ANA

激戦!?ANAハワイ行き特典航空券予約のコツ!

ANAハワイ特典航空券の予約をとるために

ようこそ『マイル先生のブログ』へ。

ご覧いただきありがとうございます。

この記事では、

 

ANAハワイ路線の特典航空券を予約したい!けどなかなか空席がない・・・。予約のコツはあるの?

 

こういった疑問にお答えします。

 

この記事の内容

  • ANA特典航空券の予約方法
  • ANAハワイ便特典航空券は取りづらい事実
  • ANAハワイ特典航空券の予約をとるためにやること

 

記事の信頼性

この記事を書いている私は、ANAマイルを貯めはじめて5年。

貯めたANAマイルも使い尽くしてきました。

もちろんハワイ路線の特典航空券を予約した経験もあるので、信頼性のある情報をお届けできるかと思います。

 

ANA特典航空券のハワイ路線は、人気の路線かつ特典航空券の座席数も限られているため、とても予約がとりにくいです。

 

たかやん
争奪戦と言われているANAハワイ行き特典航空券の予約にはちょっとしたコツが必要です。

 

今回の内容を実践するだけでもかなり違うので、ぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

 

結論!ANAハワイ路線の特典航空券を予約するコツ

では早速結論からまいります!ANAハワイ路線の特典航空券を予約するコツは・・・

 

  1. ANA特典航空券の予約方法をマスターしておく
  2. ANA特典航空券の発券ルールを理解しておく
  3. 予約解禁と同時に同日往復の特典航空券を発券し、後日変更する
  4. 直前で空席が出たところを狙う
  5. スターアライアンス特典を利用する

 

この5つです。特に大事なのは、2番のANA特典航空券の発券ルールの理解です。

それでは、コツを詳しく解説していきます。

 

ハワイの基本情報

ハワイの基本情報

ハワイがどんなところか簡単におさらいから入ります。

アメリカ
日本からの距離 約6,400㎞
所要時間 約8時間
時差 5時間
物価 日本と同じくらい
通貨 USドル
言語 英語、ハワイ語
観光など ダイヤモンドヘッド、ショッピング、マリンアクティビティ、ハワイ料理、ワイキキ水族館

 

ハワイには世界中から観光客が訪れ、ビーチは綺麗で独特のリラックスした雰囲気がおすすめです。

そして安心度が増すのが、日本人スタッフや日本語が通じる場所も多いところ!

 

たかやん
家族、友人、カップル、初めての海外旅行等多くの方に安心の旅行先ですよ!

 

私の経験談

ちなみにですが、私が行った初めての海外リゾートはハワイです。

ハワイを選んだ理由は2つ。

  • 日本人の旅行客が多いし、日本語が通じる人もいるだろうから安心だった
  • ビーチがきれいでアクティビティも思う存分楽しめる

今ではすっかりハワイが好きになりました!

ANAマイルを大量に貯めて毎年のようにハワイに家族旅行にいっています!(※貯める方法は後ほど解説します)

 

ANA特典航空券の予約方法

ANA特典航空券の予約方法

そんな日本人に大人気のハワイ・・・。

 

たかやん
ANA便のハワイ行き特典航空券に空きがある!
予約♪予約♪ えっ?!できない!なぜ!?

 

ANAハワイ行き特典航空券は激戦と言われます。

 

便数が少ない上に、特典航空券の座席がそこまで多くないからだと思います。

 

そして、ビジネスクラスはさらに競争率が高いです・・・。

 

もしも予約で手間取ったら、その間に先を越されてしまいます。なので、特典航空券の予約の流れは確実に覚えておきましょう!

 

ANA特典航空券の予約方法は、以下の記事で詳しく解説しています。

>>【関連記事】たった6ステップ!ANA特典航空券の予約方法を解説します!

