海外旅行

徹底比較2019!海外旅行で使えるおすすめWi-Fiルーター3選

2018年4月19日

【結論】徹底比較2019!海外旅行で使えるおすすめWi-Fiルーター3選

海外旅行先での通信方法として有力なのがWi-Fiルーターをレンタルする方法です。

有力ですが、一方でWi-Fiルーターのレンタルサービス業者が多すぎるのも事実。

そのため、

 

どのWi-Fiルーターがおすすめなのかわからない。いくつかのルーターを比較して決めたい!

 

こう悩んでしまうのではないでしょうか。

私自身も、初めて海外旅行に行くときはWi-Fiルーターをレンタルしました。しかし、業者が多すぎてどれを選んだらいいのやら・・・。

そしていくつかのWi-Fiルーターを徹底的に比較して、料金・サポート体制・レンタル方法に優れた3社を発見しました!

 

この3社から選べば間違いない!
たかやん

 

この記事では、これまでWi-Fiルーターを使って海外旅行にたくさん行った経験がある

たかやん(@milesensei33)が、

 

おすすめのWi-Fiルーター3選を解説!その3社を横断的に比較していきます。
たかやん

 

この記事でわかること

  • 徹底比較2019!海外旅行で使えるおすすめWi-Fiルーター3選
  • 1か国で利用する場合のレンタル料金の比較
  • 周遊プランの料金の比較
  • Wi-Fiルーターの受取・返却方法・手数料の比較
  • Wi-Fiサービスのサポート体制の比較
  • 特におすすめWi-Fiルーターを1つ選ぶと?
  • そもそも海外用モバイルWi-Fiルーターとは?
  • Wi-Fiルーターを使うメリット&デメリット
  • Wi-Fiルーターはどんな方におすすめ?
  • 他の通信方法との比較

 

Wi-Fiルーターのレンタルサービスの中でも、料金プランがお得なおすすめ3社をご紹介し、比較していきます!

ご自分に最適で、一番お得なサービスを選ぶ参考にしていただければ幸いです。

 

通常料金よりも5%もお得なレンタル方法もご紹介するので、ぜひ最後までじっくりと読んでみてくだい。
たかやん

 

【結論】徹底比較2019!海外旅行で使えるおすすめWi-Fiルーター3選

【結論】徹底比較2019!海外旅行で使えるおすすめWi-Fiルーター3選

まずは結論から。海外旅行におすすめはWi-Fiルーターは以下の3つです。

 

 

通信速度、料金、サポート体制、受け取り方法など、他のレンタルサービスと比較しても総合的におすすめです。

ここからは,、

 

解説の流れ

  • それぞれのWi-Fiルータ―レンタルサービスの詳細を解説
  • 3つのサービスを横断的に比較
  • 3つの中でも特におすすめのもの1つをご紹介

 

この流れで解説していきます。ご自身にぴったりのWi-Fiルーターが見つかるので、ぜひ最後までじっくりと読んでみてくだい!

 

グローバルWi-Fiは料金・受取方法などバランスがとれている

まずは、料金や受取方法、サポート体制などのバランスに優れたグローバルWi-Fiからご紹介します。

 

グローバルWi-Fiの概要

事業者名 株式会社ビジョン
料金プラン 速度(4G LTE・3G)、容量(超大容量・大容量・通常)、日数によりさまざま
受取・返却空港・港 主要15空港(旭川、新千歳、仙台、羽田、成田、静岡、中部、新潟、小松、伊丹、関西、福岡、宮崎、鹿児島、那覇)
国内空港以外での受取方法 宅配・現地(ハワイ・韓国・台湾)
Wi-Fi受渡手数料 空港:500円、宅配:500円、現地(ハワイ・韓国・台湾):500円 ※すべて税抜
Wi-Fi返却手数料 空港:0円、宅配:実費負担、現地(ハワイ・韓国・台湾):0円
Wi-Fi返却期限 空港:帰国当日、宅配:帰国当日発送
延滞料金 レンタル料金×超過日数 ※事前連絡の有無で異なる場合あり
サポート体制 Eメール・電話・LINE・Skype(24時間年中無休)
支払い方法 クレジットカード

 

グローバルWi-Fiは、ビジョン株式会社が提供する海外用Wi-Fiルーターレンタルサービスです。

2014年と2016年にトリップアドバイザーのユーザーが選ぶモバイルWi-Fiで、見事1位に輝いています。

 

グローバルWi-Fiのおすすめポイント

グローバルWi-Fiのおすすめポイントは以下の2つ。

 

