旅行 海外旅行

海外旅行保険は必要か!?入る?入らない?まずは補償項目や内容を把握しよう!

更新日:

https://www.mile-sensei.com

今回は海外旅行保険は必要か!?を考えるときに大切な補償項目や内容について解説していきます!

初めての海外旅行!海外旅行保険には入るべき?どんなものなの? と悩む方もいらっしゃると思います・・・。

今回は、その悩みを解消するため、海外旅行保険の内容、補償項目などを詳しく解説していきます!

スポンサーリンク

海外旅行保険は必要か!?入る?入らない?

海外旅行保険は必要か、入らないで海外に行っても大丈夫か、まずはこの悩みがあると思います。

私は・・・

海外旅行保険には必ず入るべき

だと思います!理由は簡単です!もし万が一の事故・病気が発生した場合、人生を大きく狂わせてしまうようなお金が必要になる場合があるからです・・・。

海外旅行保険は様々なリスクを補償してくれる安心の保険です!補償項目や内容を詳しく解説していきます!

主な補償項目の必要金額はこちらで解説していますので併せてチェックしてみてください!

海外旅行保険の補償金額っていくら必要か?おすすめの額をご紹介します!

今回は海外旅行保険で必要な補償金額についてご紹介します! 海外旅行保険、いくら補償されるものに加入すればいいか悩むと思い ...

海外旅行を安心に!海外旅行保険とは?

海外旅行保険とは、外国を旅行中にトラブルや事故に遭遇したとき、負ってしまった責任(金銭)について補償してくれる保険のことです。

ケガの補償だけでなく、病気の補償、物の盗難や破損の補償など、海外旅行中に起こると怖い各種リスクに対応した保険です!

海外旅行保険でカバーしてくれる補償って?

海外旅行保険の概要を解説しましたので、次は具体的にはどんな補償をしてくれるのか、主な内容を解説していきます!

主な補償項目と内容

まずはざっと補償項目と内容を一覧で解説します!

+ 主な補償項目と内容(クリックすると表示されます)

補償項目 内容
疾病治療費用 病気で病院にかかった場合の治療費を補償
傷害治療費用 ケガで病院にかかった場合の治療費を補償
救援者費用  旅先でケガや病気で入院し、日本から家族などを呼び寄せた場合、その交通費や滞在費などを補償
傷害死亡・後遺障害 ケガで死亡または後遺障害を負った場合に補償
疾病死亡・後遺障害 病気で死亡または後遺障害を負った場合に補償
個人賠償責任 誤って他人の身体や物を傷つけてしまった場合、その損害賠償金を補償
携行品損害  スマホ、カメラなど身の回りの物が盗難に遭ったり壊れたりした場合に補償
航空機寄託手荷物遅延費用  手荷物の到着が遅れたために身の回り品を購入した場合、その費用を補償
航空機遅延費用  飛行機が遅れたために宿泊代や食事代がかかった場合、その自己負担分を補償
偶然事故対応費用 偶然の事故に巻き込まれたために別途自己負担した費用を補償

いかがでしょうか?

ざっと主な項目と概要を一覧にしましたが、ケガや病気、物の盗難や破損、航空機のトラブルなど、海外旅行に関わるさまざまなリスクを対象に補償してくれるのがわかります!

では次に具体的な内容について解説していきます!

疾病・傷害治療費用

まずは海外旅行保険で1番重要な疾病・傷害治療費用についてです!

保険会社の調査でも、海外旅行保険のなかで最も請求が多いのが病気やケガに関するトラブルとなっています。

  • 長旅の疲れからか、気候の変化や飲食物の違いなどで体調を崩してしまう
  • また慣れない環境のため、転んで怪我をしてしまう

こういった方は意外と多いようです。そうなると病院に行く必要がでてきますが、海外の医療事情は日本と異なる上、健康保険も使えません・・・。

なので、救急車を呼んだだけでも何万円、少し入院しただけで何百万、それに手術も行うとさらに何百万円もかかってしまいます・・・。

ジェイアイ傷害火災保険の海外旅行保険事故データから抜粋して事例をご紹介すると・・・

国・都市 事故の内容 治療・救援費用
ハワイ ホノルル空港到着後に発熱があり受診。肺炎・敗血症と診断され9日間入院。家族が駆けつける。 897万円
ハワイ ディナークルーズで食事を喉に詰まらせ救急車で搬送。食物の誤嚥と診断され3日間入院。家族が駆けつける。 372万円
アメリカ 体のだるさを訴え受診。くも膜下出血と診断され19日間入院・手術。家族が駆けつける。 2,528万円
アメリカ 発熱・咳の症状で受診。肺炎と診断され8日間入院。 683万円
シンガポール クルーズ中に嘔吐・吐血、下船し救急車で搬送。胃炎と診断され7日間入院。家族が駆けつける 440万円
オーストラリア レストランで転倒し腰を強打。大腿骨頸部骨折と診断され12日間入院・手術。家族が駆けつける看護師が付き添い医療搬送 388万円
タイ スピードボードに乗船中に転倒し、腰を強打。大腿骨頸部骨折と診断され8日間入院・手術。看護師が付き添い医療搬送。 327万円

これらはすべて実際にあった事例です。

ケガや病気の治療にかかった費用以外も含まれた金額(実際に支払われた金額)ですが、治療費だけで、3~7日間の入院でも400万円前後の費用が発生することもあります。

アメリカの事例は2,528万円です・・・高すぎますね。

海外旅行保険に入ってなくて、2,528万円の負担が発生

もしそうなってしまったら人生が狂ってしまうほどです。なので疾病・傷害治療費用は海外旅行保険の最重要項目です!

