マイルの貯め方

飛行機で貯まるマイルとは?基本から貯め方・使い方まで徹底解説

2017年8月13日

飛行機で貯まるマイルとは?基本から貯め方・使い方まで徹底解説

https://www.mile-sensei.com

 

飛行機に乗るとよく"マイル"って聞くけど、いったいなんだろう?貯めるといいことがあるのかな。あと、どんな使い方があるんだろうか。

 

こういった疑問を解決します。

 

この記事でわかること

  • 飛行機で貯まるマイルとは?
  • 基本から貯め方・使い方まで徹底解説
  • マイルを貯め始めるためにやるべきこと

 

記事の信頼性

この記事を書いている私は、マイルを貯めはじめて5年。主のANAとJALのマイルを貯めています。ちなみに、2019年10月現在のマイル口座残高を公開すると・・・

ANAマイル 414,421マイル
JALマイル 237,467マイル

毎年ビジネスクラスで海外旅行に行ってもこの残高。(主に東南アジア)

しっかりとした経験をもとに記事を書いています。

 

マイルとはいったいなんなのかを3分ほどのお時間で解説します。ぜひ最後までお付き合いください。

 

スポンサーリンク

 

飛行機で貯まるマイルとは?基本から貯め方・使い方まで徹底解説

飛行機で貯まるマイルとは?基本から貯め方・使い方まで徹底解説

まずそもそも飛行機に乗ると貯まる"マイル"とはいったいなに?というところから解説していきます。マイルをざっくりとあらわすと以下のとおり。

 

各航空会社が顧客の囲い込みのために行っているサービスで、ざっくり言うとポイント制度

 

主に飛行機に乗るたびごとにポイント(マイル)が貯まり、一定のポイント(マイル)以上になったら、特典航空券などと交換することができます。

飛行機に乗るお客さんは、航空会社にとって大切なお客さんなので、各社ポイント制度を設けさまざまなサービスを用意することで、囲い込みを行っているというわけ。

 

ANA・JALのマイル制度

日本の航空会社だと、ANA(全日空)とJAL(日本航空)が有名ですね。上記の記事で詳しく解説していますのであわせてチェックしてみてください。

 

マイルとマイレージの違いってなに?

「マイルとかマイレージ(プログラム)とかよく聞くけどどこが違うの?」と思う方もいらっしゃると思います。これらの違いは簡単、以下のとおりです。

マイレージ 各航空会社のポイント制度
マイル そのポイント制度で貯まるポイント

マイル本来の意味は、距離。1マイル=1.60934キロで、飛行機に乗った距離に応じてマイルが貯まるのが基本です。

 

マイルを貯めるとどんな特典がある?

マイルを貯めると、さまざまな特典が受けられます。なぜなら、各社はマイルというポイントを付与して特典を提供することで、お客の囲い込みを行っているからです。

具体的に、貯めたマイルでどのような特典が受けられるのか、一例をご紹介します。

特典航空券 マイルを使った無料の航空券で、マイルを使えば誰でももらうことができます。
アップグレード エコノミークラスからビジネスクラスやファーストクラスにアップグレードができます。
各種ポイントへの移行 Tポイントや楽天ポイントなどへの交換が可能です。

マイルを使って受けられるサービスはまだまだありますが、一番お得なのは、「特典航空券」です。特典航空券を使うと、高い飛行機代が、マイルでまかなうことが可能。

マイルの価値を解説した記事でも書きましたが、特典航空券でマイルを使うのはとってもお得です。

 

マイルの貯め方とは?

マイルを貯める方法は、サービスを利用すること。考え方はポイント制度と同じです。「サービスを利用する→マイルが貯まる」、これでマイルが貯まります。

具体的にどんな方法があるかというと、以下のとおりまとめてみました。

 

  • 飛行機で貯める
  • クレジットカードで貯める
  • ホテルに宿泊して貯める
  • レンタカーを利用して貯める
  • レストランで食事をして貯める
  • ツアー旅行に参加して貯める
  • ネットショップを利用して貯める(楽天市場等)
  • 提携先のポイントから交換して貯める
  • 口コミで貯める
  • ふるさと納税で貯める
  • ポイントサイトで貯める【裏技】

 

正直、多いです。ここでは具体的な方法までは解説しきれないので、マイルの貯め方については、マイルの貯め方【プロがわかりやすく解説します】をご覧いただければ幸いです。

 

貯まったマイルの使い方は?

