コラム 飛行機

エコノミーとビジネスクラスを比較!座席や値段、圧倒的な違いがあります

更新日:

https://www.mile-sensei.com

「ビジネスクラスとエコノミークラスの違いってなんだろう。」

「ビジネスクラスは値段が高いけど、エコノミーとの違いがわからない。」

 

このようにお悩みではありませんか?

この悩みを解決するため、この記事では国際線のエコノミークラスとビジネスクラスの違いについて解説します!

 

ビジネスクラスと聞くとどんなことをイメージしますか?

 

まずは高そうなイメージ、値段について思い浮かぶかもしれません!

確かに値段も大きな違いですが、その他にもたくさんの違いがあります!

基本的なことになりますが、エコノミークラスとビジネスクラスの違いについて、主なサービスのから比較していきます

スポンサーリンク

ビジネスクラスとエコノミークラスのサービスの違い

では早速本題に入り、主なサービスごとにエコノミークラスとビジネスクラスの違いを比較していきます!

チェックインカウンターでの違い

空港到着後まず違うのは、チェックインです!

エコノミークラスだと、チェックインカウンターに長蛇の列ができていることがあります!

しかし、ビジネスクラスは以下の画像のような専用のチェックインカウンターがあり、待ち時間はほとんど発生しません!

エコノミークラスのチェックインカウンターが混雑していない場合もあるため、そこまで大きな差はないかもしれませんが、時間の節約ができます!

ちなみに、航空会社のゴールドカードを持っていると、エコノミークラスに搭乗でも、ビジネスチェックインカウンターを利用することができる場合があります!

預け入れ荷物の違い

エコノミークラスとビジネスクラスでは、預け入れ荷物の個数や重量に差があります!

預け入れ荷物とは?

航空会社のカウンターで預けて、機内には持ち込まない荷物です。

航空会社によって違うのですが、例えばANAだと、ビジネスクラスは32キロの荷物を2個まで預けることができます。

エコノミークラスだと、25キロの荷物2個までです。

両クラス2個まで預けることができるので、そこまで大きな差はありません!

強いて挙げるなら、25キロだと旅行に行ってたくさんのお土産買い、スーツケースに詰めると、超えてしまう場合があるかもしれません。

保安検査場での違い

荷物を預けたあとは、保安検査場でセキュリティチェックを受けますが、ここでも差があります!

保安検査場は時間帯によってはかなり混雑する場合があります。

ビジネスクラス搭乗者は、例えばANAでは成田空港、関西空港などで別の優先保安検査場を利用することができます!

一般のものよりかなり空いています!

私が以前成田空港で利用したときは、とてもスムーズに保安検査を通過することができました!

搭乗前のラウンジの違い

搭乗前の空港ラウンジを利用できるかできないかは、大きな差となっています!

国際線に搭乗する場合、海外ということもあり、余裕をもって空港に到着するケースが多いと思います。

国際線を利用する場合の空港到着時間については以下の記事で解説していますのであわせてチェックしてみてください!

チェック!
何分前がベスト!?国際線飛行機に乗る場合の空港到着時間

「国際線飛行機に乗る場合、何分前までに空港に到着すればいいだろう。」 「ギリギリの時間って何分前?」   この ...

続きを見る

そうすると、飛行機に搭乗するまでに1時間くらいの待ち時間が発生してしまうこともありますよね・・・。

その間、もちろんカフェでゆっくりしたり、お店で買い物を楽しんでもいいのですが、ビジネスクラスの人たちは航空会社のラウンジが利用できます!

いわゆる、ビジネスラウンジです!

ビジネスラウンジはとても上質な空間でさまざまなサービスが受けられます!

豊富な種類のソフトドリンクやお酒、料理も食べ放題でクレジットカードラウンジとは比べものになりません!

チェック!
航空会社&クレジットカード会社のラウンジを比較!圧倒的な違いとは?

「航空会社のラウンジとクレジットカードラウンジの違いってなんだろう。」   この記事では、「航空会社ラウンジ」 ...

続きを見る

スペースも広く内装も綺麗なので、搭乗までの待ち時間を快適に過ごすことができます!

これが楽しみで、謎に空港に予定よりも早く行く方もいるくらいです。

以下の写真は、ANAの成田空港のビジネスラウンジ。

ラウンジのシートも上質です、スペースが広く、ゆったりと座れます。

ラウンジには無料のソフトドリンク、お酒、料理がたくさん置いてあります!