 

あと、ハワイだとご家族で行く方も多いと思います。

家族でANA特典航空券を利用する場合は『特典利用者登録』が必要なので、これも事前に済ませておきましょう。

>>【関連記事】ANA特典航空券の特典利用者登録の方法【家族でマイルを使おう】

 

ANAハワイ便特典航空券は取りづらい

 

ハワイは海外旅行先として大人気!家族でもカップルでも友達同士でも楽しめます。

しかしANAのハワイホノルル便は、便数が少ない上特典航空券の座席数が数席に限られているため、争奪戦になります。

 

ちなみに

ANAのハワイホノルル便はJALよりも少ないです。

おそらく、ハワイ行ならJALのほうが特典航空券が取りやすいと思います。

 

予約がなかなか取れない証拠に、2017年8月末時点で9か月後2018年5月の空席状況を見てみましょう。

空席がなく、どれも空席待ちの状態です・・・。

仮に、空席をなんとか見つけたとしても、往路と復路が3週間もあいていたり現実的な日程でない場合が多いと思います。

このように、ANA東京ーハワイ(ホノルル)線は、特典航空券の予約が取りづらいのは事実です。

 

ANAハワイ特典航空券の予約をとるために

ANAハワイ特典航空券の予約をとるために

ANAハワイ行き特典航空券の予約が取りづらいのは事実ですが、全く予約できないというわけではありません。

予約するために必要なことは、以下のとおりです。

 

  • 下準備として基礎知識をおさえる
  • 予約解禁後すぐに申込み・発券する
  • 出発日に同日往復で予約し後日変更
  • 直前予約を狙う
  • スターアライアンスの特典を使う

 

下準備として基礎知識をおさえる

下準備といっても大したことではありません。ANA特典航空券の基礎知識を理解し、最適な方法で予約することが必要です。

ルールはいろいろとあるのですが、最低限必要なのは以下のとおりです。

 

申込み期限 搭乗の355日前(ご出発日含まず)の午前9時(日本時間)から第一区間出発の96時間前(4日前)まで申し込み可能。ただし、予約は旅程全区間の申し込み開始後から可能です。
変更 発券前 お預かり期限まで変更が可能です。
発券後 航空券の有効期間内で、搭乗日ならびに便の変更が可能です。
受付期限 予約済みの便の24時間前かつ、搭乗希望便出発の24時間前まで。(※搭乗者およびマイル提供者の名義変更は不可。※航空会社・搭乗者・区間・経由地・クラスの変更不可。)

 

知っておくべきは、申込み期限と変更の2つです。(※上記の赤い部分)

 

  • 搭乗の355日前の午前9時から予約可能
  • 航空券の有効期間内で、搭乗日ならびに便の変更が可能

 

この2つの知識を使いANAハワイ行き特典航空券を予約していきます。(⇒次の項目で解説します。)

そのほかの細かいルールは、かなり細かい部分もあるので知っておくとよりよいというレベル。一応以下にまとめておきます。

 

+ 特典航空券の基本的ルール(クリックすると表示されます)

対象便 ANA(NH)、エアージャパン(NQ)
必要マイル数 往復12,000マイル~(※必要マイル数についてはANAのWEBサイトをご覧ください。)
有効期間 旅行開始日から1年間(※発券から1年以内に旅行を開始することが必要となります)
旅程 出発地からの必要マイル数が最も高い地点が目的地となります。往路・復路それぞれの最初の都市、または最後の都市を経由するような経路となる地点を目的地にすることはできません。
特典の申込方法 ANAウェブサイトまたはANAマイレージクラブ・サービスセンタ(0570-029-767)への電話
クラス混在 搭乗クラスが複数ある場合は、往路・復路それぞれに必要なマイル数の2分の1が適用されます。乗り継ぎのある旅程で、複数のクラスが混在する場合は、往路・復路それぞれに上位クラスのマイル数が適用されます。
利用できない期間 利用できない期間の設定があります。
国内線への
乗り継ぎ対象便
ANA便日本国内線のみ利用可能です。
発券期限 特典で利用する旅程全区間の予約が確定次第、発券できます。(※発券期限が案内されている場合はその期限内のみ発券可能です。※発券期限内に発券されない場合は、自動的に予約がキャンセルされます。※出発の14日前までに予約・発券が完了していない場合は、予約は取り消しとなります。)
発券手数料 WEB ANAウェブサイト:無料
電話 ANAマイレージクラブ・サービスセンターへの電話:1名の航空券につき2,160円
空席待ち 空席待ちは、片道につき1便のみ預かり可能です。(※空席待ちを希望の便と同一区間に座席が確保できている便がある場合は空席待ちはできません。)
遅延・欠航時の振替・払戻条件 悪天候など 台風・降雪などの不可抗力等に起因する便の遅延・欠航が発生した(する)場合は、ANA便の変更またはマイルの払い戻しで対応してくれます。
機材故障など 機材故障などに起因する便の遅延・欠航が発生する(した)場合は、ANA便の変更または払い戻しで対応してくれます。
未使用特典の払い戻し 国際線特典航空券がすべての区間で未使用の場合に限り、払戻手数料マイルにて、使用したマイルを口座に返却してくれます。(払戻手数料マイル:1名につき3,000マイル)

