ふるさと納税 コラム

ふるさと納税とは?お礼の品もマイルも手に入るお得な制度!

更新日:

https://www.mile-sensei.com

「ふるさと納税ってなに?お得なの?」

「ふるさと納税の仕組みがわからない。」

 

このようにお悩みではありませんか?

この記事では、ふるさと納税について、仕組みやお得さなどを詳しく解説していきます!

ふるさと納税という名前自体は有名だと思いますが・・・

  • 実際どうやってやるの?
  • 面倒くさそう・・・。

と感じ、やっていらっしゃらない方もいらっしゃると思います!

ふるさと納税は、陸マイラーとしてマイルを貯めていく上でも使える制度なので、今回詳しく解説していきます!

スポンサーリンク

ふるさと納税とは

では早速本題に入り、ふるさと納税について解説していきます!

ふるさと納税とは・・・

応援したい自治体を自分で選び寄附ができ、自分の収入などで決まる限度内で、寄附額から原則2,000円を除いた額が所得税・住民税から控除される制度

で、納税となっていますが、実際は「寄附」と「税額控除」です。

寄附金は、自然保護やまちづくり、子育て支援などに活用されます!

そして・・・ふるさと納税一番の醍醐味がお礼の品!

寄附額の控除に加え、寄附のお礼の品を送る自治体がほとんどです!

このお礼の品が豪華なので、ふるさと納税が一気に盛り上がりました!

ふるさと納税5つの特徴

次にふるさと納税の特徴を解説していきます!

ふるさと納税には5つの特徴があります!

  1. 寄付する自治体を選べる
  2. 使い道を指定できる
  3. 税金が控除される
  4. お礼の品がもらえる
  5. 複数の自治体から選べる

この5つです!それぞれ詳しく解説していきます!

寄附する自治体を選べる

”ふるさと”とあるので、自分のふるさとへの寄附しかできないのかというとそうではありません!

寄附する自治体は生まれ故郷に関係なく、好きな自治体に寄附できます!

使い道を指定できる

ほとんどの自治体で、寄附したお金の使い道を選ぶことができます!

具体例

ぜひこの街でも「子育て支援」に力を入れてもらいたい!と思う場合、使い道を「子育て支援」に指定することができます!

ほかにも「まちづくり」「環境保全」「震災復興」などさまざまさ指定が可能です。

自治体によっては使い道の選択ができない場合もあります。詳細は各自治体まで。

税金が控除される

ふるさと納税を行い、所定の手続きをした場合、寄附したお金の一部が、その年の所得税と翌年度の住民税から差し引かれて戻ってきます。

原則2,000円を超える部分が対象となります。

具体例

4万円の寄附をした場合、年収によっては合計3万8千円の税金が控除され、原則2,000円の負担で地域で地域を応援できる

控除は重要なポイントなので、後ほど詳しく解説します!

お礼の品がもらえる

ほとんどの自治体で、ふるさと納税へお礼として、地元の特産品や工芸品、名産品などを「お礼の品」として用意し、寄附してくれた方に届けています。

お米、肉、魚介類、果物などの食材、宿泊券やビールなどさまざまです。

複数の自治体から選べる

寄附先の数や金額、回数にも上限はありません!

ご自分の控除上限額内であれば、実質2,000円の負担で複数の地域を応援できます。

控除額計算の仕組み

寄附額の内、いくら所得税と住民税から控除されるかは、個人個人の状況によりかなり異なります!

控除の仕組みは、以下の画像の通りです。

(「ふるさと納税の仕組み | 総務省 ふるさと納税ポータル」より)

ふるさと納税額から自己負担2,000円を引いた額が控除額となり、所得税と住民税から控除されます。

所得税と住民税からの控除額は、以下のように計算されます。

①所得税からの控除 (ふるさと納税額-2,000円)×「所得税の税率」  
②住民税からの控除(基本分) (ふるさと納税額-2,000円)×10%
③住民税からの控除(控除分) (ふるさと納税額-2,000円)×(90%-所得税の税率)※この金額が、住民税所得割額の2割を超える場合は、特例分「(住民税所得割額)×20%」となります

計算方法を覚える必要は全くありません!

覚えておきたいことは・・・

  • 自己負担が2,000円であること
  • 控除には上限があること

この2つです!この2つさえ覚えておけば問題ありません!

ただ手当たりしだいに寄附をしても、控除される上限は決まっているので、自分の控除上限を知りたいですよね!

でも複雑な計算をするのは面倒・・・。なので、シミュレーションを活用しましょう!

ふるさと納税控除額の目安

ふるさと納税の窓口となっているWEBサイト、ポータルサイトでは、自分の年収などの情報を入力して、控除額の目安を計算してくれるサービスを行っています。

今回ご紹介するのは、ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」です!

鈴木奈々さんが出演されているCMで有名ですね!

さとふる

さとふるでは簡単に、控除額の上限の目安を調べることができます!

こちらのサイトを利用して、あらかじめ自分の控除額上限を調べておきましょう!

どれだけ控除されるのか

さて、次に1番気になる部分です!

仕組みはなんとなくわかったけどどれくらいお得なのか気になりますよね!?

個人の年収等の状況によって、控除額が異なるので、例をあげて解説していきます。

モデルケース

家族構成:共働き(フルタイム)の夫婦と、大学生1人、高校生1人の子供

年収(税込):500万円

このケースで考えてみましょう。

先ほど紹介した、ポータルサイト「さとふる」にある簡単シミュレーションを利用してみましょう!