ココがおすすめ

  • ルーターを受け取りできる空港が多い
  • サポート体制が充実している

 

現在、日本の主要15空港にルーターの受け取り拠点があります。主要空港がほぼカバーされていて、空港で受け取り・返却できるため、とっても便利です。

他にもトラブルや問い合わせをしたい時のサポートも充実!24時間年中無休で対応してくれる上、Eメール・LINEチャット・電話・スカイプといったサポート方法も豊富です。

海外旅行では、

 

  • ネットにうまく接続できない
  • ルーター本体をなくしてしまった

 

などのトラブルに遭遇することも・・・。そんなときに体制が充実しているグローバルWi-Fiならしっかりとサポートしてくれます。

 

困ったときも安心ですね!
たかやん

 

グローバルWi-Fiは今ならお得なキャンペーン中!当サイト『マイル先生のブログ』の公式リンクからのご予約&ご利用で、利用料金1,000円割引&受け渡し手数料無料キャンペーンが適用されます!

>>【公式】グローバルWi-Fiの詳細をチェックする

 

ぜひお得なグローバルWi-Fiをチェックしてみてください!

 

CMでお馴染みのイモトのWi-Fi

次はイモトアヤコさんのCMでもお馴染みのイモトのWi-Fiをご紹介していきます。

 

イモトのWi-Fiの概要

事業者名 エクスコムグローバル株式会社
料金プラン 速度(4G LTE・3G)、容量(超大容量・大容量・通常)、日数によりさまざま
受取・返却空港・港 主要6空港(新千歳、羽田、成田、中部、関西、福岡)
国内空港以外での受取方法 宅配・本社(東京・渋谷)
Wi-Fi受渡手数料 空港:500円、宅配:500円、本社(東京・渋谷):0円 ※すべて税抜
Wi-Fi返却手数料 空港:0円、宅配:実費負担、本社(東京・渋谷):0円
Wi-Fi返却期限 空港:帰国当日、宅配:帰国翌日発送、本社:帰国後2日以内
延滞料金 2,000円(税抜)×延滞日数
サポート体制 Eメール・電話
支払い方法 クレジットカード

 

エクスコムグローバル株式会社が提供している大手の海外用モバイルWi-Fiルーターレンタルサービスです。

テレビ番組「世界の果てまでイッテQ!」でお馴染みの、イモトアヤコさんのCMが印象的で、ご覧になった方もいらっしゃると思います!

 

イモトのWi-Fiのおすすめポイント

イモトのWi-Fiのおすすめポイントは以下の2つ。

 

ココがおすすめ

  • Wi-Fiサービスが利用できる国が多い
  • サポート体制が充実している

 

2019年現在、世界200以上の国・地域で利用可能です。200か国以上もカバーできていると、ほぼすべての国でサービスが利用できます。

利用できる国が多いという強みを生かして、世界周遊、アジア周遊、ヨーロッパ周遊など2か国以上複数の国で利用できる便利なプランもあります。

 

周遊プランとは

2か国以上で利用する場合に、1台のルーターで通信可能なプランです。

 

サポート体制も充実していて、国際電話やメールで、24時間365日の無料サポートしてくれます。 海外でトラブルがあっても安心です!

>>【公式】イモトのWi-Fiの詳細をチェックする

 

Wi-Ho!(ワイホー)も利用実績多数あり

最後にWi-Ho!(ワイホー)をご紹介します!

 

Wi-Ho!の概要

事業者名 株式会社テレコムスクエア
料金プラン 速度(4G LTE・3G)、容量(無制限・1GB・大容量・通常)、日数によりさまざま
受取・返却空港・港 主要6空港(新千歳、羽田、成田、中部、関西、福岡)
国内空港以外での受取方法 宅配
Wi-Fi受渡手数料 空港:0円、宅配:0円※別途手配手数料500円(税抜)※宅配の場合、料金3,000円(税込)以上の利用で無料
Wi-Fi返却手数料 空港:0円、宅配:実費負担or着払いの場合1,000円(税抜)
Wi-Fi返却期限 空港:帰国当日、宅配:帰国翌日発送
延滞料金 レンタル料金×延滞日数
サポート体制 Eメール・電話
支払い方法 クレジットカード

Wi-Ho!(ワイホー)は、株式会社テレコムスクエアが提供している海外用モバイルWi-Fiルーターレンタルサービス。

延べ250万人以上が利用した大手のWi-Fiサービスです。

 

Wi-Ho!のおすすめポイント

Wi-Ho!のおすすめポイントは以下の2つ。

 

ココがおすすめ

  • 韓国周遊や台湾周遊、さらに世界周遊プランにおいて容量無制限プランがある
  • サポート体制が充実している

 

周遊プランは先ほど解説しましたが、そのプランに『容量無制限プラン』があるのがWi-Ho!(ワイホー)の特長。

「1日○○ギガまで」といった制限があると・・・

 

あとどれくらい通信しても大丈夫かな?

