ANAとJALマイルを比較!貯めるならどっちがおすすめ?

2018年4月7日

ANAとJALマイルを比較!貯めるならどっちがおすすめ?

マイルを貯めたい!

そう思ったら、まず『ANA』か『JAL』のどっちを貯めるのか考えるはず。

でも正直なところ、、、

 

ANAとJALマイル、どっちを貯めるのがおすすめ?

 

こう悩んでしまいますよね。

私自身も、マイルを貯め始めるときにどっちのマイルを貯めるのがおすすめなのか、とても迷った記憶があります。

しかし、ググってググって調べた結果、

 

どっちのマイルがおすすめなのかはっきりしました!
たかやん

 

そこでこの記事では、ANAマイルもJALマイルも貯めた経験があるマイラーのたかやん(@milesensei33)が、

 

ANA vs JALマイル!どっちがおすすめか徹底的に比較していきます!
たかやん

 

この記事でわかること

  • 【結論】ANAとJALマイルを比較!貯めるならどっちがおすすめか
  • JALマイルよりも、ANAマイルの方が貯めやすい理由
  • ANAマイルよりも、JALマイルの方が使いやすい理由
  • 【実例】私がANAマイルから貯め始めた理由
  • 貯めるマイルが決まったら、やっておきたいこと
  • ANAとJALマイルはこんな方におすすめ

 

記事の信頼性

この記事を書いている私は、マイルを貯めはじめて5年。主にANAとJALマイルを貯めています。ちなみに、2019年12月現在のマイル口座残高を公開すると・・・

ANAマイル 414,421マイル
JALマイル 237,467マイル

しっかりと貯めた実績をつくり、両者のマイルの貯め方を比較しています。

 

ANAマイルかJALマイル、どちらのマイルを貯めるかは正直悩みます。そのお悩みをこの記事でバシッと解決していきますね。

 

ANAとJALマイルの貯め方や使い方の比較、貯めるのにおすすめのマイルがわかるのでぜひ最後までじっくりと読んでみてくだい。
たかやん

 

ANAとJALマイルを比較!貯めるならどっちがおすすめ?

ANAかJALマイルを比較!貯めるならどっちがおすすめか

まずは結論から。

 

  • マイルを貯めるならANAに軍配
  • マイルを使うならJALに軍配
  • ⇒なので、自分のタイプに最適なマイルを貯めるのがおすすめ!

 

こんな感じ。少しわかりにくい結論になってしまいましたが、必ず覚えておきたいことは『貯める』『使う』どちらも重要だということ。理由は以下の2つ。

  • 『貯まらなければそもそも使えない』
  • 『貯まっても使えないと意味がない』

なのでどっちのマイルを貯めるのか決めるときは、貯まりやすさだけではなく、使いやすさも必ず検討するようにしましょう!

当ブログでは以下のように、おすすめする方(タイプ別)と理由をまとめてみました。

 

ANAマイルを貯める

おすすめな方 理由
かなり先の旅行の計画を立てられる方 特典航空券の予約開始と同時に座席を確保できる
特典航空券でたくさん旅行に行きたい方 ANAマイルは簡単、大量に貯められる(→後ほど詳しく解説)
主に国内線の特典航空券がほしい方 少ないマイル数で交換できる
飛行機に乗る機会が多くない方 クレジットカードでマイルを貯めやすい

 

JALマイルを貯める

おすすめな方 理由
旅行の計画は直前か数か月前にならないと決められない方 JALマイルは使いやすい
ハワイ行き特典航空券がほしい方 ANAよりJALのほうが本数が多い
飛行機に乗る機会が多い方 飛行機への搭乗でボーナスマイルが貯まる
 どこでもいいからお得に国内旅行がしたい JALどこかにマイルがお得 

 

結論としてはこんな感じです。気になるのは、ハワイ行き特典航空券。マイルを貯めてハワイ旅行にいきたい!という方はJALマイルを貯めることをおすすめします。

なぜなら、ANAのハワイ行き特典航空券は予約が難しいからです。そのあたりは、激戦!?ANAマイルでハワイ!特典航空券を予約する5つのコツの記事で解説していきます。

 

ここからは、ANAマイルとJALマイルの『貯めやすさ』と『使いやすさ』の2つを比較していきます!
たかやん

 

くどいようですが、重要なポイントなので繰り返しお伝えしておきます。

 

貯まりやすさだけではなく、使いやすさも必ず検討すること

 

これは確実に意識してください。『ANAの方が貯まりやすいからANAマイルにしよう』こういった安易な考えだと、貯まったあと失敗するかもしれませんので。

 

JALマイルよりも、ANAマイルの方が貯めやすい

タイトルのとおりですが、JALマイルよりもANAマイルの方が貯めやすいです。ANAとJALマイルの「貯めやすさ」を比較しますが、ポイントとなるのは以下の3つ。

 

  • フライトマイルの貯まりやすさ
  • クレジットカードでのマイルの貯まりやすさ
  • 提携ポイント移行でのマイルの貯まりやすさ

 

この3つは貯め方の基本となるので、超重要ポイント。それでは各項目について詳しく解説していきます。

 

※まずはANAとJALのマイレージ制度について詳しく知りたい!という方は、以下の記事で解説していますのであわせてチェックしてみてください。

ANAマイレージクラブとは
ANAマイレージクラブとは【無料登録でANAマイルが貯まります】

  ANAマイレージクラブとはいったいなんだろう。よく飛行機に乗ると耳にするんだけど、実際どんなものかわからない。   こうお悩みを解消していきます。 ANA『マイレージクラブ』と ...

続きを見る

JALマイレージバンクとは【JALのマイルプログラムを徹底解説】
JALマイレージバンクとは【JALのマイルプログラムを徹底解説】

ようこそ『マイル先生のブログ』へ。 ご覧いただきありがとうございます。 運営者のたかやん(@milesensei33)です。 この記事は、   JALマイレージバンクとはいったいどんなものだ ...

