陸マイラー

【実例あり】陸マイラーの決済用メインカード8選【2019最新版】

陸マイラーの決済用メインカード8選【結論です】

陸マイラーが使うべきメインカード。

陸マイラーを始めると、マイルが貯まるクレジットカードをたくさん調べると思います。

ただ本音を言うと、

 

陸マイラーが決済用に使うメインカードってどれだけがいいんだろう。クレジットカードっていろいろありすぎて正直わからないなぁ。

 

こう悩んでしまいますよね。

私自身、陸マイラーとしてANAマイルを貯めていたので、ANAカードをメインカードにしていました。しかし、途中からJALマイルも欲しくなり、JALカードも発行。

でもどちらかでしか決済できないので、結局どちらも中途半端にしかマイルが貯まらなかったんです。

そのため・・・

 

  1. ANAマイルかJALマイルのどちらを貯めるのかを決める
  2. メインカードはそれにあわせる

 

これが効率的だと感じました!
たかやん

 

そこでこの記事では、ANAカードJALカードも使ってマイルを貯めてきた現役陸マイラー(5年目)の『たかやん(@milesensei33)』が、

 

ANAとJALのマイルを貯めるときに使いたい決済用メインカードをご紹介します!

たかやん

 

この記事でわかること

  • 陸マイラーの決済用メインカード8選
  • 陸マイラーのメインカードってどう選べばいいの?
  • ANA陸マイラー向け決済用メインカード
  • JAL陸マイラー向け決済用メインカード
  • ANAもJALもどちらも貯めたい陸マイラー向けメインカード
  • メインカードと一緒に使いたいサブカード
  • 【実例】陸マイラー5年生の私が使っているメインカードを公開

 

陸マイラーが使うべき決済用メインカードが見つかるので、ぜひ最後までじっくりと読み進めてみてくだい。

たかやん

 

スポンサーリンク

 

陸マイラーの決済用メインカード8選【結論です】

陸マイラーの決済用メインカード8選【結論です】

まずは結論からです。陸マイラーが使いたい決済用メインカードは以下のとおり。

※クリック or タップすると記事内の該当部分にジャンプします。

タイプ メインカード
ANA陸マイラー
ANA初心者。年会費を抑えてマイルが貯めたい ソラチカカード
コスパよくコツコツANAマイルを貯めたい ANA VISAワイドゴールドカード
ANAマイル、ラウンジや旅行保険も重視したい ANAアメックスゴールドカード
JAL陸マイラー
JAL初心者。年会費を抑えてマイルが貯めたい JAL普通カード(TOKYU POINT ClubQ)
JAL便の飛行機を頻繁に利用する JAL CLUB-Aゴールドカード(TOKYU POINT ClubQ)
メインカード決済でコツコツJALマイルを貯めたい セゾンゴールドアメックスゴールド
JAL便を年1回以上利用する20代 JAL普通カード+JAL CLUB EST
陸マイラー
ANAマイルもJALマイルも同時に貯めたい SPGアメックス

 

以上8枚。

これからメインカードの選び方を解説していきます。もしメインカードだけ知りたいって方は上記の記事内リンクをご活用ください。

 

陸マイラーのメインカードってどうやって選べばいいの?

陸マイラーのメインカードってどうやって選べばいいの?

陸マイラーが決済用メインカードを選ぶときのポイントは以下のとおり。

 

  1. メインカードはマイル還元率を重視
  2. 年会費は『マイル還元率』『ラウンジ』『付帯保険』などとのバランスで判断

 

この2点です。

 

順番に解説していきますね。
たかやん

 

メインカードはマイル還元率を重視

まず毎日使うメインカードなので、なるべく『マイル還元率』が高いカードを選ぶのが基本です。最低『マイル還元率1%』は死守しましょう。

年会費無料のカードで多いのが、『マイル還元率0.5%』というもの。ただ決済額が多くなると、0.5%と違うだけで大きな差になってきます。

決済額 還元率0.5% 還元率1%
10万円 500マイル 1,000マイル
30万円 1,500マイル 3,000マイル
50万円 2,500マイル 5,000マイル
100万円 5,000マイル 10,000マイル
150万円 7,500マイル 15,000マイル
200万円 10,000マイル 20,000マイル
300万円 15,000マイル 30,000マイル

 

陸マイラーであれば、特典航空券でマイルを使うことで1マイルの価値を高めることができますよね?

そうすると、年会費にこだわって還元率の差を無視すると、1マイルの価値の変動により逆にお得ではなくなることもあります。

 

陸マイラーが選ぶメインカードは、マイル還元率1%は死守しましょう。
たかやん

 

メインカードの年会費は『マイル還元率』『付帯保険』『特典』などとのバランスで判断

つぎは年会費をチェック。ここでの重要ポイントは『年会費無料カード』や『年会費最安カード』にこだわらず、マイル還元率や特典などとのバランスで判断することです。

 

年会費無料はダメなの?