 

と気にしながら利用しないといけません・・・。しかし、容量無制限だと、いちいち通信量を気にせず快適に使えるメリットがあります。

容量無制限プラン以外にも、

 

  • 1Gプラン
  • 大容量プラン
  • 通常プラン

 

などもあり、使いたい容量に合わせてプランを選べるのもメリット。

他のレンタルサービス同様、サポート体制も充実していて、国際電話やメールで、24時間365日の無料サポートしてくれます。

>>【公式】Wi-Ho!(ワイホー)の詳細をチェックする

 

上記の公式リンクからのお申し込みで、海外用モバイルWi-Fiルーターレンタルがお得に利用できるのでお見逃しなく!

 

おすすめのWi-Fiルーターとポイントまとめ

Wi-Fiルーター おすすめポイント
グローバルWi-Fi ・ルーターを受け取りできる空港が多い
・サポート体制が充実している
イモトのWi-Fi ・Wi-Fiサービスを利用できる国が多い
・サポート体制が充実している
Wi-Ho!(ワイホー) ・韓国周遊や台湾周遊さらに世界周遊プランにおいて容量無制限プランがある
・サポート体制が充実している

 

ご紹介した3つは数あるレンタルサービスの中でも特におすすめ。安心のサービスが期待できます!

行き先・速度・容量・受取方法など少し違いもあるので、比較してご自身にぴったりのWi-Fiルーターを選びましょう。

 

ここからは、3つのWi-Fiルーターの料金・通信容量・受取方法などを横断的に比較していきます。
たかやん

 

海外旅行用おすすめWi-Fiルーター3つの比較

つぎは3つのWi-Fiルーターの料金や他の特徴を比較してみます!

比較するポイントは以下の4つ。

 

  1. 1か国で利用する場合のレンタル料金
  2. 周遊プランの料金
  3. Wi-Fiルーターの受取・返却方法・手数料
  4. Wi-Fiサービスのサポート体制

 

この4つのポイントです。

特に1、3、4は重要ポイントなので必ずチェックしておきましょう。2は2か国以上で利用したい場合のみでOK!

以下他のものと比較して優れている場合は青色で表記し、劣っている場合は赤色で表記します。

 

1か国で利用する場合のレンタル料金の比較

まずは1番気になるレンタル料金から比較していきます!比較するのは、1か国のみで利用する場合のレンタル料金(1日あたり)です!

 

ココに注意

1日あたり100円程度の差であっても、渡航日数が長くなればなるほど料金が大きく違ってきます。

 

各社レンタル料金一覧

 

 地域/事業者 グローバルWi-Fi イモトのWi-Fi Wi-Ho!
ハワイ・グアム・サイパン
ハワイ 970円 4G 980円 3G 750円 4G
グアム 970円 4G 980円 3G 980円 4G
サイパン 970円 3G 980円 3G 980円 3G
北アメリカ
アメリカ本土  970円 4G 980円 3G・1,580円 4G 750円 4G
カナダ  970円 3G・1,270円 4G 980円 3G 850円 4G
ヨーロッパ
フランス  970円 3G・1,270円 4G  980円 3G・1,580円 4G 850円 3G
イタリア 970円 3G・1,270円 4G 980円 3G・1,580円 4G 970円 3G
イギリス 970円 3G・1,270円 4G 980円 3G・1,580円 4G 850円 3G
スペイン 970円 3G・1,270円 4G 1,280円 3G 850円 3G
東アジア
台湾 670円 3G・970円 4G 680円 3G・1,280円 4G 590円 3G
韓国 670円 4G 680円 4G 750円 4G
中国 670円 3G・970円 4G 680円 3G・1,280円 4G 680円 3G
香港 670円 4G 680円 3G・1,280円 4G 680円 4G
東南アジア
シンガポール 670円 3G・970円 4G 980円 3G・1,580円 4G 680円 3G
タイ 670円 3G・970円 4G 680円 3G・1,280円 4G  680円 3G
マレーシア 770円 4G 680円 3G 590円 4G
インドネシア 670円 3G 980円 3G1,580円 4G 680円 3G
ベトナム 670円 3G 980円 3G 390円 3G
カンボジア 300円 3G 980円 3G 850円 3G