貯まったマイルは、特典に交換することができます。特典を提供することで、もっと飛行機を利用してもらいのが航空会社側の考え。

具体的な使い方をみていきましょう。以下のとおり代表例をまとめてみました。

 

  • 国際線特典航空券で使う
  • 国内線特典航空券で使う
  • ANA SKY コインやe JALポイントで使う
  • アップグレード使う
  • 提携ポイントへの交換で使う

 

さまざまなな使い方がありますね。貯め方と同様、詳細な解説はマイルの使い方【現役陸マイラーがわかりやすく解説】でまとめています。

ちなみに、一番おすすめは国際線特典航空券です。マイルの価値を解説した記事でも書きましたが、国際線特典航空券でマイルを使うと、1マイルの価値が高くなります。

 

マイルの期限は?

マイルの期限は各航空会社によって異なりますが、搭乗機会が多いANA(全日空)JAL(日本航空)3年の期限付きです。

 

ちなみに

ユナイテッド航空、デルタ航空、ブリティッシュエアウェイズといった欧米系は実質無期限です。

 

先ほどもお伝えしましたが、マイルは国際線特典航空券、特にビジネスクラスで使うのがとってもお得。しかし、長距離路線のビジネスクラスを取ろうとすると8万マイルほど必要です。

ANAやJALであれば、3年のうちに貯めきらないと交換できません。一方で、無期限であれば長くじっくりとマイルを貯めることができます。

 

マイルを貯め始めるためにやるべきこと

マイルを貯め始めるためにやるべきこと

まず、以下の2つのことをやりましょう。

 

  • どの航空会社のマイルを貯めるか決める
  • マイレージプログラムに登録する

 

どの航空会社のマイルを貯めるか決める

まずは、どの航空会社のマイルを貯めるのかを確定させます。なぜなら、各航空会社のマイルは制度がさまざまで、自分に合ったマイルプログラムを選ぶ必要があるから。

 

具体例

例えば、先ほどご紹介したユナイテッド航空、デルタ航空といった欧米系は、マイルの有効期限が実質無期限。そのため、有効期限を気にせず、コツコツと貯めたい方に向いています。

 

ANAとJALで迷うなら

マイレージプログラムに登録する

貯めるマイルが決まったら、マイレージプログラムへの登録を行います。入会金、年会費は無料なのでご安心ください。

まずは、ANA(全日空)JAL(日本航空)など馴染みがある航空会社のプログラムに参加し、マイルを貯める生活を始めてみるのがおすすめ。

 

ANAとJALのマイレージプログラムへの登録方法

 

まとめ:飛行機に乗るならマイルを貯めないと損

まとめ:飛行機に乗るならマイルを貯めないと損

この記事のポイントをまとめます。

 

  • マイルとは、ざっくりいうと航空会社のポイント制度
  • マイルを貯めるとさまざまな特典が受けられる
  • マイルを貯め始めるためにやることは2つ

 

こんな感じです。マイルを貯めた特典で無料で飛行機に乗ることもできるので、貯めてない方がいたらかなり損をしてます。

実は私も、今でこそ大量のマイルを貯めていますが、過去にかなり多くのマイルを損しています・・・。

 

私の体験談

学生のころ、フランスに卒業旅行に行きました。すべて旅行会社に手配をお願いしたのですが、旅行会社から、「マイルを積算する方は、会員番号を教えてください。」との連絡。

私はよくマイルについて調べもせず、「会員番号はありません。」と答えました。今思うとフランス旅行のときに、ちゃんと登録して、マイルを積算しておくべきだったなと思います。

 

利用したプランにもよると思うのですが、約6,0008,000マイルは貯まったのではないかなぁと思います。6,000~8,000マイルもあれば、国内線の片道特典航空券に交換できちゃいます。

かなり損をしちゃってますね。

もったいない思いをしないためにも、飛行機に乗る前に、必ず航空会社のマイレージプログラムに登録して、マイルはもれなく貯めましょう。

 

マイレージプログラムへの登録が終わったら読む記事

-マイルの貯め方
-, ,

Copyright© マイル先生のブログ , 2019 All Rights Reserved.