続きを見る

 

比較①:フライトマイルの貯まりやすさ

フライトマイルとは、飛行機に乗ると貯まるマイルのこと。貯まりやすさは、ANAもJALも大きな違いはありません。

ANAとJALともに以下の計算式で積算されます。

 

フライトマイル=フライト区間のマイレージ×予約クラスごとの積算率

 

フライトマイルは、出発地から到着地の物理的な距離(マイル)と積算率(料金によって変動)で決まります。

ちょっとややこしい面があるので簡単に解説しておきますね。具体例としてJALのフライトマイルをみてみましょう。

区間 区間マイル数(距離) 積算率 フライトマイル
東京(羽田)-大阪 280マイル 75%の場合 片道 210マイル
東京(羽田)-ハワイ 3831マイル 30%の場合 片道 1,149マイル

 

『区間マイル数(距離)』というのが、出発地と到着地の物理的な距離。積算率は利用するクラス・その運賃種別に応じてさまざまです。

利用する便にもよりますが、上記の例だとフライトマイルの10%がボーナスとして加算されます。

ここはANAとJALで差がないため、フライトマイルの貯まりやすさは同じです。

 

あとの違いは提携航空会社を利用したときにフライトマイルが貯まるかどうかです。ANAとJAL以外の航空会社が運行する便に乗ってもフライトマイルが貯まります。

ANAは『スターアライアンス』、JALは『ワンワールド』と呼ばれる提携航空会社の連合(アライアン)に加盟しています。

 

ANAマイルが貯まる主な提携航空会社

航空会社名
エアカナダ スカンジナビア航空 深セン航空 ユナイテッド航空
シンガポール航空 ルフトハンザ航空 ターキッシュエアラインズ タイ国際航空
アビアンカ航空 TAPポルトガル航空 スイスインターナショナルエアラインズ アシアナ航空
エアチャイナ LOTポーランド航空 ブリュッセル航空 コパ航空
タカ航空 クロアチア航空 アドリア航空 エバー航空
エアインディア エジプトエア エーゲ航空 ニュージーランド航空
オーストリア航空 南アフリカ航空 エチオピア航空  ー

 

JALマイルが貯まる主な提携航空会社

航空会社名
アメリカン航空 USエアウェイズ カタール航空 LATAM航空
キャセイパシフィック スリランカ航空 マレーシア航空 ブリティッシュエアウェイズ
S7航空 フィンエア カンタス航空 ロイヤルヨルダン航空
エアベルリン イベリア航空

 

フライトマイル比較まとめ

フライトマイルの貯まり方は、ANAもJALもほぼ同じです。あとは、どのアライアンス(航空会社のグループ)に属しているかで選ぶという感じです。

 

アライアンスを確認して、ANAとJALのフライトマイルの理解を深めたい場合は以下の記事をあわせてチェックしてみてください。

アライアンスとは?マイルを貯めるなら知っておきたいスターアライアンス・ワンワールド・スカイチーム

「アライアンスってなに?」 「マイルを貯める上で、アライアンスって重要なの?」   とお悩みの方も多いと思います。 この記事では、マイルを貯める上で知っておきたい3つのアライアンス(スターア ...

続きを見る

 

貯める比較②:クレジットカードでの貯まりやすさ

クレジットカードでは、ANAマイルのほうが貯まりやすいです。なぜなら、ANAは、クレジットカードの更新だけでボーナスマイルが貯まるから。JALは搭乗しないともらえません。

その他、ANAカードは入会キャンペーンが充実していたり、決済によるマイル還元率が高かったりするので、飛行機に乗らなくてもマイルが貯まりやすいです。

 

ANAマイルをクレジットカード(ANAカード)で貯める

ANAカードでマイルを貯める場合のポイントをまとめてみます。

ポイント 説明 
 入会キャンペーンが充実  ANAカードを発行するだけで、国際線ビジネスクラス特典航空券がゲットできる
 ANAカードを保有しているだけでマイルが貯まる  飛行機に乗らなくても保有しているだけでマイルが貯まる(※JALカードは搭乗が必要)
 ANAカードの種類が豊富  種類が豊富なので、自分に最適なANAカードが見つけられる

 

最大の特長は入会キャンペーンが充実していること。特にANAアメックスゴールドカードの入会キャンペーンは強烈です。

 

入会してある一定の決済をすることで、国際線ビジネスクラスの特典航空券がいきなり予約可能なのどのマイルが貯まります。

その他の特長を表にまとめておきますね。

項目 一般カード ワイドカード ゴールドカード プラチナカード
本会員年会費 2,000円~ 7,250円 14,000円~ 70,000円~
マイル移行手数料 5,000円or6,000円 5,000円or6,000円 無料 無料
入会ボーナスマイル 1,000マイル 2,000マイル 2,000マイル 10,000マイル
カード更新ボーナス 1,000マイル 2,000マイル 2,000マイル 10,000マイル
フライトボーナスマイル フライトマイルの10% フライトマイルの25% フライトマイルの25% フライトマイルの25%
マイル還元率 1% 1% 1%~ 1~1.5%
お得にマイルが貯まる セブン・イレブン、イトーヨーカドー、マツモトキヨシなど

 

おすすめのANAカード2選

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)

  • 年会費が安いのがメリット
  • PASMOチャージでもANAマイルが貯まる
  • ANAマイルを爆発的に貯める秘密のカード
項目 内容
年会費 2,000円(税抜)※初年度無料
家族カード あり(年会費1,000円)※初年度無料
国際ブランド JCB
マイル還元率 0.5~1%
入会ボーナスマイル 1,000マイル
継続ボーナスマイル 1,000マイル
搭乗ボーナスマイル フライトマイル+10%
マイル移行手数料 5,000円(税抜)
ポイント有効期限 Oki Dokiポイント:獲得月より2年間(24ヵ月)
電子マネー PASMO / Apple Pay
ETCカード 年会費・発行手数料無料

 

