旅行

もう迷わない!飛行機機内で快適に過ごせるおすすめの服装はこれ!

更新日:

今回は飛行機に乗るときのおすすめの服装について詳しく解説していきます!

飛行機に普段乗らない方はどんな服装がいいのか不安に思われるかもしれません!

私も初めての海外旅行ではとても不安に思った記憶があります!しかし、しっかりと事前に調べておけば不安は解消できます!

今回は私の経験から、フライト距離によってどんな服装がおすすめなのかを解説していきます!

スポンサーリンク

国際線中長距離

では早速本題に入り、おすすめの服装をご紹介していきます!まずは一番悩む方が多いと思われる国際線から解説します!

国際線は目的地によって気候が大きくことなる場合があったり、フライトが長時間になったりと、気にすることが多くなってしまいます。

現地で気持ちよく遊ぶために、快適なフライトにしたいですね!

男性おすすめの服装

夏ならハーフパンツで、夏以外はチノパンやスラックスなどがおすすめです!

夏は搭乗前も暑いですし、機内もそこまで寒くはありませんので、夏は動きやすく、下半身の圧迫がより少ないハーフパンツをおすすめします!

夏以外も基本的には動きやすく、下半身を圧迫しない服装であれば大丈夫です!

機内は空調がきいているので、チノパンやスラックスでも暑いと感じることはあまりないと思います!

このようなドレススラックスパンツでオシャレ感を出すのもおすすめです!

これなら、座っているときに下半身が圧迫されることもありませんし、下半身が寒いと感じることもあまりないと思います!

動きやすいし下半身も圧迫しない服装の中に、ジャージがありますが・・・ジャージはおすすめしません!

ジャージは確かに楽です。しかし、少しみっともない印象を持たれてしまうかもしれないので…。

「他の方にどう見られるかなんて気にしない!楽なのが一番!」という方はジャージでもいいかもしれません。

上着は重ね着が基本

上着は、夏ならTシャツやポロシャツがおすすめです!

しかし、機内は意外と寒いと感じる場合があるので、寒さ対策に長袖シャツや薄手のパーカーを持っておくとよいと思います!

春秋も、機内の温度は快適に保たれているので、Tシャツなどに調節用の上着で大丈夫です!

冬は長袖Tシャツや長袖シャツがおすすめです!

温度調節用で、パーカーや薄手のセーターやカーディガンを持っておくとよいと思います!

ちなみに同じパーカーでもフードが分厚いものはおすすめしません!

なぜなら、分厚いと座っているときフードが首にあたり、首まわりが疲れてくるからです。

意外と疲れるので注意が必要です!

女性おすすめの服装

ストレッチ素材・柔らかめの素材のズボンか、ロングスカートがおすすめ!

ストレッチ素材や柔らかめのズボンであれば、下半身を圧迫することがないため疲れにくいと思います。

また、普段、足にピッタリのズボンやスリムな服装をされる場合もあるかと思いますが、飛行機で長時間座っていること考え、座っていてもより着心地がよいものがおすすめです!

短めのスカートはあまりおすすめできません。下半身が冷えるとよくないので…。

妻もスカートならロングのものにしています。

上着は重ね着が基本

男性同様、上着は重ね着が基本です!

機内は意外と寒いと感じる場合があるので、寒さ対策に長袖シャツや薄手のパーカーやカーディガンを持っておくとよいと思います!

春と秋も、機内の温度は快適に保たれているので、Tシャツなどに調節用の上着で大丈夫です!

冬は長袖Tシャツなどの暖かい服装がおすすめです!

さらに温度調節用で、パーカーや薄手のセーターやカーディガンを持っておくとよいと思います!

機内の服装でのポイントは上着の重ね着

日本と現地との気温差や、機内の温度もその時々によって異なるので、上着の重ね着で温度調節をするのが基本です!

なので、上着は脱いだり着たりできるようにするほうがよいです!