成田空港のANAラウンジには、注文するとラーメンやうどんをその場で作ってくれるコーナーや、シェフが目の前でお寿司を握ってくれるサービスまであります。

搭乗の際の違い(優先搭乗)

次はいよいよ搭乗に進みます。

ちょっとしたことですが、ここでもエコノミークラスとビジネスクラスの差があります!

搭乗の案内があるのですが、ビジネスクラスの方が優先的に案内されるので、より早く機内に乗り込むことができます!

もちろんですが、ビジネスクラスよりもファーストクラスの方が先です。

機内座席の違い

この座席の違いは、エコノミークラスとビジネスクラスの一番大きな違いです!

エコノミークラスでは、座席の前後の間隔が80cmのものが多くを占めています。

このようなイメージです。

かなり座席がいっぱいいっぱいな配置され、1座席あたりのスペースはかなり狭い感じがしますね。

LCCだと70cmだったりします。

しかし、ビジネスクラスになると・・・

このようなイメージ。

とてもゆったりした座席となり、1座席あたりのスペースも広くなります!

さらに!搭乗する飛行機によっては、座席がフルフラットになるものまであり、下の写真のように、座席をベッドのように180度フラットな状態にできます。

韓国、台湾といった近場への海外旅行の場合、エコノミークラスでも十分かもしれません。

しかし!6時間以上のフライトとなる場合、フルフラットシートは絶大な効果を発揮します!

私の体験談

私が初めてフルフラットシートを利用したのは、シンガポール旅行のとき。

約6時間のフライトだったのですが、機内で横になって睡眠が取れるので、目的地に到着したあとの疲労感が全然違いました!

長時間のフライトになる場合は、フルフラットシートがおすすめです!

ただし、ビジネスクラスでも古い機材を利用している路線では、フルフラットシートではないことが多いので注意が必要です!

客室乗務員の違い

ちょっとした差ですが、ビジネスクラスでは各座席を担当する客室乗務員さんがいらっしゃり、搭乗後あいさつをしてくれることが多いです!

私の体験談

以前にANAのビジネスクラスを利用したときは個人名で呼んでくれました!

また、タイ国際航空のビジネスクラスに乗ったときは、バンコク羽田間で日本語で接客してくれました。

おそらくタイの客室乗務員さんだったのですがこちらの言葉にあわせようとしてくれてとても嬉しかった覚えがあります!

機内食の違い

次は機内食の違いです。

エコノミークラスはプラスチックの容器で、ワンプレートで出てくるものが多いです。

このような感じです。写真はシンガポール航空を利用したときに出されたエコノミークラスの機内です。

十分美味しそうですが、ビジネスクラスになると一気にランクアップ!

プレートが別々になって料理が出てきます。

特に、長距離路線になると、フルコースのような機内食が出てきたりします!

先ほどご紹介したビジネスラウンジで料理が食べ放題なので、すでに腹いっぱいかもしれません。笑

機内での飲み物の違い

機内食だけでなく飲みものにも大きな差があります!

ビジネスクラスでは、搭乗後ウェルカムドリンクが提供されたり、飛行中もビールやワインなど各種アルコール類が飲み放題です!

アメニティの違い

次はアメニティの違い。機内での差はかなり多いですね!

エコノミークラスでは、アイマスクや耳栓、歯ブラシなどは提供されないことがほとんどですが、ビジネスクラスになると、充実したアメニティが提供されます!

アイマスク、耳栓、歯ブラシはもちろん、機内用保湿マスク、ハンドクリーム、シワ取りスプレー、マウスウォッシュなどなど・・・。

そのため、ビジネスクラスを利用する場合、持ち物を減らすことが可能です!

新聞・雑誌の違い

機内でのサービスの差、最後は新聞と雑誌の差です。

これはそこまで大きな差ではないのですが、ビジネスクラスであれば、新聞や雑誌を無料で読むことができます!

手荷物受取りの際の違い

次は手荷物受け取りの優先サービスです!

これは到着後のビジネスクラスとエコノミークラスの違いです。

ビジネスクラスを利用する場合、空港で荷物を預けると、荷物にこのようなタグがつけられます。

写真はANAが加盟するスターアライアンス便に乗ったときにつけられるタグです。

このタグが付いてる荷物は、空港で手荷物を受取る際、優先的に荷物出てきます。

個人的にはかなり嬉しいサービスだと思います!

旅行の行き先に着いたら、少しでも早く行動できますし、帰国後も1本早いバスや電車に乗れるかもしれません!

ビジネス&エコノミークラスの航空券値段の違い

ここまでエコノミークラスとビジネスクラスのサービスの違いを解説しました!