ソラチカカードは、ANAと東京メトロが提携して発行しているクレジットカード。空(ソラ)でも地下(チカ)でもANAマイルが貯まります。

年会費初年度無料で、次年度以降2,000円(税抜)で所有できるのでコストは低め。そのため入門ANAカードとして最適です。

ちなみに、私自身ANAマイルを貯めるために最初に発行したのはこの『ソラチカカード』です。

初めて発行したANAカード

 

普段使いとしても優秀で、ポイントアップモール(Oki Dokiランド)を利用すると高還元率です。Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなら100円につき1.45マイル貯まることも。

>>【公式】ソラチカカードの詳細をチェックする

 

ソラチカカードのことをもっと詳しく

陸マイラーにおけるソラチカカードの重要性【ANA派は必須です】
陸マイラーにおけるソラチカカードの重要性【ANA派は必須です】

ようこそ『マイル先生のブログ』へ。 ご覧いただきありがとうございます。 この記事では、   陸マイラーを始めたい!調べているとみんなソラチカカードの説明をしているけど、なぜそんなに重要なんだ ...

続きを見る

 

ANAアメックスゴールドカード

  • 入会でマイルが大量に貯まる
  • トラベル系の特典が充実
  • 空港ラウンジが無料で使える
項目 内容
年会費 31,000円(税抜)
家族カード あり(年会費15,500円(税抜))
国際ブランド アメリカン・エキスプレス
入会条件 20歳以上で定職のある方
家族会員の範囲 内縁・同性婚のパートナー、婚約者も含まれる
マイル還元率 1%
入会ボーナスマイル 2,000マイル
継続ボーナスマイル 2,000マイル
搭乗ボーナスマイル フライトマイル+25%
マイル移行手数料 無料
ポイント有効期限 メンバーシップ・リワードポイント:無期限
電子マネー Edy / Apple Pay
ETCカード 年会費無料(※新規発行手数料850円)

 

ANAアメックスゴールドカードは、1%の高マイル還元率と旅行保険や空港ラウンジが充実したクレジットカードです。特に飛行機を利用する機会が多い方におすすめ!

特におすすめなのが、入会キャンペーンで一気にマイルが貯まるところ。2019年12月最新のカード紹介入会キャンペーンは以下のとおりです。

既にANAアメックスゴールド会員の方からの紹介キャンペーンで入会された場合・・・

 

入会で2,000ボーナスマイル

入会後3か月以内に合計10万円の利用で10,000ボーナスポイント

入会後3か月以内に合計70万円の利用で28,000ボーナスポイント

入会後3か月以内に合計100万円の利用で20,000ボーナスポイント

 

合計60,000マイル相当が一気に貯まります!100万円の決済による通常ポイント(10,000ポイント)も貯まるので、合計最大70,000マイル程度貯まります!

 

こんな感じで一気にマイルが貯まります。

ちなみに、私もANAアメックスゴールドカードを発行しました。

私が発行したおすすめANAカード

 

目的は先ほどご紹介した大量のボーナスマイル(笑)。それと飛行機に何度も乗る機会があったのでANAアメックスゴールドカードを発行しました。

ANAアメックスゴールドカードの年会費は高いですが、入会で大量のANAマイルが貯まり、旅行保険や空港ラウンジが充実したクレジットカード。特に飛行機を利用する機会が多い方におすすめです!

 

ANAアメックスゴールドカードをもっと詳しく

ANAアメックスゴールドを徹底解説!マイルを貯めるのにおすすめな5つの理由
ANAアメックスゴールドを徹底解説!マイルを貯めるのにおすすめな5つの理由

『ANAアメックスゴールドカード』は、ANAカードの中でも上位にランクインするクレジットカード。 クレジットカード情報サイトや、ブログなどでも数多く紹介されていますね。 ただ、正直なところ、、、 &n ...

続きを見る

 

この2つのANAカード以外にもおすすめを解説しています!詳しくは以下の記事をチェックしてみてください。

全種類の比較でわかった!マイルが貯まるおすすめANAカード7選
全種類の比較でわかった!マイルが貯まるおすすめANAカード7選【2019年12月版】

ANAカードっていろいろあるけど、どれがおすすめなんだろう。こうお悩みではありませんか?この記事では、ANAカードを数多く使ってきた私がおすすめの7枚をご紹介します。選び方で迷っている方必見です。

続きを見る

 

JALマイルをクレジットカード(JALカード)で貯める

JALカードでマイルを貯める場合のポイントをまとめてみます。

ポイント 説明 
 入会キャンペーンは微妙  ANAカードほど充実していないが、あるにはある
 JALカードを保有+JALグループ便への搭乗でマイルが貯まる  保有しているだけではマイルが貯まらない。搭乗が必要。
 JALカードの種類が豊富  種類が豊富なので、自分に最適なJALカードが見つけられる

 

ANAカードに比べると、JALカードの入会キャンペーンは微妙です。しかも、JALカードでボーナスマイルをもらうには、保有+搭乗が必要なのもネック。

このあたりは、ANAカードと比べてマイルが貯まりにくい最大の原因です。その他の特長を表にまとめておきますね。

項目 普通カード CLUB-Aカード ゴールドカード プラチナカード
本会員年会費 2,000円~ 10,000円 16,000円~ 31,000円
ショッピングマイル・プレミアム 3,000円 3,000円 無料 無料
ツアープレミアム 2,000円 2,000円 2,000円 2,000円
入会ボーナスマイル 1,000マイル 5,000マイル 5,000マイル 5,000マイル
毎年搭乗ボーナスマイル 1,000マイル 2,000マイル 2,000マイル 2,000マイル
搭乗ごとのボーナス フライトマイルの10% フライトマイルの25% フライトマイルの25% フライトマイルの25%
マイル還元率 1% 1% 1% 1%
お得にマイルが貯まる イオン・ファミリーマート・アマゾンなど

 

おすすめのJALカード2選

JAL普通カード(TOKYU POINT ClubQ)