ダメではありませんが、年会費無料のカードはマイル還元率が低いです。そのほかラウンジや付帯保険なども比較して、総合的な判断を下すのがベスト。

 

具体例として、ANAカードの各グレードの年会費と『マイル還元率』『ボーナスマイル』『付帯保険』を比較してみますね。JALカードも考え方は同じです。

 

ANAカードのマイル還元率とボーナスマイル

項目 一般カード ワイドカード ゴールドカード プラチナカード
マイル還元率 1% 1% 1%~ 1~1.5%
入会ボーナス 1,000マイル 2,000マイル 2,000マイル 10,000マイル
継続ボーナス 1,000マイル 2,000マイル 2,000マイル 10,000マイル
搭乗ごとのボーナス 1,000マイル フライトマイル+25% フライトマイル+25% フライトマイル+50%
年会費 7,000円~ 12,250円~ 14,000円 70,000円~

 

注目していただきたいのが、ANAゴールドカードANAプラチナカードの『マイル還元率』です。年会費が56,000円も違うのに、マイル還元率に大きな差はありません。

一方で『ボーナスマイル』には大きな差がありますね。年会費だけにとらわれず、『マイル還元率』『ボーナスマイル』も比較しましょう。

>>【ANA公式】ご入会・ご継続で貯める

 

JALカードのマイル還元率とボーナスマイル

項目 普通カード CLUB-Aカード ゴールドカード プラチナカード
マイル還元率 1% 1% 1% 1%
入会搭乗ボーナス 1,000マイル 5,000マイル 5,000マイル 5,000マイル
毎年初回搭乗ボーナス 1,000マイル 2,000マイル 2,000マイル 2,000マイル
搭乗ごとのボーナス フライトマイル+10% フライトマイル+25% フライトマイル+25% フライトマイル+25%
年会費 7,000円 15,000円 18,000円 33,000円

 

JALカードも同じような感じですね。JALゴールドカードJALプラチナカードでは年会費が15,000円も違うのに、マイル還元率は同じです。

このようにマイル還元率だけを見ると、ANA一般カードJAL普通カードがよさそうですが、

 

マイルを貯めるだけがメインカードの役割ではありません!
たかやん

 

その他のメリットも比較して、総合的にコスパがいいカードをメインカードにしましょう。次にその他のメリットも比較していきますね。

 

ANAカードの主な付帯保険とラウンジ特典

項目 一般カード ワイドカード ゴールドカード プラチナカード
傷害・疾病治療費用 150万円 150~300万円 500~1,000万円
賠償責任 2,000万円 3000万~1億円 1億円
携行品損害 50万円/回・100万円限度 50万円/回・100万円限度 100万円/回・100万円限度
救援者費用 最高100万円 100万円 100~400万円 1,000万
提携カード会社のラウンジ
ANAラウンジ
年会費 7,000円~ 12,250円~ 14,000円 70,000円~

 

ANAカードの場合は、ゴールドカードから『付帯保険』と『ラウンジ』が充実してきますね。ワイドカードとの年会費の差が1,750円しかないので、ゴールドカードの方がコスパがいいです。

 

JALカードの主な付帯保険とラウンジ特典

項目 普通カード CLUB-Aカード ゴールドカード プラチナカード
傷害・疾病治療費用 150万円 150~300万円 1,000万円
賠償責任 2,000万円 2,000万~1億円 1億円
携行品損害 50万円/回・100万円限度 50万円/回・100万円限度 100万円/回・100万円限度
救援者費用   100万円 100~400万円 1,000万
提携カード会社のラウンジ
サクララウンジ
年会費 7,000円 15,000円 18,000円 33,000円

※AMEXとダイナースブランドを除く

JALカードの場合は、CLUB-Aゴールドカードから『付帯保険』と『ラウンジ』が充実してきますね。CLUB-Aカードとの年会費の差が3,000円しかないので、ゴールドカードの方がコスパがいいです。

このように、単に『年会費が安くてマイル還元率が高いからメインカードにする』のではなく、『年会費』『マイル還元率』『付帯保険』『特典』などを比較して、総合的に判断しましょう!

 

つぎにANA陸マイラーJAL陸マイラーの2つのパターンで、メインカードを解説していきます。

 

陸マイラー5年目の私が総合的な判断をしたメインカードなので、安心してご覧ください!
たかやん

 

ANA陸マイラー向け決済用メインカード

ANA陸マイラー向け決済用メインカード

それではまずANA陸マイラー向けメインカードから解説していきます。

 

  1. ソラチカカード
  2. ANA VISAワイドゴールドカード
  3. ANAアメックスゴールドカード

 

ソラチカカード

  • 年会費が安いのがメリット
  • PASMOチャージでもANAマイルが貯まる
  • ANAマイルを爆発的に貯める秘密のカード
項目 内容
年会費 2,000円(税抜)※初年度無料
家族カード あり(年会費1,000円)※初年度無料
国際ブランド JCB
マイル還元率 0.5~1%
入会ボーナスマイル 1,000マイル
継続ボーナスマイル 1,000マイル
搭乗ボーナスマイル フライトマイル+10%
マイル移行手数料 5,000円(税抜)
ポイント有効期限 Oki Dokiポイント:獲得月より2年間(24ヵ月)
電子マネー PASMO / Apple Pay
ETCカード 年会費・発行手数料無料

 

ソラチカカードは、ANAと東京メトロが提携して発行しているクレジットカード。空(ソラ)でも地下(チカ)でもANAマイルが貯まります。

 

私は東京メトロを利用しないし、発行しても意味ないんじゃ・・・?