 

※価格はこまめにチェックして更新していますが、最新のものは公式サイトでご確認ください!その他の国々についても公式サイトで料金のご確認をお願いいたします。

 

周遊プランの料金を比較

次に周遊プランを比較していきます。周遊プランとは、1つのWi-Fiルーターを持っていれば、複数の国で通信ができるサービスのことです。

各周遊プランは、グローバルWi-Fiが安く提供しています。ただ、世界周遊プランの場合、Wi-Ho!のほうが料金が安くなっていますね。

行き先 グローバルWi-Fi イモトのWi-Fi Wi-Ho!
アメリカ周遊 970円~
アジア周遊 970円〜 1,280円~ 980円~
ヨーロッパ周遊 1,180円〜 1,280円~ 1,180円~
世界周遊 1,980円〜 1,580円~ 1,380円~

※1日あたり料金

Wi-Fiルーターの受取・返却方法・手数料の比較

Wi-Fiルーターの受け取りには手数料がかかると思っていただいて大丈夫です。

受け取りの手数料では各社大差はなく、500円程度かかります。受取方法の種類は、3つの中だとグローバルWi-Fiの種類が多く充実しています!

  グローバルWi-Fi イモトのWi-Fi Wi-Ho!
Wi-Fi受取手数料 空港:500円、宅配:500円、現地(ハワイ・韓国・台湾):500円 ※すべて税抜 空港:500円、宅配:500円、本社(東京・渋谷):0円 ※すべて税抜 空港:0円、宅配:0円※別途手配手数料500円(税抜)※宅配の場合、料金3,000円(税抜)以上の利用で無料
受取可能空港 主要15空港(旭川、新千歳、仙台、羽田、成田、静岡、中部、新潟、小松、伊丹、関西、福岡、宮崎、鹿児島、那覇) 主要6空港(新千歳、羽田、成田、中部、関西、福岡) 主要6空港(新千歳、羽田、成田、中部、関西、福岡)
Wi-Fi返却手数料 空港:0円、宅配:実費負担、現地(ハワイ・韓国・台湾):0円 空港:0円、宅配:実費負担、本社(東京・渋谷):0円 空港:0円、宅配:実費負担or着払いの場合1,000円(税抜)
Wi-Fi返却期限 空港:帰国当日、宅配:帰国当日発送 空港:帰国当日、宅配:帰国翌日発送、本社:帰国後2日以内 空港:帰国当日、宅配:帰国翌日発送
延滞料金 レンタル料金×超過日数 ※事前連絡の有無で異なる場合あり 2,000円(税抜)×延滞日数 レンタル料金×延滞日数
空港以での受取方法 宅配・現地(ハワイ・韓国・台湾) 宅配・本社(東京・渋谷) 宅配

 

このように比較していくと、グローバルWi-Fiがトータルでサービスがよく、1番おすすめです。

グローバルWi-Fiのデメリットは宅配の返却期限期限がかなり短いということ。宅配だと帰国当日発送をしなければならないため、長時間の飛行機で疲れた後に発送の手続きをするのは少し面倒です。

 

サポート体制の比較

最後に重要なサポート体制を比較していきます!サポート体制も非常に重要で、困ったときに助けになってくれる存在であってほしいですよね!

  グローバルWi-Fi イモトのWi-Fi Wi-Ho!
サポート対応 Eメール・電話・LINESkype Eメール・電話 Eメール・電話

 

このように比較すると、グローバルWi-Fiのサポート体制が充実していますね!無料のLINEやSkypeでサポートしてくれるのはとてもありがたいです!

 

1番おすすめなレンタルサービスは『グローバルWi-Fi』

3つおすすめのレンタルサービスをご紹介し、各社のサービスも比較しましたが、1番のおすすめはグローバルWi-Fiです。

その理由は・・・

 

  • 受け取りできる空港が多い
  • 料金が安い
  • サポート体制が充実している

 

この3つがポイントです!今回比較した3つのサービスの中では、受取可能空港が多く、サポート体制もかなり充実しています!