  • 年会費が安いのがメリット
  • JMB WAONオートチャージでマイルが貯まる
  • PASMOオートチャージでJALマイルが貯まる
項目 内容
年会費 2,000円(税抜)~
家族カード あり(年会費1,000円~)
ショッピングマイル・プレミアム年会費 3,000円
ツアープレミアム年会費 2,000円
申込資格 18歳以上(高校生を除く)の日本に生活基盤のある方で、
日本国内でのお支払いが可能な方
国際ブランド VISA / Mastercard
還元率 0.5~1%マイル
ポイント有効期限 TOKYU POINT:加算日から3年間
電子マネー PASMO / Apple Pay
ETCカード 年会費無料(※発行手数料1,000円)

 

JALマイル初心者で、年会費を抑えてながらマイルを貯めたいならJAL普通カード(TOKYU POINT ClubQ)がおすすめ。年会費も手ごろで、しっかりとJALマイルが貯まります。

なにより『JMB WAON』『PASMO』オートチャージでマイルが貯まるのが一番のメリットです。

>>【公式】JAL普通カード(TOKYU POINT ClubQ)の詳細をチェックする

 

 

JAL普通カード(TOKYU POINT ClubQ)をもっと詳しく

JALカード東急(TOKYU POINT ClubQ)ってどんなクレジットカード?
JALカード東急はどんなカード?【お得にマイルを貯めたい方向け】

JALカード東急(TOKYU POINT ClubQ)ってどんなクレジットカードだろう。このようにお調べではありませんか?この記事では、JALカード東急のメリット・デメリットはもちろん、JALマイルをお得に貯める方法を解説します。

続きを見る

 

JAL CLUB-Aゴールドカード(TOKYU POINT ClubQ)

  • ボーナスマイル・付帯保険が充実
  • JMB WAONオートチャージでマイルが貯まる
  • PASMOオートチャージでJALマイルが貯まる
項目 内容
年会費 16,000円(税抜)~
家族カード あり(年会費8,000円~)
ショッピングマイル・プレミアム年会費 無料
ツアープレミアム年会費 2,000円
申込資格 20歳以上で、一定以上の勤続年数・営業歴と安定収入のある方
国際ブランド VISA / Mastercard
還元率 0.5~1%マイル
ポイント有効期限 TOKYU POINT:加算日から3年間
電子マネー PASMO / Apple Pay
ETCカード 年会費無料(※発行手数料1,000円)

 

先ほどご紹介したJAL普通カード(TOKYU POINT ClubQ)のグレードアップ版。ゴールドカードなので、年会費もそれなりにかかります。

普通カードと違うところは、ボーナスマイル・付帯保険・空港ラウンジなど。この3点は、飛行機をよく利用するのであれば、ぜひ充実させておきたいですね。

 

ということで、飛行機を頻繁に利用する方にはJAL CLUB-Aゴールドカード(TOKYU POINT ClubQ)がおすすめ!
たかやん

 

もちろんですが、普通カードと同じように『JMB WAON』『PASMO』オートチャージでマイルが貯まります。

>>【公式】JAL CLUB-Aゴールドカード(TOKYU POINT ClubQ)の詳細をチェックする

 

JAL CLUB-Aゴールドカードをもっと詳しく

【結論】おすすめのJAL CLUB-Aゴールドカード
JALゴールドカードをまとめてみた【特典・保険・ラウンジも解説】

JALゴールドカードっていろいろな種類があって、どれを選べればいいのかわからない。普通・プラチナカードとの違いも知りたいなぁ。このようにお悩みではありませんか?この記事では、JALゴールドカード基本から違いまですべてまとめて解説しています。

続きを見る

 

この2つのJALカード以外にもおすすめを解説しています!詳しくは以下の記事をチェックしてみてください。

おすすめのJALカードはどれ?現役マイラーが8枚を激選
おすすめのJALカードはどれ?現役マイラーが8枚を激選【2019年最新版】

数多くの種類がある『JALカード』、その数なんと20種類以上! たくさんの中から、JALカードを選べるのはいいことでもあります。 しかし、   JALカードっていろいろあるけど、結局どれがお ...

続きを見る

 

クレジットカード比較まとめ

  • 飛行機に乗る機会が少ない → ANA
  • 飛行機に乗る機会が多い → JAL
  • 入会キャンペーンで大量のマイルを貯めたい → ANA

 

貯める比較③提携ポイント移行

提携ポイント移行では、ANAマイルのほうが貯めやすいです。なぜなら、Tポイントや楽天スーパーポイントといった有名ポイントからの交換ルートがJALマイルより多いから。

ただ、JALマイルもPontaポイントやdポイントから交換できるので、ほぼ同じレベルです。以下に代表的なポイントからの移行レートをまとめておきます。

 

提携ポイント(ANA)

ポイント名称 移行レート
楽天スーパーポイント 2ポイント=1マイル
Tポイント 500ポイント=250マイル
ナナコポイント 500ポイント=250マイル
メトロポイント 100ポイント=90マイル

※いずれも1ポイント=1円相当

ほとんどのポイントにおいて、マイルに交換すると半分になってしまいますね。その点メトロポイント(『東京メトロ』のポイント)は100ポイント=90マイルなので高レート。

東京メトロをメインで利用される方は、先ほどご紹介したソラチカカードを活用してメトロポイントを貯めるのがおすすめです。

 

その他の『楽天スーパーポイント』『Tポイント』『ナナコポイント』などは、クレジットカードの利用や、ネットショッピングの利用でどんどん貯まります。

ANAマイルに交換できるポイントはまだまだたくさんあるので、もっと詳しく知りたい場合は公式サイトをご覧ください。

>>【公式】ポイントをANAマイルに交換する

 

提携ポイント(JAL)

ポイント名称 移行レート
Pontaポイント 2ポイント→1マイル
dポイント(ドコモ) 5,000ポイント→2,500マイル
エポスポイント(マルイ) 500ポイント→250マイル

※いずれも1ポイント=1円相当

JALマイルの方も、ANAと同様で交換すると半分になってしまいます。『Pontaポイント』『dポイント』も貯めやすいのですが、『楽天スーパーポイント』や『Tポイント』と比べると少し劣りますね。

 