 

いえいえ、実は東京メトロを利用しなくても普段使いのANAカードとして優秀なんです!
たかやん

 

ソラチカカードの特典・メリット

  • 年会費が安い
  • 入会とカード継続で1,000マイルが貯まる
  • フライトマイルが10%UP
  • 東京メトロを利用するならさらにマイルが貯まる

 

まずは年会費。初年度無料で、次年度以降2,000円(税抜)で所有できるので、コストは低めです。そのため入門ANAカードとして最適です。

普段使いとしても優秀で、ポイントアップモール(Oki Dokiランド)を利用すると高還元率です。Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなら100円につき1.45マイル貯まることも。

 

最後にソラチカカードのおすすめポイントといまいちなポイントをまとめます。

 

ココがおすすめ

  • 年会費が安い
  • 入会とカード継続で1,000マイルが貯まる
  • フライトマイルが10%UP
  • 東京メトロを利用するならさらにマイルが貯まる

 

ココがいまいち

  • 年会費にマイル移行手数料を足すと少しコスパが悪い

 

年会費とマイル移行手数料が比較的安く、ANAカード入門として最適。東京メトロを利用しない方も、普段使いでANAマイルが貯まるのでおすすめです。

>>【公式】ソラチカカードの詳細をチェックする

 

ソラチカカードのことをもっと詳しく

陸マイラーにおけるソラチカカードの重要性【ANA派は必須です】
陸マイラーにおけるソラチカカードの重要性【ANA派は必須です】

続きを見る

 

ANA VISAワイドゴールドカード

  • ゴールドカードの中で年会費が一番安い
  • マイル還元率最大
  • マイル移行手数料なし
項目 内容
年会費 14,000円(税抜)※割引後9,500円
家族カード あり(年会費4,000円)※割引後2,500円
国際ブランド VISA
マイル還元率 1%~1.648%
入会ボーナスマイル 2,000マイル
継続ボーナスマイル 2,000マイル
搭乗ボーナスマイル フライトマイル+25%
マイル移行手数料 無料
ポイント有効期限 ワールドプレゼントポイント:3年
電子マネー Edy / ID
ETCカード 年1回の利用で翌年無料

 

年会費を抑えつつ、クレジットカードの利用でコツコツとANAマイルを貯めたい方におすすめなのが、『ANA VISAワイドゴールドカード』です。

 

ANA VISAワイドゴールドカードの特典・メリット

  • ゴールドカードなのに年会費が1万円程度
  • カード更新時2,000マイルもらえる
  • フライトマイルが25%UP
  • マイル移行手数料無料
  • ポイント還元率は約1.648%まで上げられる
  • エコノミークラス利用でもビジネスチェックインカウンターを利用できる
  • 国内28空港のラウンジが無料で使える
  • 国内外旅行保険が充実している

 

年会費を抑えることができる上、マイル還元率も1.648%程度まで高めることができます。

通常年会費は、14,000円(税抜)ですが、「マイ・ペイすリボ」と「WEB明細」に登録すれば、4,500円引きの9,500円(税抜)に。

 

年会費を抑えつつ、マイルを貯めたい方にピッタリな1枚!マイル移行手数料も無料です。
たかやん

 

年会費もマイル移行手数料も抑えられて、クレジットカードラウンジや、ビジネスチェックインカウンターの利用など、ANAゴールドカードの特典はしっかり受けられます。

さらに、フライトマイルも25%のボーナスマイルが付くので、飛行機によく乗る方にもおすすめ!

最後に、ANA VISAワイドゴールドカードのおすすめポイントといまいちなポイントをまとめます。

 

ココがおすすめ

  • ゴールドカードなのに年会費が1万円程度
  • マイル移行手数料無料
  • ポイント還元率は約1.648%まで上げられる
  • 国内28空港のラウンジが無料で使える

 

ココがいまいち

  • 年会費を下げるには、「マイ・ペイすリボ」への登録が必要
  • マイル還元率を上げる仕組みがややこしい

 

年会費を抑えつつ、ゴールドカード級の特典が受けられるコスパ最強のANAカード!マイル還元率もよくコツコツと貯めたい方におすすめです。

>>【公式】ANA VISAワイドゴールドカードの詳細をチェックする

 