 

予約解禁後すぐに申込み・発券する

ANAハワイ特典航空券を取るためには、予約解禁とともに予約することをおすすめします。予約が解禁された直後なら、空席があるのは確実だからです。

 

ここで使うルール

  • 搭乗の355日前の午前9時から予約可能

 

これはANAハワイ行きの特典航空券を予約したいなら、大前提の知識。『いつから予約できるのか』を知らないと争奪戦に参戦すらできないので・・・。

 

たかやん
でも、これだと出発日しか予約できず往復で予約ができません・・・。

 

具体例

2020年1月1日~7日の日程でハワイに特典航空券で行くとします。

  • 往路:2020年1月1日の355日前の午前9時から予約可能になる
  • 復路:往路の解禁時点ではまだ予約解禁されていない

 

真面目に往復で予約する場合は、希望する帰りの日程の予約が解禁したあと、往復の予約を行うことになります。

しかし、これでは行きの予約がいっぱいとなっている可能性がありますね。(争奪戦には参加していないので・・・。)

 

たかやん
これを回避するため、「変更」のルールの活用が必要に。つぎの項目で解説します!

 

出発日に同日往復で予約し後日変更

『往路(行き)日程の予約解禁日に、同日の往復で予約して後で日程変更する』という方法があります。

詳しく解説していきます。まずは、ここで使うルールの確認からです。

 

ここで使うルール

  • 航空券の有効期間内で、搭乗日ならびに便の変更が可能

 

予約解禁の355日前(出発日を含まず)の午前9時から、『同日の往復』で予約が可能なので、

 

  1. 行きの予約時に同日往復(行きも帰りも)で予約
  2. 後日帰りの日程を変更(←ここでルールを活用)

 

まずは往路(行き)を予約解禁後確定させ、その後復路(帰り)を変更で確定させます。

これは先ほど解説した発券後、航空券の有効期間内で、搭乗日ならびに便の変更が可能というルールを活用しています。

 

まだちょっとわかりにくいので、以下のような具体例でご解説します。

  • 2019年12月22日~12月26日の日程で、特典航空券を利用したハワイ旅行を計画
  • 12月22日に成田を出発し、12月26日にハワイ(ホノルル)を出発するスケジュール

 

具体例

まず2019年1月1日の午前9時の予約解禁後すぐに、12月22日成田発と12月22日ハワイ(ホノルル)発の往復特典航空券を発券します。

このとき、帰り希望日の12月26日は予約解禁前なので予約できません。12月22日同日の往復であれば、予約が解禁されているので発券できます。

4日後の1月5日に12月26日分の予約が解禁されたら、もともと予約していた12月22日ハワイ(ホノルル)発の予約を12月26日発に変更します。

こうすることで、

往路(行き):12月22日

復路(帰り):12月26日

の予約を確定させることができます。

 

直前予約を狙う

355日前から予約解禁ですが、誰もが約1年先の日程を決められるわけではありませんね。働いていると1年先の休みなんてわかりません。

せっかく予約したのに仕事で旅行に行けない・・・。という結果になってしまうかもしれません。

 

たかやん
この場合は、直前予約が意外とおすすめです!