次は値段の違いを解説していきます!

これだけサービスに差があるので、もちろん値段の差も大きいです!

購入した場合、エコノミークラスとビジネスクラスの値段にどれくらいの差があるのか見てみます。

例を挙げると、ANAを利用した場合の2017年12月1日羽田発、12月5日現地発の各クラスの値段です。

検索日は、2017年10月15日です。

チケットの日程変更可、不可などの種類がありチケットの値段には差がありますが、ホームページで一番安い値段です。

  エコノミー ビジネス  
羽田ー台北 53,640 137,640 2.57倍
羽田ーホノルル 100,830 253,830 2.52倍

ビジネスクラスはエコノミークラスのおよそ2.5倍ほどの料金です。

さすがに段の違いは大きいですね!

サービスに大きな差があるので仕方ありません・・・。

特典航空券の必要マイル数の違い

特典航空券で飛行を利用する場合はどうでしょうか?

ANA特典航空券を利用した場合の必要マイル数は・・・

  エコノミークラス ビジネスクラス  
羽田ー台北 20,000 40,000 2倍
羽田ーホノルル 40,000 65,000 1.63倍

レギュラーシーズンでの必要マイル数です。

マイルで比べるとそれほど差がないように感じないでしょうか!?

購入すると、差は約2.5倍。しかし、マイルでみると2倍以下です!

ビジネスクラスは実際お金を払うと高いですが、マイルを利用する場合はとても安いと言えます!

ビジネスクラスでハワイホノルルまで1人65,000マイル。家族3人でも約20万マイルです!

以前年間20万マイル以上貯める方をご紹介しています!これは今から誰でも実践できる方法です!

チェック!
【大公開】年間30万ANAマイルを貯めるおすすめの方法とは?

ANAマイルがなかなか貯まらない。マイルをたくさん貯めて旅行に行きたいのに。 マイルは飛行機やクレジットカード決済で貯め ...

続きを見る

ぜひ参考にしてみてください!

これを明日から実践するだけで、毎年家族3人ビジネスクラスでハワイに行けます!

エコノミーとビジネスクラスの違いは大きい

今回はエコノミークラスとビジネスクラスの違いについて解説しましたがいかがだったでしょうか。

ビジネスクラスを利用すると、いろんなところでサービスを受けることができます!

特に、ビジネスラウンジや機内シートの広さ、心地よさはエコノミークラスと格段に違います!

そんなビジネスクラスですが、

 

残念ながら自腹で買うと、とても高いです・・・。

 

しかし!

特典航空券を利用すると十分に貯められるマイル数で利用できます!

私はビジネスクラスに過去何度も搭乗体験がありますが、1回も自腹で購入したことはなく、すべて特典航空券を利用しています。

そしてその特典航空券に必要なマイルは、ほとんど飛行機に乗って貯めたものではありません!

以下の方法で貯めました!

チェック!
【大公開】年間30万ANAマイルを貯めるおすすめの方法とは?

ANAマイルがなかなか貯まらない。マイルをたくさん貯めて旅行に行きたいのに。 マイルは飛行機やクレジットカード決済で貯め ...

続きを見る

誰でも簡単にマイルを貯めることができるので、ぜひ一度ご覧いただき、試しに実践してみてはいかがでしょうか!?

最後までご覧いただきありがとうございました!次回もぜひご覧ください!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たかやん

私は陸マイラーのたかやんです!ANA&JALマイルを中心に大量のマイルを貯めています。このブログでは、マイルの貯め方や旅行に関するお得な情報を発信中!

ブログランキング・にほんブログ村へ

RECOMMEND

1

ANAマイルがなかなか貯まらない。マイルをたくさん貯めて旅行に行きたいのに。 マイルは飛行機やクレジットカード決済で貯め ...

2

「ANAアメックスゴールドの特典やメリットってなんだろう。」 「発行でお得なキャンペーンはないかな・・・。」 &nbsp ...

3

ハピタスとは一体なんだろう? 使い方は?ポイントの貯め方は?ハピタスのことをもっと知りたい!   この悩み、解 ...

4

JALマイルってなかなか貯まらないな。でも、たくさん貯めたい。 おすすめの貯め方ってないのかな?コツでもいいから教えてほ ...

5

「ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)のメリット・デメリットがわからない。」   このようにお悩みではあ ...

6

「SPGアメックスとは?」 「SPGアメックスの特典やメリットって?」   このようにお悩みではないでしょうか ...

-コラム, 飛行機
-,

Copyright© マイル先生のブログ , 2018 All Rights Reserved.