ANAアメックスゴールドカード

  • 入会でマイルが大量に貯まる
  • トラベル系の特典が充実
  • 空港ラウンジが無料で使える
項目 内容
年会費 31,000円(税抜)
家族カード あり(年会費15,500円(税抜))
国際ブランド アメリカン・エキスプレス
入会条件 20歳以上で定職のある方
家族会員の範囲 内縁・同性婚のパートナー、婚約者も含まれる
マイル還元率 1%
入会ボーナスマイル 2,000マイル
継続ボーナスマイル 2,000マイル
搭乗ボーナスマイル フライトマイル+25%
マイル移行手数料 無料
ポイント有効期限 メンバーシップ・リワードポイント:無期限
電子マネー Edy / Apple Pay
ETCカード 年会費無料(※新規発行手数料850円)

 

ANAアメックスゴールドカードは、1%の高マイル還元率と旅行保険や空港ラウンジが充実したクレジットカードです。特に飛行機を利用する機会が多い方におすすめ!

 

ANAアメックスゴールドの特典・メリット

  • 入会とカード継続で2,000マイルが貯まる
  • フライトマイルが25%UP
  • ANAマイルが無期限で貯められる
  • 旅行保険・空港ラウンジサービスが魅力
  • 入会特典で大量のANAマイルが貯まる

 

特におすすめなのが、入会キャンペーンで一気にマイルが貯まるところ。2019年9月最新のカード紹介入会キャンペーンは以下のとおりです。

既にANAアメックスゴールド会員の方からの紹介キャンペーンで入会された場合・・・

 

入会で2,000ボーナスマイル

入会後3か月以内に合計1万円の利用で2,000ボーナスポイント

入会後3か月以内に20万円(税込)利用で18,000ボーナスポイント

入会後3か月以内に60万円(税込)利用で32,000ボーナスポイント

 

合計54,000マイル相当が一気に貯まります!60万円の決済による通常ポイント(6,000ポイント)も貯まるので、合計最大60,000マイル程度貯まります!

さらに、条件を満たせば2019年10月15日申込み分までANAカードの入会特典も受けられます。

どんな特典かというと・・・

 

ANA便への搭乗で5,000マイル

税込み50万円以上のカード利用で15,000マイル

ANAファミリーマイル登録で1,000マイル

 

なんと合計81,000マイル程度を一気に貯めることが可能です。
たかやん

 

こんな感じで一気にマイルが貯まります。

ちなみに、私もANAアメックスゴールドカードを発行しました。

私が発行したおすすめANAカード

 

目的は大量のボーナスマイル(笑)。それと飛行機に何度も乗る機会があったのでANAアメックスゴールドカードを発行しました。

あとおすすめしたいのが、ANAマイルが無期限で貯められるところです。(※通常ANAマイルの有効期限は3年です。)

>>【関連記事】ANAマイルの有効期限っていつまで?【実質、延長もできますよ】

 

その他にもアメックスゴールドカード級の特典がたくさん用意されています。正直ここでは解説しきれません・・・!

最後に、ANAアメックスゴールドカードのおすすめポイントといまいちなポイントをまとめます。

 

ココがおすすめ

  • 入会とカード継続で2,000マイルが貯まる
  • フライトマイルが25%UP
  • ANAマイルが無期限で貯められる
  • 旅行保険・空港ラウンジサービスが魅力
  • 入会特典で大量のANAマイルが貯まる

 

ココがいまいち

  • 年会費が高い

 

ANAアメックスゴールドカードの年会費は高いですが、入会で大量のANAマイルが貯まり、旅行保険や空港ラウンジが充実したクレジットカード。特に飛行機を利用する機会が多い方におすすめです!

 

ANAアメックスゴールドカードをもっと詳しく

マイルを貯めるならANAアメックスゴールドがおすすめな5つの理由

続きを見る

 

ここまでANA陸マイラーが使いたいメインカードを3枚ご紹介しました。

 

続いてJAL陸マイラー向けメインカードです!
たかやん

 

JAL陸マイラー向け決済用メインカード

JAL陸マイラー向け決済用メインカード

続いてJAL陸マイラー向けメインカードの解説です。ぜひ使いたいメインカードは以下の4枚。

 

  • JAL普通カード(TOKYU POINT ClubQ)
  • JAL CLUB-Aゴールドカード(TOKYU POINT ClubQ)
  • セゾンゴールドアメックスゴールド
  • JAL普通カード+JAL CLUB EST(※20代限定)

 

JAL普通カード(TOKYU POINT ClubQ)

  • 年会費が安いのがメリット
  • JMB WAONオートチャージでマイルが貯まる
  • PASMOオートチャージでJALマイルが貯まる
項目 内容
年会費 2,000円(税抜)~
家族カード あり(年会費1,000円~)
ショッピングマイル・プレミアム年会費 3,000円
ツアープレミアム年会費 2,000円
申込資格 18歳以上(高校生を除く)の日本に生活基盤のある方で、
日本国内でのお支払いが可能な方
国際ブランド VISA / Mastercard
還元率 0.5~1%マイル
ポイント有効期限 TOKYU POINT:加算日から3年間
電子マネー PASMO / Apple Pay
ETCカード 年会費無料(※発行手数料1,000円)