グローバルWi-Fiは今ならお得なキャンペーン中!当サイト『マイル先生のブログ』の公式リンクからのご予約&ご利用で、利用料金1,000円OFF&受渡手数料が無料になります。

>>【公式】グローバルWi-Fiの詳細をチェックする

 

ぜひお得なグローバルWi-Fiをチェックしてみてください!グローバルWi-Fiのレンタル方法は以下の記事でも解説しています。

もしレンタル方法で迷ったらご活用ください。

画像で解説!海外旅行用モバイルWi-Fiルーターのレンタル方法

海外旅行で使うモバイルWi-Fiルーターにしたいけどレンタル方法がわからない。 どこでどうやってレンタルすればいいんだろう・・・。   この悩み、解決します!   この記事の内容 ...

続きを見る

 

モバイルWi-Fiルーターをレンタルするなら、事前の下調べが重要

海外旅行では何事も下調べが大切。海外用モバイルWi-Fiルーターを借りる場合も、

 

  • どのサービス業者がお得か
  • どのサービス業者が安心か
  • どういったメリット&デメリットがあるのか

 

といったことを把握していくことが大切です。下調べせず海外用モバイルWi-Fiルーターをレンタルしてしまうと・・・

  • 料金が高くなりすぎた
  • 盗難などのトラブルに遭遇した場合、補償してくれない

こういったトラブルに遭遇してしまうかもしれません。

その点では、今回ご紹介した3社はどれも安心できるといってもOK!なぜなら料金は業界最安値のものも多く、なによりサポート体制が充実しているからです。

 

各社のサポート体制

  グローバルWi-Fi イモトのWi-Fi Wi-Ho!
サポート対応 Eメール・電話・LINE・Skype Eメール・電話 Eメール・電話

 

もう一度各Wi-Fiルーターレンタルサービスの詳細を確認したい場合は、下記リンクをクリックorタップすると、記事内の該当箇所にジャンプします。

ぜひもう一度比較して、ご自身にぴったりのサービスを見つけてくださいね!

 

 

おすすめの海外用モバイルWi-Fiルーターを3つご紹介しましたが、ここからはより踏み込んで、、、
たかやん

 

  1. そもそも海外用モバイルWi-Fiルーターとは?
  2. 海外用モバイルWi-Fiルーターを使うメリット・デメリット
  3. どんな方におすすめ?
  4. 他の通信方法との比較

 

この4つを解説していきます。モバイルWi-Fiルーターのレンタルって実際どうなの!?と感じた方は読み進めてみてください!

 

そもそも海外用モバイルWi-Fiルーターとは?

 

そもそも海外用モバイルWi-Fiルーターとはなにか?を簡単に解説しますね。

海外用モバイルWiFiルーターとは、海外旅行先で自分のスマホやパソコンをインターネットに接続するための小型端末のことです。(※上記に見本の写真を載せておきました。)

 

1つあれば、同時に何台ものスマホやパソコンでインターネットが利用可能に!しかも、申込み・受取り・設定といった面倒な作業は日本で済ませるので、、、

 

現地の言葉が話せなくても、インターネットが利用できるようになります!
たかやん

 

なぜ通信できるの?

モバイルWi-Fiルーターと通信基地局間が接続され、スマホとモバイルWi-Fiルーター間が接続され、通信が可能となります。

ちょうど上記のイメージで、スマホとインターネットの間にモバイルWi-Fiルーターが入って通信しています。

現地の通信基地局と接続されるため、日本で使っているモバイルWi-Fiルーターは使用できず、海外用に設定済みのものをレンタルして持っていくことになります。

 

海外用モバイルWi-Fiルーターをレンタルする6つのメリット

つぎに、Wi-Fiルーターをレンタルするメリットを解説していきます。まずはざっとメリット6つを一覧でまとめておきますね。

 

  1. 通信速度が速い
  2. ルーターが1つあれば複数の端末で通信可能(シェアすれば一人あたりの料金も下がる)
  3. 移動性がある
  4. セキュリティも安心
  5. 日本で端末を受け取るので安心
  6. 接続設定が楽

 

通信速度が早い&複数端末で利用可能

基本的には通信速度が速いと考えてOK。モバイルWi-Fiルーター1台で複数の端末で通信ができるので、何人かで一緒に旅行する場合はシェアして使うことも可能です。

渡航先やサービス会社によって異なりますが、1日あたり1000円程度からレンタルが可能。

 

例えば・・・

4人グループで旅行をするなら、4人で1台だけレンタルすれば、ひとりあたりの負担はその総レンタル量の4分の1で済みます。

 