ANAマイルのほうが、交換元のポイントが多く貯めやすいポイントが多いです!
たかやん

 

ココがおすすめ

このメトロポイント→ANAマイルの圧倒的な交換レートがあるため、マイルが貯まりやすいです。

 

メトロポイントを利用したANAマイルの貯め方

【大公開】ANAマイルのおすすめの貯め方とは
現役マイラーが暴露!ANAマイルをザクザク貯めるたった1つの方法

ANAマイルのおすすめの貯め方は?こうお調べではありませんか?この記事では、年間30万以上のANAマイルを貯めるおすすめの方法を解説していきます!たくさんANAマイルを貯めたい方、必見です。

続きを見る

 

具体的な方法は、上記の記事で解説しています。

この方法をマスターすると、面白いようにANAマイルが貯まるので、興味がある方はぜひご覧ください。私もこの方法で貯めています。

 

提携ポイント移行比較まとめ

提携ポイント移行は共通ポイントが多いANAのほうがおすすめ。ただほぼ同じレベルです。

 

ちなみに、マイルを特典航空券として使うことができれば、数十万円する航空券を予約することも可能。そうすると1マイル=2円相当以上の価値になることが多いです。

たとえ移行レートが半減しても、マイルに交換した方がお得な場合もあります。詳しくは以下の記事をチェックしてみてください!

ANAマイルの価値はいくら?【使い方をわけて解説します】
ANAマイルの価値はいくら?【使い方をわけて解説します】

  ANAマイルが貯まったけど、1マイルの価値ってどのくらいなんだろう・・・。やっぱり1マイル=1円くらいの価値なのかなぁ、本当の価値が知りたい!   こういった疑問にお答えします ...

続きを見る

 

マイルを「貯める」の比較まとめ

これまでの比較結果をまとめます。

 

  • フライトマイル → 互角
  • クレジットカード → ANA
  • 提携ポイント移行 → ANA

 

こんな感じです。もう一度比較結果をまとめておきますね。

 

フライトマイル比較まとめ

フライトマイルの貯まり方は、ANAもJALもほぼ同じです。あとは、どのアライアンス(航空会社のグループ)に属しているかで選ぶという感じです。

 

クレジットカード比較まとめ

  • 飛行機に乗る機会が少ない → ANA
  • 飛行機に乗る機会が多い → JAL
  • 入会キャンペーンで大量のマイルを貯めたい → ANA

 

提携ポイント移行比較まとめ

提携ポイント移行は共通ポイントが多いANAのほうがおすすめ。ただほぼ同じレベルです。

 

ご覧のとおりですが、貯めやすさはANAに軍配!やはり、クレジットカードの更新や発行だけでボーナスマイルがもらるのがポイントです。

ANAマイルの場合は、飛行機に乗らなくてもマイルが貯まりやすい!

 

ANAマイルよりも、JALマイルの方が使いやすい

ここまでは各マイルの『貯めやすさ』に着目して解説してきましたが、ここからは『使いやすさ』です。

結論はタイトルのとおりですが、ANAマイルよりもJALマイルの方が使いやすいです。ANAとJALマイルの「使いやすさ」を比較しますが、ポイントとなるのは以下の3つ。

 

  • 特典航空券のとりやすさ
  • 特典航空券に必要なマイル数
  • 特典航空券以外の交換先

 

この3つは、使い方の基本となるので、重要ポイント。それでは各項目について詳しく解説していきます。

 

使う比較①:特典航空券のとりやすさ

国内線はそれほど違いはありませんが、国際線はJALの特典航空券のほうが圧倒的にとりやすいです。なぜなら、そもそもJALのほうが便数が多く、特典航空券の枠が多いから。

実際に主要路線を検索したところ、ゴールデンウィークや年末年始などの繁忙期は、ANAもJALも基本予約でいっぱいでしたが、その他の日程だと、JALのほうが比較的空いています。

 

あとJALならJAL国際線特典航空券PLUSというルールが創設され、もともと設定されていた特典航空券の座席が空いてなくてもマイルを使えば予約可能になりました。

これまで JAL国際線特典航空券PLUS 
設定されている特典航空券用の席が満席になると、キャンセル待ちとなり予約が確定できなかった。 設定されている特典航空券用の席が満席となった場合も、追加でマイルを使うことで特典航空券が予約できるようになった。

 

追加で必要となるマイルは、普通の航空券の残席数によって変動します。

  • 残席が多い⇒追加で必要なマイル数が少なく済む
  • 残席が少ない⇒追加で必要なマイル数が多い

あとは通常のマイル数よりも多く使ってまで予約するかどうか、というところですね。

ちなみにハワイ路線の特典航空券を予約するなら、絶対にJALがおすすめ。ANAのハワイ路線はとっても取りづらく、ビジネスクラスともなれば超激戦!

一方で、JALはエコノミークラスもビジネスクラスも、空席の日が結構見つかります。

 

特典航空券の取りやすさ比較まとめ

  • 国内線特典航空券 → どちらも同じ
  • 国際線特典航空券 → JALの方が断然取りやすい
  • 特にハワイ・ホノルル線 → JAL一択
  • 【結論】JALに軍配

 

使う比較②:特典航空券の必要マイル数

大差はありませんが、ビジネスクラスはANA、プレミアムエコノミークラスとファーストクラスはJALのほうが必要マイル数が少なくて済みます。

具体的に特典航空券を取るための必要マイル数を比較します。以下は、ANAとJALの特典航空券に必要なマイル数です。

 

ANA特典航空券の必要マイル数一覧表

すべて往復の特典航空券に必要なマイル数で、シーズン欄の「L」はローシーズン、「R」はレギュラーシーズン、「H」はハイシーズンです。(※シーズンは繁忙期のこと)