 

JALマイル初心者で、年会費を抑えてながらマイルを貯めたいならJAL普通カード(TOKYU POINT ClubQ)がおすすめ。年会費も手ごろで、しっかりとJALマイルが貯まります。

なにより『JMB WAON』『PASMO』オートチャージでマイルが貯まるのが一番のメリットですね。

>>【公式】JAL普通カード(TOKYU POINT ClubQ)

 

JAL普通カード(TOKYU POINT ClubQ)をもっと詳しく

JALカード東急(TOKYU POINT ClubQ)ってどんなクレジットカード?
JALカード東急はどんなカード?【お得にマイルを貯めたい方向け】

続きを見る

 

JAL CLUB-Aゴールドカード(TOKYU POINT ClubQ)

  • ボーナスマイル・付帯保険が充実
  • JMB WAONオートチャージでマイルが貯まる
  • PASMOオートチャージでJALマイルが貯まる
項目 内容
年会費 16,000円(税抜)~
家族カード あり(年会費8,000円~)
ショッピングマイル・プレミアム年会費 無料
ツアープレミアム年会費 2,000円
申込資格 20歳以上で、一定以上の勤続年数・営業歴と安定収入のある方
国際ブランド VISA / Mastercard
還元率 0.5~1%マイル
ポイント有効期限 TOKYU POINT:加算日から3年間
電子マネー PASMO / Apple Pay
ETCカード 年会費無料(※発行手数料1,000円)

 

先ほどご紹介したJAL普通カード(TOKYU POINT ClubQ)のグレードアップ版。ゴールドカードなので、年会費もそれなりにかかります。

普通カードと違うところは、ボーナスマイル・付帯保険・空港ラウンジなど。この3点は、飛行機をよく利用するのであれば、ぜひ充実させておきたいですね。

 

ということで、飛行機を頻繁に利用する方にはJAL CLUB-Aゴールドカード(TOKYU POINT ClubQ)がおすすめ!
たかやん

 

もちろんですが、JAL普通カード(TOKYU POINT ClubQ)と同じように『JMB WAON』『PASMO』オートチャージでマイルが貯まります。

>>【公式】JAL CLUB-Aゴールドカード(TOKYU POINT ClubQ)

 

JAL CLUB-Aゴールドカードをもっと詳しく

【結論】おすすめのJAL CLUB-Aゴールドカード
JALゴールドカードをまとめてみた【特典・保険・ラウンジも解説】

続きを見る

 

セゾンゴールドアメックス

  • JALマイル還元率が最大1.375%
  • ゴールドカードなのに初年度無料
  • 付帯保険・空港ラウンジも充実
項目 内容
年会費 10,000円(税抜)
家族カード あり(年会費1,000円)
SAISON MILE CLUB年会費 4,000円(税抜)
ショッピングマイル・プレミアム年会費 ー(※JALカードではないので加入不可)
ツアープレミアム年会費 ー(※JALカードではないので加入不可)
申込資格 安定した収入があり、社会的信用を有するご連絡可能な方(学生・未成年を除く)
国際ブランド AMEX
還元率 最大1.375%マイル
ポイント有効期限 永久不滅ポイント:無期限
電子マネー Apple Pay
ETCカード 年会費無料

 

JAL便をあまり利用せず、クレジットカード決済でコツコツと貯めていきたいならセゾンゴールド・アメックスカードがおすすめ。

おすすめの理由は、

 

  • SAISON MILE CLUBへの加入で、マイル還元率が最大1.125%に
  • セゾンクラッセの活用で、マイル還元率が最大1.375%に

 

要は、クレジットカード決済時のマイル還元率が最大1.375%だからJALカードよりも高いよーってこと。

SAISON MILE CLUBとかセゾンクラッセとかよくわからないかもしれないので、簡単に解説しておきます。

項目 内容
【公式】SAISON MILE CLUB セゾンゴールド・アメックスのオプション。年会費4,000円で加入することができ、1,000円につき10マイルが貯まるようになる。さらに永久不滅ポイントも2,000円で1ポイント貯まる。
【公式】セゾンクラッセ セゾンカードやUCカードを使ったり、ポイント交換したりすると、スコアに応じてランクがアップ!そして、ランクに応じて特典が受けられるサービス

>>【関連記事】セゾンマイルクラブとは?【JALマイルがお得に貯まる】

>>【関連記事】セゾンクラッセがお得なので仕組みを解説【特典やスコアの上げ方も】

>>【関連記事】【お得】セゾンクラッセ活用でJALマイルが1.375%還元になる

 

クレジットカード決済でコツコツとJALマイルを貯めるなら、このカードがおすすめです。
たかやん

 

なんといっても、決済時のマイル還元率が最大1.375%。JALカードよりも高いってところが魅力。それでいて初年度無料にもなるので、コツコツ派はこのカードがおすすめ!