 

355日先のスケジュールわからないとなるとチャンスは直前の予約になってきます。

特典航空券の予約画面を実際に何度かご覧になるとわかるのですが、例えば2週間先~1か月の間などであれば、ちらほらと空席が出てきます!

 

先ほどの変更のルールの通り、

 

特典航空券は予約しても搭乗者、搭乗区間、搭乗クラスに変更がなければ日程の変更は何度でも可能

 

ハワイ路線は争奪戦なので、早めの段階で予約している方も多いです。

なので直前になると、スケジュールの関係で予約の変更をする方もいらっしゃいます。

 

特に、発券期限となる出発の14日前(2週間前)は・・・

 

  • 以前から予約を入れていた方が、やっぱりスケジュール変更!となって変更
  • 予定が合わず、仕方なく自動キャンセル

 

になったりするので、ますます空席が出る確率が高くなります。

 

たかやん
なので直前でも意外と空席が見つかりますよ!

 

直前の予約も早い者勝ち。直前に特典航空券を取るなら毎日こまめにチェックするのがおすすめです。

 

スターアライアンスの特典が使える

ANAの特典航空券は取りづらい!そこで代替案として考えられるのが、マイレージ相互利用が可能な航空会社の利用です。

 

ANAはスターアライアンスに加盟しているため、ANAマイルを使って加盟航空会社の特典航空券も予約できます。

アライアンスについては、以下の記事で解説しているのでよろしければご一緒にご覧ください。

アライアンスとは?マイルを貯めるなら知っておきたいスターアライアンス・ワンワールド・スカイチーム

続きを見る

 

たとえばハワイ(ホノルル)であれば、ANA便のほか、ユナイテッド航空の便で特典航空券の予約が可能です!

 

ココがおすすめ

ユナイテッド航空便は、ANA便より空席があることが多いです!

 

ANAがハワイ便にエアバスA380を導入

ついに日本の航空会社で初めて、オール2階建ての超巨大旅客機A380をANAが導入します!

導入は2019年。2階建て・・・超巨大・・・ということは・・・

 

  • ファーストクラスの導入
  • ビジネスクラスの座席数増加
  • エコノミークラスの座席数増加

 

になりますね。座席数が増加するということは、特典航空券の座席数の増加も期待できます。

 

たかやん
激戦のANAハワイホノルル便の特典航空券が取りやすくなるかもしれません!

 

そしてぜひやっておきたいのが、たくさんのANAマイルを貯めること。ANAマイルは誰でも簡単に、かつ大量に貯めることができます!

 

詳しくは以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひチェックしてみてください!

【大公開】ANAマイルのおすすめの貯め方とは
現役マイラーが暴露!ANAマイルをザクザク貯めるたった1つの方法

続きを見る

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

マイル・陸マイラーまとめ記事 

陸マイラーの完全ガイド【入門から応用まですべてをまとめました】

陸マイラーのこと知りたい!このようにお調べではありませんか?この記事では、陸マイラーに関する情報をまとめて解説しています。『これから陸マイラーを始めたい』『陸マイラーだけど悩んでいる』など、とにかく陸マイラーのことならおまかせください。

ReadMore

マイルの使い方の完全ガイド【基本からお得な交換先まで徹底解説】

マイルの使い方をお調べではありませんか?この記事では、代表的なマイルの使い方を、必要なマイル数とセットで解説しています。おすすめの使い方もご紹介中。マイルを貯めたけど、よく使い方がわからない!お得な使い方が知りたい!という方必見です。

ReadMore

マイルの貯め方まとめ【プロがわかりやすく解説します】

マイルの貯め方をお調べではありませんか?この記事では、飛行機、クレジットカードをはじめ、ANAとJALのマイルの貯め方を詳しく解説しています。おすすめの裏技的な貯め方もご紹介します。マイルの貯め方が知りたい方は、ぜひご覧ください。

ReadMore

-ANA
-, ,

Copyright© マイル先生のブログ , 2019 All Rights Reserved.