私の体験談です。大学の卒業旅行でフランスに行きました。そのときに利用したのが、海外用モバイルWi-Fiルーターでした。

グループ8人くらいでシェアしたので、一人当たりの料金は低め。通信速度も問題なしです。

 

移動性がある

移動性があるとは、フリーWi-Fiスポットのような限られた場所でしか利用できないのではなく、移動しても問題なく使えるということです。

比較対象としてフリーWi-Fiスポットを考えていきましょう。この場合は、スポットが固定され、電波が届くエリアが限られてしまうため、移動中は通信できませんね。

 

具体例

空港では使えても、空港のフリーWi-Fiスポットから離れバスで移動するときは使えないということです。

 

この点モバイルWi-Fiルーターは安心ですね。通信の拠点となるスポット(ルーター)を携帯しているので、移動中も電波が届き通信が可能です。

 

セキュリティも安心

セキュリティも安心です。なぜなら、モバイルWi-Fiルーターを通じての通信となるため、利用しか知らないパスワードを入力しないと使えないからです。

通信方法もセキュリティが高いものを使っているので安心して使うことができます。

 

これもフリーWi-Fiスポットとの違いとなりますが、フリーWi-Fiは基本的に誰でも利用することができます。

そうすると、、、もし利用者の中に悪意を持ったユーザーがいた場合、重要な情報を盗まれるといった事態になる可能性もありますね・・・。

 

日本で端末の受け取り&設定を済ませるので安心

申し込みと端末の受け取りは日本で済ませておくので、現地の言葉を話せなくてもすぐに利用可能。通信のための設定はすでにされており、海外旅行先で複雑な接続設定は不要です。

 

海外旅行先に到着したら

  • モバイルWi-Fiルーター本体に書いてあるWi-Fi名とパスワードを入力
  • 最初に一度だけスマホとモバイルWi-Fiルーターの接続

 

上記2つの手順だけでOKです。楽しい旅行中に、

  • 細かく設定を変える
  • 再度接続設定を行う

といった面倒な作業が不要です。使い方がわからなくて不安!といった場合でも、レンタルの時にスタッフさんに相談できるのでより安心して使えます。

 

海外用モバイルWi-Fiルーターをレンタルする4つのデメリット

つぎに、Wi-Fiルーターをレンタルするデメリットを解説していきます。メリットばかりではないのでここは正直にお伝えします。

まずはざっとデメリット4つを一覧でまとめておきますね。

 

  1. モバイルWi-Fiルーターを失くすリスク
  2. グループ利用の場合離れると通信できない
  3. こまめに充電を気にする必要がある
  4. サービス会社との契約が必要

 

モバイルWi-Fiルーターを失くすリスク

旅先中はスマホやパソコンだけでなく、一緒に小型のモバイルWi-Fiルーターを持ち歩かなければならず、当然失くすリスクがあります。

このデメリットは事前の準備でカバーしましょう!

 

おすすめの事前準備

モバイルWi-Fiルーターの盗難、紛失、破損などの危険性があるので、補償プランによって1日200~1,000円程度費用はかかりますが、オプション保険に入っておく

 

グループ利用の場合、離れると利用できない

グループで1台だけレンタルした場合、『別行動をすると全員での利用ができない』ということにも注意が必要です。

 

おすすめの対策メモ

グループで必ず一緒に行動するようあらかじめ決めておくか、フリーWi-Fiを使うなどの対策を検討しておく

 

こまめに充電を気にする必要がある

モバイルWi-Fiルーターも充電が必要なので、毎日充電しなければなりませんね。スマホ充電も、ルーターの充電も気にしないとならなくなります。

旅行中はなかなか充電できず、途中でモバイルWi-Fiルーターの充電がなくなってしまうこともあるかもしれません。意外とすぐに充電がなくなります・・・。

 

おすすめの対策メモ

充電を忘れないようするか、モバイルバッテリーを持ち歩く

 

サービス会社との契約が必要

通信サービスを利用するので当たり前なのですが、多く手の手続きが必要です。

  1. 事前にサービスを提供している会社に申込む
  2. 海外旅行前にモバイルWi-Fiルーターを借りる
  3. 帰国後モバイルWi-Fiルーターを返却する

このような一連の手続きが必要。

また、レンタルの申し込みや空港での受け取りで少しだけ手間がかかることなどもデメリット。空港でモバイルWi-Fiルーターを受け取る場合、レンタルする時間も考える必要があります。

 

おすすめの対策メモ

空港で受け取る場合は早めの到着を心がけましょう。

 

以前ご紹介したおすすめの空港到着時間に、プラス15分くらい余裕を持たせるとベスト!気になる方はあわせてチェックしてみてくださいね。

何分前がベスト!?国際線飛行機に乗る場合の空港到着時間

「国際線飛行機に乗る場合、何分前までに空港に到着すればいいだろう。」 「ギリギリの時間って何分前?」   このようにお悩みではありませんか? この記事では、国際線飛行機に乗る場合の空港到着時 ...