>>【公式】セゾンゴールドアメックス

 

セゾンゴールドアメックスをもっと詳しく

クレジットでJALマイルを貯める!セゾンゴールドアメックス編

続きを見る

 

JAL普通カード(TOKYU POINT ClubQ)+JAL CLUB EST(※20代限定)

  • 年会費が安いのがメリット
  • 20代限定オプション『JAL CLUB EST』が最強
  • WAON/PASMOオートチャージでJALマイルが貯まる
項目 内容
年会費 2,000円(税抜)~
家族カード あり(年会費1,000円~)
JAL CLUB EST年会費(本会員) 5,000円(税抜)
JAL CLUB EST年会費(家族会員) 2,000円(税抜)
ショッピングマイル・プレミアム年会費 無料
ツアープレミアム年会費 2,000円
申込資格 原則として20歳以上30歳未満の方
国際ブランド VISA / Mastercard
還元率 1%マイル
ポイント有効期限 TOKYU POINT:加算日から3年間
電子マネー PASMO / Apple Pay
ETCカード 年会費無料(※発行手数料1,000円)

 

JAL普通カード(TOKYU POINT ClubQ)に20代限定オプション『JAL CLUB EST』がおすすめ。なぜなら、5,000円年会費をプラスするだけで以下の充実した特典が受けられるから。

 

※詳細・解説は上記リンクからご覧いただけます。

年会費5,000円プラスは痛いな・・・と思うかもです。航空券の購入などで使えるe JALポイントという電子クーポンが5,000円分もらえるので、実質無料とも言えますね。

もちろんJAL普通カード(TOKYU POINT ClubQ)としての機能も付いていて、『JMB WAON』『PASMO』オートチャージでマイルが貯まります。

 

20代ならこれ一択でOKです。
たかやん

 

>>【公式】JAL CLUB EST

 

JALCLUB ESTをもっと詳しく

JAL CLUB ESTの全貌を解説する
JAL CLUB ESTの全貌を解説する【ラウンジも使えちゃう】

続きを見る

 

ANAもJALもどちらも貯めたい陸マイラー向けメインカード

ANAもJALもどちらも貯めたい陸マイラー向けメインカード

これからご紹介するのは、メインカード1枚でANAマイルJALマイルも貯めたいという方におすすめのカードです。

そのカードとは、

 

  • SPGアメックス

 

  • ANAマイル還元率が最大1.25%
  • マリオットホテルの上級会員になれる
  • 付帯保険・空港ラウンジも充実
項目 内容
年会費 31,000円(税抜)
家族カード あり(年会費15,500円)
申込資格 安定した収入があり、社会的信用を有するご連絡可能な方(学生・未成年を除く)
国際ブランド AMEX
還元率 最大1.25%マイル
入会ボーナスマイル ー(※ANAカードではない)
継続ボーナスマイル ー(※ANAカードではない)
搭乗ボーナスマイル ー(※ANAカードではない)
ポイント有効期限 マリオットボンヴォイのポイント:実質無期限
電子マネー Apple Pay
ETCカード 年会費無料

 

SPGアメックス・・・あまり聞きなれないクレジットカードだと思います。ただ、マリオット系列のクレジットカードで、メリット満載なんです!

飛行機に乗らず陸でマイルを貯める『陸マイラー』が使うべき最強カードとしてもご紹介しています。

>>【関連記事】陸マイラーが使うべき最強カードとは【これ1枚でOK】

 

このカードをメインカードにすれば、貯まるマイルがANAとJALに分散するのを避けることができます。なぜなら、貯まるポイントがマリオットのポイントだからです。

そのマリオットポイントは、いつでもANAマイルやJALマイルに交換できます。

 

SPGアメックスの特典・メリット

  • ANAやJALなど40社以上のマイルに交換できる
  • マイルの交換レートがいい
  • ポイントの有効期限がない
  • マリオットボンヴォイのゴールドエリート会員になれる
  • 無料宿泊特典がもらえる
  • アメックスの特典も使える

 

特に強烈なのが、ANAマイル還元率最大1.25%であることと、ホテル系の特典が充実していることです。あと、通常ANAマイルの有効期限は3年ですが、マリオットのポイントは実施無期限と考えてOK!

 

なので、ANAマイルもJALマイルも欲張りたい方におすすめのメインカード!
たかやん

 

唯一のデメリットが、『年会費が高いこと』です。31,000円(税抜)なんて高すぎる!と思うかもですが、SPGアメックスの特典を活用すれば簡単にペイできるんです。

 

  • シェラトン・マリオット・リッツカールトンなどのマリオット系列のホテルでゴールド会員扱いされ、客室無料アップグレード
  • カード更新時に無料宿泊特典(1泊5万円のホテルでもOK)
  • 空港ラウンジ無料(同伴者1名無料)
  • スーツケース無料宅配
  • 充実の付帯保険

 

などなど。これにアメックスゴールドカード級の特典もプラスされるので、正直ここには書ききれません。

SPGアメックスのおすすめポイントといまいちなポイントをまとめます。

 

ココがおすすめ

  • ANAやJALなど40社以上のマイルに交換できる
  • マイルの交換レートがいい
  • ポイントの有効期限がない
  • マリオットボンヴォイのゴールドエリート会員になれる
  • 無料宿泊特典がもらえる

 

ココがいまいち

  • 年会費が高い

 

私はANAマイルとJALマイルを貯めたいのでSPGアメックスを使っています

これまで何年もマイルを貯めてきた私が、実際にメインカードで使っているのは『SPGアメックス』です。

私が使っているおすすめカード

 

ANAカードやJALカードじゃないの?