長距離路線だと毛布が1枚用意されていることもありますが、薄いものである場合が多いのであまり期待しないほうがいいと思います!

また、追加で毛布をお願いしても、エコノミークラスだと1人1枚しか用意されていないため断られることもしばしばあります!

私も以前エコノミークラスで海外旅行に行ったとき、寒くて追加で毛布をもらえないか頼んだのですが、満席で予備がないため断われました…。

シンガポール航空だったと思います。

サービスがよいといわれているシンガポール航空でもこの対応だったので、なるべく自分で調節できるようにしておくことをおすすめします!

また、機内は夏でも冷える可能性があるので、長袖の羽織もの(カーディガンやパーカーなど)は必須だと思います!

ビジネスクラス利用ならカーディガンの貸し出しサービスも

ビジネスクラスを利用した場合、防寒着としてカーディガンを貸してくれる場合もあります。

例えば、ANAでは路線によってパーカーやパジャマの貸出しサービスを行っています。

私がビジネスクラスでシンガポールに行ったとき、少し寒いと感じたので、CAさんにお願いしてカーディガンを貸していただきました。

ビジネスクラス利用の場合は、自分で持って行かなくてもこのようなサービスを受けることができるのでとてもありがたいです!

エコノミーとビジネスクラスを比較!座席や値段・・・圧倒的な違いがあります

今回は国際線のエコノミークラスとビジネスクラスの差について比較します! ビジネスクラスと聞くとどんなことをイメージされる ...

国内線や近距離国際線

国内線や韓国・台湾などの近距離国際線であればフライト時間がそこまで長くないのでなんでもよいと思います!

なんでもよいですが、おすすめは国際線でご紹介させて頂いた服装が基本的におすすめです!

 
男性 Tシャツ・ポロシャツ・長袖シャツなど ハーフパンツ・チノパン・スラックスなど
女性 Tシャツ・長袖シャツなど ストレッチ素材のズボン・ロングスカートなど

国内線でも上着は重ね着がおすすめです!

ズボンやスカートなどは日本と目的地の気温のバランスで

日本と目的地の気候がそこまで変わらない場合は気にしなくてよいと思いますが、日本が夏なのに北半球の寒い国に行く場合など気温差が大きい場合は注意が必要です!

日本が夏でも目的地はかなり寒いので、ハーフパンツなどで行くと凍えます笑

この場合は、両方の気温バランスで選び、調節は上着の重ね着で行うことをおすすめします!

面倒でなければ、気候に合わせて着替えるのもよいかもしれません。

あまりおすすめしない服装

次はおすすめしない服装です!

ジーンズ

男女ともに、旅行にジーンズはよくある選択ですね。

しかし、例えば羽田伊丹間のような近距離路線でない限りジーンズはおすすめしません!

理由は、長時間フライトでジーンズをはいているとすごく疲れるから…。

長時間フライトの場合、同じ体勢がずっと続くので腰から太ももにかけて動きにくく圧迫感がある素材だと疲れてしまいます。

私は学生の頃、成田パリ間の10時間超えのフライトをジーンズで過ごし、すごく疲れた記憶があります…。

ジャージやスウェット

ジーンズは疲れるから、いくら楽だからといってジャージやパジャマやスウェットなどはおすすめしません。

確かに1番楽かもしれませんが、自宅ではなく、多くの方が搭乗する飛行機機内です!

身だしなみは整えるのがマナーだと私は思います。

英語がプリントされたTシャツ

比較的男性のTシャツに多いかと思いますが、海外旅行へ英語で文字がプリントされたもの着ていくのはあまりおすすめしません。

なぜかというと、あまりないとは思うのですが、万が一差別的なことや挑発的なことが書いてある場合は、絡まれたりする可能性があるためです!

注意しましょう!

日本では差別的・挑発的ではなくても海外ではそう受け取られる可能性もあると考えておきましょう!