+ ANA特典航空券必要マイル数一覧表

行き先(例)/シーズン・クラス シーズン Economy Business First
国内線(0~600マイル区間) R 12,000
国内線(601~1,600マイル区間) R 15,000
国内線(1601~2,000マイル区間) R 18,000
国内線(2,001~4,000マイル区間) R 20,000
ソウル L 12,000 25,000
R 15,000 30,000
H 18,000 33,000
北京・グアム L 17,000 35,000
R 20,000 40,000
H 23,000 43,000
シンガポール・バンコク・ジャカルタ L 30,000 55,000 105,000
R 35,000 60,000 105,000
L 38,000 63,000 114,000
ハワイ(ホノルル) L 35,000 60,000
R 40,000 65,000
H 43,000 68,000
ニューヨーク・ロサンゼルス・シアトル L 40,000 75,000 150,000
R 50,000 85,000 150,000
H 55,000 90,000 165,000
パリ・ロンドン・フランクフルト L 45,000 80,000 165,000
R 55,000 90,000 165,000
H 60,000 95,000 180,000
シドニー L 37,000 65,000
R 45,000 75,000
H 50,000 80,000

 

JAL特典航空券の必要マイル数一覧表

すべて往復の特典航空券に必要なマイル数で、ディスカウントマイルではない通常期の必要マイル数をまとめています。

+ JAL特典航空券必要マイル数一覧表

路線/クラス エコノミー プレミアムエコノミー ビジネス ファースト
国内線(近距離) 12,000
国内線(中距離) 15,000
国内線(長距離) 20,000
韓国 15,000 36,000 60,000
中国・台湾等 20,000 30,000 48,000 72,000
タイ・シンガポール等 35,000 50,000 80,000 100,000
北米 50,000 65,000 100,000 140,000
ハワイ 40,000 60,000 80,000 100,000
オーストラリア 40,000 50,000 80,000  100,000
ヨーロッパ 55,000 70,000 110,000 160,000

 

必要マイル数比較まとめ

  • 国内線 → 互角
  • エコノミークラス → 互角
  • プレミアムエコノミークラス → JAL
  • ビジネスクラス → ANA
  • ファーストクラス → JAL
  • 【結論】大差はない

 

使う比較③:特典航空券以外の交換先

特典航空券以外の交換先は、ANAのほうが有利です。なぜなら1マイルから使うことができるから。また、提携ポイントも豊富で、Tポイントや楽天ポイントなどに交換可能です。

具体的に特典航空券以外の使い方をみていきましょう。

 

ANAマイルの主な交換先

特典 必要マイル数 内容
ANA SKY コイン 1~ ANA SKY コインへの交換
国際線アップグレード 12,000~ ANA国際線の座席アップグレード
スターアライアンスアップグレード 12,000~ 提携航空会社国際線の座席アップグレード
提携ポイントへの交換(Tポイントなど) 10,000~ 10,000円相当の提携ポイント
ANAカード会員限定特典 3,000~ 工場見学・コンサートなど
バニラエア特典航空券 5,000~ LCCのバニラエア片道特典航空券
ANAご利用券 10,000~ ANAご利用券への交換
ANAショッピングポイント 1~ ANAショッピング A-styleで1円分
ANAセレクション 10,000~ 商品と交換
レストラン・ホテル利用 10,000~ レストラン食事券・ホテル宿泊券へ交換

 

特に、ANA SKY コインは、1マイルから交換できるので使い勝手がとてもいいです!「1マイル=1円」としてANA航空券の購入やツアー旅行に使えます。

ANA SKY コインの使い方については、以下の記事が参考になります。

>>参考:ANA SKYコイン4つの使い方【使い道がない方へ対策も解説】

 

JALマイルの主な交換先

特典 必要マイル数 内容
e JALポイント 10,000 航空券購入代金などに充当できる電子クーポン 15,000円分
JALクーポン 10,000 航空券、ツアー旅行、ホテルで使えるクーポン 12,000円分
国内線クラスJ-eクーポン 3,000 2区間分のクラスJにアップグレード
JAL国際線アップグレード 片道 7,000~ JAL国際線の座席のアップグレード
WAONへの交換 10,000 WAON10,000円分に交換
提携先ポイントへの交換 3,000~ Pontaなどの他社ポイントに交換
JALとっておきの逸品 10,000~ ギフトと交換
JALミニマイル 2,000~ ギフトやクーポンに交換

 

ANAが1マイル=1ANA SKYコインに交換できるのに比べ、同じ電子クーポンのe JALポイントは最低交換単位が高めなのが残念。

e JALポイントについては,、以下の記事が参考になります。

>>参考:e JALポイントの貯め方と使い方【わかりやすく解説します】

 

必要マイル数比較まとめ

特典航空券以外の交換先は、1マイルから交換できるANAが有利!あとは自分が主にためているポイントでどっちがよいか決めるのがベストです。

  • 楽天ポイント、Tポイント → ANA
  • WAON、dポイント → JAL

 

マイルを「使う」の比較まとめ

これまでの比較をまとめます。

 

  • 特典航空券のとりやすさ →JAL
  • 必要マイル数 → 大差なし
  • 特典航空券以外の交換先 →ANA

 

このような感じ。もう一度比較結果をまとめておきますね。

 

特典航空券の取りやすさ比較まとめ

  • 国内線特典航空券 → どちらも同じ
  • 国際線特典航空券 → JALの方が断然取りやすい
  • 特にハワイ・ホノルル線 → JAL一択
  • 【結論】JALに軍配

 

必要マイル数比較まとめ

  • 国内線 → 互角
  • エコノミークラス → 互角
  • プレミアムエコノミークラス → JAL
  • ビジネスクラス → ANA
  • ファーストクラス → JAL
  • 【結論】大差はない

 

必要マイル数比較まとめ

特典航空券以外の交換先は、1マイルから交換できるANAが有利!あとは自分が主にためているポイントでどっちがよいか決めるのがベストです。

  • 楽天ポイント、Tポイント → ANA
  • WAON、dポイント → JAL

 

この3つで1番評価すべきは、やはり特典航空券の取りやすさです! マイルを使うなら特典航空券が1番お得です!よって、マイルの使いやすさJALに軍配!