 

って思われるかもしれませんね。このSPGアメックスはANAカードやJALカード以上にマイルが貯まりやすく、旅行でも大活躍するんです。

これ1枚を使っておけば、ANAマイルも貯まるし、JALマイルも貯まるし、ホテルにも無料で宿泊できるし・・・まさに陸マイラーが使いたい最強メインカード。

 

とにかくマイルも旅行もどっちも充実させたい方には最高におすすめのクレジットカードです。ぜひチェックしてみてくださいね!

 

SPGアメックスをもっと詳しく

SPGアメックス・メリット
保有者が語る!SPGアメックスの魅力あふれる7つのメリットとは?

続きを見る

 

メインカードと一緒に使いたいサブカード

メインカードと一緒に使いたいサブカード

陸マイラー向けメインカードの解説記事ですが、おすすめのサブカードも1枚解説しておきます。

そのサブカードとは・・・

 

  • エポスゴールドカード

 

  • 招待で年会費が無料
  • 充実した海外旅行保険
  • 特典の活用でANAマイルが貯まる
項目 内容
年会費 招待で年会費無料
家族カード あり(年会費1,000円)※初年度無料
国際ブランド VISA
マイル還元率 0.5~1%
入会ボーナスマイル ー(※ANAカードではない)
継続ボーナスマイル ー(※ANAカードではない)
搭乗ボーナスマイル ー(※ANAカードではない)
ポイント有効期限 エポスポイント:無期限
電子マネー ID
ETCカード 年会費・発行手数料無料

 

陸マイラー向けサブカードは『エポスゴールドカード』がおすすめ!ただし、年会費を無料にするには、エポスカードからゴールドカードに招待される必要があります。

 

エポスゴールドカードの特典・メリット

  • 年会費無料(※条件あり)
  • マイル手数料なし
  • ANAマイルもJALマイルもOK
  • 選べる3ショップでの利用は、マイル還元率アップ
  • 年間100万円の利用で、6,000マイル相当のボーナスポイント

 

最大のメリットは、年会費無料(※条件あり)な上、選べる3ショップでのマイル還元率が0.9%になることです。

 

選べる3ショップとは

対象ショップの中からよく利用するショップを登録するだけで、エポスカード利用時のポイントが最大3倍になるサービス

>>【公式】選べる3ショップとは

 

さらに年間100万円の利用で、6,000マイル相当のボーナスポイントももらえます。よって、『選べる3ショップで年間100万円利用』した場合、

 

  • マイル還元率0.9%で、100万円決済 ⇒ 9,000マイル
  • 100万円決済によるボーナスポイント ⇒ 6,000マイル相当

 

あわせると、100万円決済につき15,000マイル、つまりマイル還元率1.5%です。

 

年会費がかかるANAカードやJALカードを上回るサブカードです!
たかやん

 

ただし年会費無料にするには、『エポスカードからゴールドカードに招待されること』が必要。

そのため、まずはエポスカードを発行して利用実績を作り、その後エポスゴールドカードに招待される必要があります。

最後に、エポスゴールドカードのおすすめポイントといまいちなポイントをまとめます。

 

ココがおすすめ

  • 年会費無料(※条件あり)
  • マイル手数料なし
  • ANAマイルもJALマイルもOK
  • 最大マイル還元率1.5%。ANAカードやJALカードより高い。

 

ココがいまいち

  • 年会費無料にするには、エポスカードから利用実績を積み上げる必要あり

 

年会費がかからない、かつマイル還元率も高いエポスゴールドカードですが、まずはエポスカードを発行する必要があります。

>>【公式】エポスカードの詳細をチェックする

 

エポスカードのことをもっと詳しく

エポスカードとは?メリット&デメリットを徹底解説!