さとふる公式<控除シミュレーション

(「簡単シュミレーション | ふるさと納税ポータル:さとふる」より)

計算してみるとこのようになりました。 結果、自己負担2,000円でできる寄附上限は「33,000円」となりました!

つまり、「33,000円」を自分の選んだ自治体に寄附することで、自己負担分2,000円は必要ですが、33,000円が所得税と住民税から控除されるということになります。

例えば、税金を10万円払う予定の場合は、控除によって税負担自体は67,000円で済むことになります。

これで終わってしまっては、自己負担の2,000円分損しただけとなります・・・。

もちろんそれだけでは終わりません!寄附した先の自治体からお礼の品がもらえます!

つまり!実質2,000円の自己負担で、寄附額に応じたお礼の品が貰えるという大変ありがたい制度です!

ふるさと納税はどれだけお得なのか

次に実際どれだけお得なのか、お礼の品をみていきましょう!

これまで紹介してきたシミュレーションサイトは「さとふる」という、寄附先やどんなお礼の品がもらえるかなどさまざまな情報を検索できるサイト、通称ふるさと納税ポータルサイトです!

そこで検索してみます!

左側のチェック欄で、お礼品カテゴリ「お米・パン」にチェックを入れてみます。

このような検索結果となりました。 お米を検索したのは人気の品だからです!

常温でも保管でき、腐りやすいものでもなく、日常的に消費するので、いくらあっても困らないからだと思います!

例えば、佐賀県唐津市に10,000円を寄附する際にこの品を選ぶと、後日自宅にこの品が配送されてきます。

アマゾンで調べると佐賀県産の夢しずく5kgは検索時点で「2,380円」で販売されていました。

15㎏もらえるので、7,140円分のお米をもらえることになります!

こういう形で、先ほどのモデルケースでは合計「33,000円」まで寄附しても、自己負担はたったの2,000円、さらにお米もお肉もお礼の品としてもらえるんです!

仮に佐賀県唐津市に3回繰り返して合計3万円分寄附すると、45kgものお米をたった2,000円の自己負担で手に入れているのと同じことになります!

45㎏をアマゾンで購入すると、なんと21,420円です!

ふるさと納税お得すぎます!!

ふるさと納税はポータルサイトから行うのが一般的

とってもお得なふるさと納税ですが、

 

早速やりたいんだけど、どこから行ったらいいの?

 

と疑問に思われるかもしれません。

ふるさと納税は、一般的に今回ご紹介したふるさと納税ポータルサイトから行います!

具体的にご紹介したのは、鈴木奈々さんのCMでも有名な「さとふる」です!

「さとふる」は多くの自治体の情報が掲載されており、お礼の品の検索もしやすいおすすめのポータルサイトです!

ぜひ活用してみてください!

陸マイラー的ふるさと納税!

ふるさと納税をするとき、ポイントサイトを経由することでポイントを貯める方法があります!

詳しくは以下の記事で解説していますのであわせてチェックしてみてください!

チェック!
陸マイラー的ふるさと納税!マイルが貯まる方法をご紹介します!

「ふるさと納税でお得にマイルが貯まる方法ってないかな。」   このようにお調べ中の方に向け、この記事では陸マイ ...

続きを見る

ただでさえお得なふるさと納税をもっとお得にできるおすすめの方法です!

まとめ

今回はふるさと納税について解説してきましたがいかがだったでしょうか。

ふるさと納税のおすすめポイントは5つです!

  1. 寄附する自治体を選べる
  2. 使い道を指定できる
  3. 税金が控除される
  4. お礼の品がもらえる
  5. 複数の自治体から選べる

ご自分の控除上限額内であれば、実質2,000円の負担で複数の地域を応援だけでなく、お礼の品がたくさんもらえます!

好きな自治体に寄附をすることができ、お礼の品を選ぶ楽しさもあります!

もちろん、私も毎年控除額上限くらいまで寄附しています!

正直こんなにお得な制度は活用しないともったいないです!どんどん活用していきましょう!

最後までご覧いただきありがとうございました!次回もぜひご覧ください!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たかやん

私は陸マイラーのたかやんです!ANA&JALマイルを中心に大量のマイルを貯めています。このブログでは、マイルの貯め方や旅行に関するお得な情報を発信中!

ブログランキング・にほんブログ村へ

RECOMMEND

1

この記事では、年間216,000以上のANAマイルを貯める方法を詳しく解説していきます!   「ANAマイルを ...

2

「ANAアメックスゴールドの特典やメリットってなんだろう。」 「発行でお得なキャンペーンはないかな・・・。」 &nbsp ...

3

「ハピタスとは一体なんだろう?」 「ハピタスのことをもっと知りたい!」   この記事では、ポイントサイト「ハピ ...

4

「JALマイルをたくさん貯めたい」 「おすすめの貯め方って?」   このようにお調べ中の方もいらっしゃると思い ...

5

「ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)のメリット・デメリットがわからない。」   このようにお悩みではあ ...

6

「SPGアメックスとは?」 「SPGアメックスの特典やメリットって?」   このようにお悩みではないでしょうか ...

-ふるさと納税, コラム
-

Copyright© マイル先生のブログ , 2018 All Rights Reserved.