 

ANAとJALマイルはこんな方におすすめ

ANAとJALマイルはこんな方におすすめ

単純に貯めやすいのはANAマイルですが、今度は、貯める人にフォーカスしておすすめを解説していきます。

改めてマイルを貯めるときのポイントをまとめておきますね。

 

  • マイルを貯めるならANAに軍配
  • マイルを使うならJALに軍配
  • ⇒なので、自分のタイプに最適なマイルを貯めるのがおすすめ!

 

上記の感じ。必ず覚えておきたいことは『貯める』『使う』どちらも重要だということ。

  • 『貯まらなければそもそも使えない』
  • 『貯まっても使えないと意味がない』

なのでどっちのマイルを貯めるのか決めるときは、貯まりやすさだけではなく、使いやすさも必ず検討するようにしましょう!

当ブログでは以下のように、おすすめする方(タイプ別)と理由をまとめています

 

ANAマイルを貯めるのがおすすめの方

おすすめな方 理由
かなり先の旅行の計画を立てられる方 特典航空券の予約開始と同時に座席を確保できる
特典航空券でたくさん旅行に行きたい方 ANAマイルは簡単、大量に貯められる(→後ほど詳しく解説)
主に国内線の特典航空券がほしい方 少ないマイル数で交換できる
飛行機に乗る機会が多くない方 クレジットカードでマイルを貯めやすい

 

JALマイルを貯めるのがおすすめの方

おすすめな方 理由
旅行の計画は直前か数か月前にならないと決められない方 JALマイルは使いやすい
ハワイ行き特典航空券がほしい方 ANAよりJALのほうが本数が多い
飛行機に乗る機会が多い方 飛行機への搭乗でボーナスマイルが貯まる
 どこでもいいからお得に国内旅行がしたい JALどこかにマイルがお得 

 

【実例】私がANAマイルから貯め始めた理由

私は初めて『マイルを貯めよう!』と思ったとき、同じようにANAとJALどちらのマイルを貯めようか悩みました。出した結論は、

 

ANAマイルです!
たかやん

 

一番の理由は、クレジットカードでマイルが貯めやすいからです。特に大きかったのが『ANAアメックスゴールドカード』。

マイルを貯めるのに大活躍したANAアメックスゴールド

 

このカードの発行で大量のANAマイルを貯めました。しかも・・・夫婦で2枚・・・。当時はANAアメックスゴールドを2枚発行するだけで、『120,000マイル』も貯めることができたんです!

では、その貯まった120,000マイルは何に使ったのか・・・疑問に思いますよね!?

 

ビジネスクラスで行くモルディブ新婚旅行に使いました!
たかやん

 

▼ANAビジネスクラス

ANAビジネスクラス

ハネムーン搭乗記念

 

▼ANAビジネスクラスの機内食

洋食

お酒も充実

 

▼シンガポール航空&タイ国際航空のビジネスクラスにも搭乗

シンガポール航空のビジネスクラス

タイ国際航空のビジネスクラス

 

▼モルディブ旅行を満喫

水上コテージからの海

モルディブリゾートのビーチ

 

シュノーケルも楽しみました!

ローカル島にも足を運びました。

こんな体験をしてしまったので、ANAマイルの魅力にどっぷりとハマってしまいました・・・。ANAマイラーデビューです。

こんな感じで私の場合はANAマイルから貯め始めました。今ではANAマイルをメインにしつつ、JALマイルも貯めています。

 

ちなみに、『ANAアメックスゴールドカード』ですが、今なら私が発行したとき以上のANAマイルが貯まるキャンペーン中!

ANAマイルを貯めたい方で、手っ取り早く貯めてビジネスクラスを体験してみたい方は以下の記事をチェックしてみてくださいね。

ANAアメックスゴールドを徹底解説!マイルを貯めるのにおすすめな5つの理由
ANAアメックスゴールドを徹底解説!マイルを貯めるのにおすすめな5つの理由

『ANAアメックスゴールドカード』は、ANAカードの中でも上位にランクインするクレジットカード。 クレジットカード情報サイトや、ブログなどでも数多く紹介されていますね。 ただ、正直なところ、、、 &n ...

続きを見る

 

貯めるマイルが決まったら、やっておきたいこと

ANAマイルかJALマイル。どっちのマイルを貯めるか決まったでしょうか?ここからは、どっちのマイルを貯めるか決まったあとにやるべきことを解説していきます。

 

  • マイルを貯める準備
  • マイルが貯まるクレジットカードの発行
  • マイルの貯め方の理解

 

※このあたりは、詳しい解説記事をご用意してます。関連リンクを貼っておきますのでご活用ください。

 

マイルを貯める準備

マイルを貯めるには、ANAなら『ANAマイレージクラブ(AMC)』、JALなら『JALマイレージバンク(JMB)』に入会する必要があります。

どちらも簡単に入会できるので、マイルを貯める前段階としてサクッと終わらせてしまいましょう!(詳しい入会方法は以下の記事をチェックしてみてください。)

ANAマイレージクラブ4つの入会方法
ANAマイレージクラブ4つの入会方法【失敗しないための注意点も】

  ANAマイレージクラブってどうやって入会するんだろう。おすすめの入会方法は?あと、入会のときの注意点も知りたいなぁ。   ANAマイレージクラブに入会しよう!と思っても、入会方 ...

続きを見る

JALマイレージバンク4つの入会方法
JALマイレージバンク4つの登録方法【おすすめの方法も解説】

JALマイルを貯めるためには、JALマイレージバンクへの登録が必須。 ですが、JALマイレージバンクの登録方法って、正直わかりにくい。 なので、   JALマイレージバンクってどうやって登録 ...