続きを見る

 

海外用モバイルWi-Fiルーターはどんな方におすすめ?

海外用モバイルWi-Fiルーターがおすすめの方は以下の3パターンです。

こんな方におすすめ

  • 海外でも頻繁にスマホを使いたい
  • 何人かのグループで旅行する
  • 通信速度が速くないとストレスが溜まる

 

特に持ち運び可能なルーターの電波が届けば、高速通信が可能な点がとても魅力的です。料金やルーターの盗難など不安な点もありますが、対策をすれば問題ありません。

1番のメリットは、通信速度の速さです。なので、海外旅行先でも頻繁にスマホを使いたい、かつストレスなく使いたいという方におすすめ!

また、何人かでシェアして使うことも可能なので、グループでの旅行に最適です!何人かでシェアすれば、一人当たり料金を少なくすることができます。

 

他の通信方法との比較

Wi-Fiルーターをレンタルするときは、他の通信方法との比較をしておくと失敗がなくなります。『料金』『設定方法』『サポート』などを比較した上で選ぶことができるからです。

具体的に比較していく通信方法は以下の4つ。

 

  1. 現地のフリーWi-Fi(ワイファイ)を利用する
  2. モバイルWi-Fiルーターを利用する
  3. 各キャリアの海外パケット定額プランを利用する
  4. 現地通信会社のSIMカードを利用する

 

この記事でモバイルWi-Fiルーターのことは解説しているので、主に1と3と4について解説します。ちなみに、1と2はWi-Fiを利用し、3と4は携帯電話回線を利用する方法です。

基本はこの4つの中から、海外旅行先でスマホをどう使うのか、コストはどれくらいに抑えたいかを考えて選びましょう。

 

  • 常に高速通信でインターネットを使いたい
  • ホームページが閲覧できればいい
  • 安全性の確保は絶対できるだけコストがかからないほうがいい

 

自分の希望に合わせて選ぶのがおすすめです!
たかやん

 

現地のフリーWi-Fiで通信する方法

まずは、現地のフリーWi-Fiを利用する方法から解説していきます!現地の無料Wi-Fiスポットを利用し、スマホで通信することになります。

 

メリット

フリーWi-Fiは、無料で利用できる点が、最大のメリット。日本でも、マクドナルドやスターバックスコーヒーなどで無料のWi-Fiが使えるのと同じです!

  • 接続さえすればすぐに使えるもの
  • 空港などのインフォメーションデスクに尋ねれば、無料で接続パスワードを教えてくれるもの

などがあります。とにかく海外旅行の費用を抑えたい!という方にはおすすめの通信方法です。

 

デメリット

一方で、デメリットももちろんあります。

  • Wi-Fiスポットが整備されている場所でしか使うことができない
  • 基本的に誰でも簡単に利用できるので、セキュリティには不安がある

この2つ。使いたいと思ったときに使えない場合があり、セキュリティ面でも少し不安です。

事前にどこなら使えるのか調べておくこと、通信機器のセキュリティ対策をしっかりしておくことをおすすめします。

 

こんな方におすすめ

通信速度やセキュリティ面を気にせず、海外旅行ではインターネットをほとんど利用しないのでとにかくコストを抑えたいという方には十分です!

こんな方におすすめ

  • あまりネットを利用しない
  • 通信にコストをかけたくない
  • セキュリティはあまり気にならない

 

携帯電話会社の海外パケット定額を利用して通信する

NTTドコモ、au、ソフトバンクなどの携帯電話会社(キャリア)が提供する、海外専用通信サービスを利用する方法です。

 

メリット

メリットは、普段と同じような環境で、海外旅行先でも通信ができることです!モバイルWi-Fiルーターを持ち歩き、Wi-Fi接続する必要はありません。

また、さまざまなプランが用意されており、1日単位の定額サービスもあります!自分の使い方に最適なプランが利用できますね。

 

デメリット

デメリットは、料金の高さ。大手キャリアのサービスを利用することになるため、料金がかなり割高です・・・。

  ドコモ au ソフトバンク
名称 海外パケ・ホーダイ 海外1dayパケ 海外ダブル定額 海外パケットし放題
料金 1日で最大2,980円 24時間で980円~ 1日で最大2,980円 1日で最大2,980円