日本でも見るような「恋人募集中!」といったような内容であれば笑い話程度になるかもしれません。

まとめ

今回は飛行機に乗るときのおすすめの服装について解説してきましたがいかがだったでしょうか。

おすすめの服装をざっとまとめると・・・

+ 機内でのおすすめの服装まとめ(クリックすると表示されます)

 距離 服  男性 女性
国際線中長距離 ズボンなど  

■夏ならハーフパンツで、夏以外はチノパンやスラックスなど

■夏は搭乗前も暑いですし、機内もそこまで寒くはありません!夏は動きやすく、下半身の圧迫がより少ないハーフパンツをおすすめします!

■夏以外も基本的には動きやすく、下半身を圧迫しない服装であれば大丈夫だと思います!

 

■ストレッチ素材・柔らかめの素材のズボンか、ロングスカート

■足にピッタリのズボンやスリムな服装よりも、座っていても着心地がよいものがおすすめです。

■短めのスカートはあまりおすすめできません。下半身が冷えるとよくないので…。

上着

■上着は、夏ならTシャツやポロシャツがおすすめです!

■機内は意外と寒いと感じる場合があるので、寒さ対策に長袖シャツや薄手のパーカーを持っておくとよいと思います!

■春秋も、機内の温度は快適に保たれているので、Tシャツなどに調節用の上着で大丈夫です!

■冬は長袖Tシャツや長袖シャツがおすすめです!

■温度調節用で、パーカーや薄手のセーターやカーディガンを持っておくとよいと思います!

■上着は重ね着が基本です!

■機内は意外と寒いと感じる場合があるので、寒さ対策に長袖シャツや薄手のパーカーやカーディガンを持っておくとよいと思います!

■春秋も、機内の温度は快適に保たれているので、Tシャツなどに調節用の上着で大丈夫です!

■冬は長袖Tシャツなどの暖かい服装がおすすめです!

■さらに温度調節用で、パーカーや薄手のセーターやカーディガンを持っておくとよいと思います!

 国内線・近距離国際線  

■国内線や韓国・台湾などの近距離国際線であればフライト時間がそこまで長くないのでなんでもよいと思います!

■なんでもよいですが、おすすめは国際線でご紹介させて頂いた服装が基本的におすすめです!

 

■国内線や韓国・台湾などの近距離国際線であればフライト時間がそこまで長くないのでなんでもよいと思います!

■なんでもよいですが、おすすめは国際線でご紹介させて頂いた服装が基本的におすすめです!

繰り返しになりますが、機内での服装の基本は上着の重ね着です!

機内はとても寒いことがあるので、温度調節ができるカーディガンやパーカーなどを持っていくことをおすすめします!

最後までご覧いただきありがとうございました!次回もぜひご覧ください!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たかやん

陸マイラーの「たかやん」が、マイルや旅行に関するお得な情報を発信していくブログです!陸マイラーの活動を続けており、ANA&JALマイルを中心に、大量マイルを貯めています! ブログランキングにも参加中!クリックで応援よろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

RECOMMEND

1

今回は大量のANAマイルが貯まる!おすすめのマイルの貯め方をご紹介します! マイルの貯め方といえば・・・ 飛行機に乗る ...

2

今回はANAアメリカン・エキスプレスゴールドカード(通称:ANAアメックスゴールドカード)のとても充実した特典&メリット ...

3

今回はポイントサイト「ハピタス」について、特徴やポイントの貯め方や使い方、活用方法などを詳しく解説していきます! ハピタ ...

4

今回は大量のJALマイルが貯まる!おすすめのマイルの貯め方をご紹介します! マイルの貯め方といえば・・・ 飛行機に乗る ...

5

今回はANAスーパーフライヤーズカードについて詳しく解説していきます! ANA スーパーフライヤーズカード(通称 ANA ...

6

今回は、クレジットカード「SPGアメックス」について詳しく解説していきます! SPGアメックス?正直あまり馴染みのないク ...

-旅行
-, ,

Copyright© マイル先生のブログ , 2018 All Rights Reserved.