める方法

【大公開】ANAマイルのおすすめの貯め方とは
現役マイラーが暴露!ANAマイルをザクザク貯めるたった1つの方法

続きを見る

 

 

ANAゴールドカードを発行する

必要なこと2つ目は、ANAゴールドカードの発行。なぜなら、5万マイル以上を一度にANA SKYコインに交換すると、1.6倍の交換率になるからです。

ANAゴールドカードなら最低条件はクリアですが、どうせなら『ANAアメックスゴールドカード』を発行するのがおすすめ。

おすすめする理由は2つ。

 

  • 発行&利用で大量のANAマイルが貯まる
  • ANAゴールドカードなので、マイル⇒コインへの交換が1.6倍に

 

以上2点ですが、強烈なのは発行&利用で大量のANAマイルが貯まるところです。

既にANAアメックスゴールド会員の方からの紹介キャンペーンで入会された場合・・・

 

入会で2,000ボーナスマイル

入会後3か月以内に合計1万円の利用で2,000ボーナスポイント

入会後3か月以内に20万円(税込)利用で18,000ボーナスポイント

入会後3か月以内に60万円(税込)利用で32,000ボーナスポイント

 

合計54,000マイル相当が一気に貯まります!60万円の決済による通常ポイント(6,000ポイント)も貯まるので、合計最大60,000マイル程度貯まります!

さらに、条件を満たせば2019年10月15日申込み分までANAカードの入会特典も受けられます。

どんな特典かというと・・・

 

ANA便への搭乗で5,000マイル

税込み50万円以上のカード利用で15,000マイル

ANAファミリーマイル登録で1,000マイル

 

なんと合計81,000マイル程度を一気に貯めることが可能です。
たかやん

 

こんな感じ。大量すぎますよね!?25万マイル必要だったのが、このカードの発行だけで20万マイルを切ってきました。

あとマイルでまかないたい場合は、『マイル→コインへの交換率1.6倍』を活用するのは必須かと。せっかく貯めたマイルなので、効率的に使って損をしないようにしましょう。

 

この2つを同時にクリアしてくれるので、おすすめカードなんです!
たかやん

 

ちなみに、私自身もANAアメックスゴールドカードを保有しています。

私が実際に保有しているANAアメックスゴールド

 

先ほどご紹介した大量のマイルを貯めるためには、すでにANAアメックスゴールドカード会員になっている人からの紹介が必要です。

もしご希望される場合は、下記お問い合わせフォームかTwitter(@milesensei33)からご連絡ください。

 

ANAアメックスゴールドカードのことをもっと詳しく

マイルを貯めるならANAアメックスゴールドがおすすめな5つの理由

続きを見る

 

あともし、他のANAゴールドカードも知りたいという方は、以下の記事が参考になるのでぜひご活用ください。

【結論】おすすめのANAゴールドカード
ANAゴールドカードを徹底解説【まとめて知りたい方必見です】

続きを見る

 

 

 

【参考】ANAマイレージクラブの解説リンク集

全13回に渡ってANAマイルのことや、ANAカード、上級会員制度などについて解説しています。

ANAマイルを貯めたい!使いたい!と思った時にまず読んでもらいたい記事をまとめてるので、ぜひご活用ください。

 

 

まとめ:ANAスーパーフライヤーズ会員になろう!

まとめ:ANAスーパーフライヤーズ会員になろう!

ここまでANAスーパーフライヤーズについてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

この記事のポイントをまとめます。

 

  • ANAスーパーフライヤーズはANAの上級会員ステイタスの一種
  • 50,000プレミアムポイントを獲得し、スーパーフライヤーズカード(SFC)を取得する必要がある
  • ANAスーパーフライヤーズ会員になると様々なサービスが受けられる
  • ANAスーパーフライヤーズ会員なるには、多額のコストが必要
  • マイルを利用すれば、出費は少なく抑えられる

 

この5つ。ANAスーパーフライヤーズのハードルがとても高いです。しかし、一度なってしまえば、カードを解約しない限り、プラチナ会員と同等の特典を受け続けられるのが魅力。

 

ただ、スーパーフライヤーズ会員になるには、飛行機に乗るお金がたくさん必要!
たかやん

 

そこでこの記事では、マイルを利用してなるべくお金をかけずに獲得する方法をご紹介しました。

【大公開】ANAマイルのおすすめの貯め方とは
現役マイラーが暴露!ANAマイルをザクザク貯めるたった1つの方法

続きを見る

 

この方法でANAマイルを貯めれば、なるべくお金をかけずにANAスーパーフライヤーズ会員になることも十分可能です。

もちろん、ANAスーパーフライヤーズ会員になったあともマイルを貯める方法として十分活躍します。

劇的にANAマイルが貯まるスピ―ドがアップするのでぜひ試してみてください。

マイル・陸マイラーまとめ記事 

陸マイラー

陸マイラーの完全ガイド【入門から応用まですべてをまとめました】

陸マイラーのこと知りたい!このようにお調べではありませんか?この記事では、陸マイラーに関する情報をまとめて解説しています。『これから陸マイラーを始めたい』『陸マイラーだけど悩んでいる』など、とにかく陸マイラーのことならおまかせください。

ReadMore

マイルの使い方

マイルの使い方の完全ガイド【基本からお得な交換先まで徹底解説】

マイルの使い方をお調べではありませんか?この記事では、代表的なマイルの使い方を、必要なマイル数とセットで解説しています。おすすめの使い方もご紹介中。マイルを貯めたけど、よく使い方がわからない!お得な使い方が知りたい!という方必見です。

ReadMore

マイルの貯め方

マイルの貯め方まとめ【プロがわかりやすく解説します】

マイルの貯め方をお調べではありませんか?この記事では、飛行機、クレジットカードをはじめ、ANAとJALのマイルの貯め方を詳しく解説しています。おすすめの裏技的な貯め方もご紹介します。マイルの貯め方が知りたい方は、ぜひご覧ください。

ReadMore

-SFC
-, , ,

Copyright© マイル先生のブログ , 2019 All Rights Reserved.