続きを見る

 

マイルが貯まるクレジットカードの発行

マイルを貯めるのにクレジットカードは必須ではありません。しかし、クレジットカードを発行しておくと、どんどんマイルが貯まります。

マイルが貯まりやすいおすすめクレジットカード(ANAカード&JALカードなど)は以下の記事で詳しく解説しています。

全種類の比較でわかった!マイルが貯まるおすすめANAカード7選
全種類の比較でわかった!マイルが貯まるおすすめANAカード7選【2019年12月版】

ANAカードっていろいろあるけど、どれがおすすめなんだろう。こうお悩みではありませんか?この記事では、ANAカードを数多く使ってきた私がおすすめの7枚をご紹介します。選び方で迷っている方必見です。

続きを見る

おすすめのJALカードはどれ?現役マイラーが8枚を激選
おすすめのJALカードはどれ?現役マイラーが8枚を激選【2019年最新版】

数多くの種類がある『JALカード』、その数なんと20種類以上! たくさんの中から、JALカードを選べるのはいいことでもあります。 しかし、   JALカードっていろいろあるけど、結局どれがお ...

続きを見る

 

マイルの貯め方の理解

マイルを貯める準備が整ったら、マイルの貯め方をマスターしておきましょう。『飛行機』『クレジットカード』以外でも、様々なシーンでマイルが貯まるようになります。

 

え、こんなことでも貯まるの!?
たかやん

 

こんな感じでコツコツとマイルを貯められるようになるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ANAマイルの貯め方とは【どれだけ貯まるかも解説】
ANAマイルの貯め方とは【どれだけ貯まるかも解説】

  ANAのマイルってどうやって貯めればいいんだろうか。貯め方を詳しく知りたいな。あとおすすめの貯め方も教えてほしいなぁ。   こういったお悩みを解消していきます。 ANAマイルの ...

続きを見る

JALマイルはこう貯める!【貯め方をわかりやすく解説します】
JALマイルの貯め方まとめ【基礎からすべてを知りたい方向けです】

JALマイルの貯め方がわからない。貯め方を教えてほしい。こうお悩みではないでしょうか?この記事では、JALマイルを貯める方法、さらにおすすめの貯め方まで詳しく解説!JALマイルを貯めたい方必見です。

続きを見る

 

たくさん貯めたい方には裏ワザ的な方法もあります

参考ですが、たくさん貯めたい方に向け裏ワザ的なマイルの貯め方を解説しています。この方法をマスターすれば、10万マイルくらいサクッと貯められるので気になる方はチェックしてみてくださいね。

【大公開】ANAマイルのおすすめの貯め方とは
現役マイラーが暴露!ANAマイルをザクザク貯めるたった1つの方法

ANAマイルのおすすめの貯め方は?こうお調べではありませんか?この記事では、年間30万以上のANAマイルを貯めるおすすめの方法を解説していきます!たくさんANAマイルを貯めたい方、必見です。

続きを見る

JALマイルのおすすめの貯め方。陸マイラーがコツを解説
マイラーが伝授!JALマイルをザクザク貯めるたった1つの方法

JALマイルのおすすめの貯め方って?このようにお調べではありませんか?この記事では、たくさんのJALマイルを貯めるおすすめの方法を詳しく解説しています。JALマイルを今よりもっと貯めたい方は必見です。

続きを見る

 

まとめ:ANAとJALマイル。自分に最適なものを貯めよう

まとめ:貯めるならANAマイルがおすすめ

2つの代表的なマイルにフォーカスし、どっちのマイルを貯めるのがおすすめか?を解説してきました。

改めて基本的な考え方をまとめると以下のとおりです。

 

  • マイルを貯めるなら:ANAマイレージクラブ
  • マイルを使うなら:JALマイレージバンク

 

これを踏まえ、各マイルプログラムはどういった方におすすめかを以下のようにまとめます。

 

ANAマイルを貯めるのがおすすめの方

おすすめな方 理由
かなり先の旅行の計画を立てられる方 特典航空券の予約開始と同時に座席を確保できる
特典航空券でたくさん旅行に行きたい方 ANAマイルは簡単、大量に貯められる(→後ほど詳しく解説)
主に国内線の特典航空券がほしい方 少ないマイル数で交換できる
飛行機に乗る機会が多くない方 クレジットカードでマイルを貯めやすい

 

JALマイルを貯めるのがおすすめの方

おすすめな方 理由
旅行の計画は直前か数か月前にならないと決められない方 JALマイルは使いやすい
ハワイ行き特典航空券がほしい方 ANAよりJALのほうが本数が多い
飛行機に乗る機会が多い方 飛行機への搭乗でボーナスマイルが貯まる
 どこでもいいからお得に国内旅行がしたい JALどこかにマイルがお得 

 

こんな感じですね。

よく使う航空会社や好きな航空会社も考えながら、自分に最適なマイルを貯めるようにしましょう!

 

ANAマイルやJALマイルを効率的に貯めるなら、クレジットカード(ANAカードやJALカード)は必須アイテム。もしもまだマイルが貯まるクレジットカードをお持ちでないなら、以下の記事をご覧になるのがおすすめです。

 

ANAマイルを貯めるのにおすすめなクレジットカード

全種類の比較でわかった!マイルが貯まるおすすめANAカード7選
全種類の比較でわかった!マイルが貯まるおすすめANAカード7選【2019年12月版】

ANAカードっていろいろあるけど、どれがおすすめなんだろう。こうお悩みではありませんか?この記事では、ANAカードを数多く使ってきた私がおすすめの7枚をご紹介します。選び方で迷っている方必見です。

続きを見る

 

JALマイルを貯めるのにおすすめなクレジットカード

おすすめのJALカードはどれ?現役マイラーが8枚を激選
おすすめのJALカードはどれ?現役マイラーが8枚を激選【2019年最新版】

数多くの種類がある『JALカード』、その数なんと20種類以上! たくさんの中から、JALカードを選べるのはいいことでもあります。 しかし、   JALカードっていろいろあるけど、結局どれがお ...

続きを見る

 

  • この記事を書いた人

たかやん@マイル先生

『マイル先生のブログ』の中の人です!陸マイラー歴5年。ANA&JALマイルを中心に大量のマイルを貯めてます。マイルの貯め方や使い方、旅行に関するお得な情報を発信中!\Follow Me!!/

-マイルの貯め方
-, ,

Copyright© マイル先生のブログ , 2019 All Rights Reserved.