続きを見る

 

【実例】陸マイラー5年生の私が使っているメインカードを公開

参考までに陸マイラー5年生の私が実際に使っているメインカードを公開します。

陸マイラー5年生の私が実際に使っているメインカードとサブカード

 

他にもいろいろとクレジットカードは持っていますが、主にこのカードたちを使っています。

 

メインカード・サブカード名 使う目的
SPGアメックス 普段使いの決済用メインカードです。生活費の決済はこのカードに集中させています。
ANAアメックスゴールドカード ANA航空券の決済用メインカードです。出張などで航空券を買う場合に使います。
ソラチカカード ソラチカルートでANAマイルを貯めるためのメインカードです。※決済では使っていません。
エポスゴールドカード サブカードです。SPGアメックスで決済できない場合の予備。年会費無料で海外旅行保険も充実。

 

ざっとこんな感じ。

私の場合、メインカードは完全にSPGアメックスです。陸マイラーが使うべき最強カードとは【これ1枚でOK】の記事で詳しく解説していますが、なんといっても陸マイラーとの相性が抜群。

その他は、ボーナスマイル目的で発行した『ANAアメックスゴールドカード』を出張費の決済用メインカードにしているくらいです。

 

その他JALカードも持っていますが、『JMB WAON』のオートチャージでJALマイルを貯めることにしか使っていません。

 

あまり多くのカードを発行すると、年会費ばかり払うことになるので最小限に。
たかやん

 

まとめ:陸マイラーのメインカード選びは確実に

まとめ:陸マイラーのメインカード選びは確実に

今回の記事のポイントをまとめていきますね。

まず陸マイラーがメインカードを選ぶときのポイントは2つ。

 

  1. メインカードはマイル還元率を重視
  2. 年会費は『マイル還元率』『ラウンジ』『付帯保険』などとのバランスで判断

 

重要ポイントは年会費だけを重視してメインカードを選ばないこと。かならず『マイル還元率』を重視しつつ、年会費と『付帯保険』『ラウンジ』などの特典もチェックしましょう。

そして私が考える陸マイラー向けメインカードは以下の8枚です。

タイプ メインカード
ANA陸マイラー
ANA初心者。年会費を抑えてマイルが貯めたい ソラチカカード
コスパよくコツコツANAマイルを貯めたい ANA VISAワイドゴールドカード
ANAマイル、ラウンジや旅行保険も重視したい ANAアメックスゴールドカード
JAL陸マイラー
JAL初心者。年会費を抑えてマイルが貯めたい JAL普通カード(TOKYU POINT ClubQ)
JAL便の飛行機を頻繁に利用する JAL CLUB-Aゴールドカード(TOKYU POINT ClubQ)
メインカード決済でコツコツJALマイルを貯めたい セゾンゴールドアメックスゴールド
JAL便を年1回以上利用する20代 JAL普通カード+JAL CLUB EST
ANA&JAL陸マイラー
ANAマイルもJALマイルも同時に貯めたい SPGアメックス

※クリック or タップすると記事内の該当部分にジャンプします。

こんな感じ。

陸マイラーとして活動されている方は多いですが、おそらく大部分の方はこの中のカードをメインカードとして使っているはず。

 

それほど自信をもってまとめた8枚のカードです!
たかやん

 

そしてその中でも、1番人気なのが『SPGアメックス』です。なぜなら、この1枚でANAマイルもJALマイルもホテルのポイントも貯まってしまうから。

マイルが貯まって旅行に行きたくなる陸マイラーにぴったりの1枚です。そんなSPGアメックスの詳細は以下の記事で解説しています。

SPGアメックス・メリット
保有者が語る!SPGアメックスの魅力あふれる7つのメリットとは?

続きを見る

 

SPGアメックスじゃなくて、もっとANAマイルやJALマイルが貯まるカードが知りたいという場合は、以下の記事をご覧になるのがおすすめです。

 

おすすめのANAカード

【結論】おすすめのANAカード
おすすめのANAカードを7枚選んでみた【選び方で迷うなら必見】

続きを見る

 

おすすめのJALカード

【結論】おすすめのJALカードはこれ!
おすすめのJALカード8枚をタイプ別に提案【選び方で迷う→必見】

続きを見る

 

マイル・陸マイラーまとめ記事 

陸マイラー

陸マイラーの完全ガイド【入門から応用まですべてをまとめました】

陸マイラーのこと知りたい!このようにお調べではありませんか?この記事では、陸マイラーに関する情報をまとめて解説しています。『これから陸マイラーを始めたい』『陸マイラーだけど悩んでいる』など、とにかく陸マイラーのことならおまかせください。

ReadMore

マイルの使い方

マイルの使い方の完全ガイド【基本からお得な交換先まで徹底解説】

マイルの使い方をお調べではありませんか?この記事では、代表的なマイルの使い方を、必要なマイル数とセットで解説しています。おすすめの使い方もご紹介中。マイルを貯めたけど、よく使い方がわからない!お得な使い方が知りたい!という方必見です。

ReadMore

マイルの貯め方

マイルの貯め方まとめ【プロがわかりやすく解説します】

マイルの貯め方をお調べではありませんか?この記事では、飛行機、クレジットカードをはじめ、ANAとJALのマイルの貯め方を詳しく解説しています。おすすめの裏技的な貯め方もご紹介します。マイルの貯め方が知りたい方は、ぜひご覧ください。

ReadMore

-陸マイラー
-, , ,

Copyright© マイル先生のブログ , 2019 All Rights Reserved.