 

またグループでシェアしたい場合も、サービスを契約した方がテザリングを行わないとダメなので不便かもしれません。

 

こんな方におすすめ

メリットもデメリットもありますが、携帯電話会社(キャリア)が提供する、海外専用通信サービスを利用する方法は、手軽さを求める方におすすめです。

こんな方におすすめ

  • 国内と同じように、手軽にスマホ使いたい
  • 旅行中の特定の日だけ使えればいい
  • 面倒な手続きはやりたくない

 

海外旅行先のSIMカードを利用して通信する方法

現地の通信事業者のSIMカードを購入し、スマホのSIMカードを差し替えて利用する方法です。

 

メリット

メリットは、割安な料金で通信環境もよく、SIMカードを差し替えるだけで普段の通信環境とほぼ同じように使えること。

また、大体はプリペイド式であらかじめ通信量が決まっているため、使い過ぎによる高額な請求の心配はいりません!

 

1日定額ではなく、あらかじめ通信量が決まっているため、長めの旅行をする場合におすすめ!
たかやん

 

デメリット

デメリットは以下の2つです。

  • SIMフリースマホを用意しなければならない
  • 海外旅行先の現地キャリアに対応したSIMカードを準備する必要がある

ただSIMフリースマホについては、SIMロック解除ができればクリアできますし、SIMカードは海外旅行先の空港で簡単に買えます!

ちょっとハードルが高いのが、現地でSIMカードを挿入して設定する必要があること。

 

こんな方におすすめ

他の通信方法よりも難しいかもしれませんが、この方法が1番割安です。特にSIMフリースマホを持っている方はぜひこの方法で通信しましょう。

こんな方におすすめ

  • SIMフリースマホを持っている
  • 旅行期間が長め
  • 頻繁に海外に行く

 

私の体験談

私は、シンガポール旅行に行ったときに海外通信事業者「Singtel」のSIMカードを利用しました。購入は空港で行い、SIMカードを差し替え。

問題なく使用でき、通信速度も良好です。料金は、1,500円もしませんでした。5日間利用でき、通信量はたしか2GBくらい。通常の旅行であればこのくらいで全く問題ありません!

 

海外旅行先でのスマホ通信方法4つの比較まとめ

4つの通信方法をご紹介しましたが、まずはざっとそれぞれの特徴やメリット・デメリットを一覧でまとめておきます!

  フリーWi-Fiスポット 海外用モバイルWi-Fiルーター 携帯電話会社の定額サービス 現地通信事業者SIMカード
料金 ×
通信速度
移動性 ×
複数名での利用
準備の手軽さ
セキュリティ ×

 

このように、4つそれぞれでメリット・デメリットは様々です!これらを把握した上で、自分のスマホ使用スタイルに合った通信方法を選ぶのが賢い選択です。

 

まとめ:海外旅行にWi-Fiルーターのレンタルはおすすめ!

今回はおすすめの海外用モバイルWi-Fiルーターレンタルサービスを3つご紹介しましたがいかがだったでしょうか。

改めておすすめのWi-Fiルーターをまとめます。(※もう一度詳細を確認したい場合は、下記リンクをクリックorタップすると、記事内の該当箇所にジャンプします。)

 

 

海外旅行先での通信環境の確保は今や当たり前になりましたね!ネットが使えると、SNS、メールやLINEをしたり、マップで現在地を調べたり、観光地やレストランを調べたりできるので便利です!

 

たくさんのサービスがあるのでどれを選んだら良いのか迷ってしまうかもしれません。
たかやん

 

あえておすすめを1つ選ぶとすれば『グローバルWi-Fi』です。しかし、今回ご紹介した3つのWi-Fiレンタルサービスはどれもお得でおすすめです。

なぜなら、料金が割安な上、サポート体制がとても充実しているから。ただでさえ不安な海外旅行なので、スマホの通信環境は安心なものを選んでおきましょう!

>>【公式】グローバルWi-Fiの詳細をチェックする

>>【公式】イモトのWi-Fiの詳細をチェックする

>>【公式】Wi-Ho!(ワイホー)の詳細をチェックする

 

ご自分に合ったレンタルサービスを探すための参考にしてみてください。最後までご覧いただきありがとうございました。

-海外旅行
-, ,

Copyright© マイル先生のブログ , 2019 All Rights Reserved.