救援者費用

疾病・傷害治療費用と関連する補償が救援者費用補償です!これも海外旅行保険の中で重要な補償です。

外国で入院することになった場合・・・

  • 配偶者や親族などが駆けつけるときの渡航費用や滞在費
  • 医師・看護師付き添いでのチャーター機による搬送費
  • 病気を患った状態で日本まで帰国することになったときの搬送費

などが救援者費用にあたります。これもたくさんの費用負担が発生する場合があるので、甘くみていてはいけません!

傷害死亡・後遺障害

ケガで死亡または後遺障害を負った場合に補償の補償です。 例えば・・・

  • 交通事故に遭遇し、死亡してしまった
  • 海外でのスキー中に転倒して骨折、身体がマヒする後遺症を負った

といった場合などの補償をしてくれます。 故意や重大な過失がある場合は補償されないことがほとんどです!

疾病死亡・後遺障害

病気で死亡または後遺障害を負った場合の補償です! 例えば・・・

  • 海外旅行中に肺炎になり、病院で治療を受けたが死亡してしまった
  • 海外旅行中に心不全となり、病院で治療を受けたが死亡してしまった

といった場合などの補償をしてくれます。 これも故意や重大な過失がある場合は補償されないことなほとんどです!

個人賠償責任

他人の身体を傷つけてしまったり、他人のものを破損させてしまったりして、賠償責任を負った時の補償です!

これも何かあった時は高額になる可能性があります。 具体例と実際にかかった金額を損保ジャパン日本興亜のサイトからご紹介します。

国・都市 事故の内容 賠償費用
フランス ホテルでバスタブのお湯をあふれさせ、階下と周囲の部屋が使用できなくなったことで、ホテル側から損害の賠償を求められた。 1,200万円
インドネシア 椅子の上に置いてあった他の旅行客のカメラとコンピュータを落としてしまい破損。損害の賠償を求められた 10万円

調べる限りだと、このホテルのバスタブの例が1番高額です。

携行品損害

ここまで主に人に対する補償をみてきましたが、次は治療や救援費用に次いで多い自分の持ち物に関するトラブルです!

カメラ、スマホ、時計などの持ち物の紛失や盗難を補償してくれます!

注意点が3つあります。

  • 故意や重大な過失がある場合は補償してくれない
  • コンタクトレンズやクレジットカードなど普段もっていそうな身の回り品が補償対象外である場合が多い
  • 持ち物1つあたり10万円など、支払限度が設けられている場合が多い

補償の内容をしっかりと確認しておきましょう!

航空機寄託手荷物遅延費用

いわゆるロスドバゲージに対する補償ですね。

航空会社に預けた手荷物の到着が遅れ、身の回り物を購入した場合、その費用を補償してくれます。

具体例

出発時に航空会社に預けた手荷物が、航空会社の手違いで別の場所に送られてしまい、やむを得ず衣類などを購入した場合

この補償は、「何時間以上到着が遅れたか」が条件だったり、「10万円まで」といった上限がある場合がほとんどです!

航空機遅延費用

飛行機が遅れたために宿泊代や食事代がかかった場合、その自己負担分を補償してくれます!

具体例

搭乗予定の飛行機が欠航になってしまい、現地にもう一泊しなければならなくなり宿泊代が発生した場合

この補償も欠航、「何時間以上の遅れ」などの条件や、1回の事故につき「2万円まで」といった上限があることがほとんどです!

偶然事故変更費用

海外旅行中の予期せぬ偶然な事故やトラブルにより発生した交通費や宿泊費の負担をカバーする補償です!

具体例

空港行きのバスがトラブルで運休してしまい、慌ててタクシーで空港まで向かったが、予約便には間に合わず1泊することになってしまったといった場合

負担した交通費、宿泊費、食費、通信費、各種サービス取消費用などが補償されます!

まとめ

ここまで海外旅行保険について解説してきましたがいかがだったでしょうか。

海外旅行保険は海外旅行で発生しうるリスクを総合的に補償してくれます!

主な補償項目と内容をまとめると・・・

+ 主な補償項目と内容(クリックすると表示されます)

補償項目 内容
疾病治療費用 病気で病院にかかった場合の治療費を補償
傷害治療費用 ケガで病院にかかった場合の治療費を補償
救援者費用  旅先でケガや病気で入院し、日本から家族などを呼び寄せた場合、その交通費や滞在費などを補償
傷害死亡・後遺障害 ケガで死亡または後遺障害を負った場合に補償
疾病死亡・後遺障害 病気で死亡または後遺障害を負った場合に補償
個人賠償責任 誤って他人の身体や物を傷つけてしまった場合、その損害賠償金を補償
携行品損害  スマホ、カメラなど身の回りの物が盗難に遭ったり壊れたりした場合に補償
航空機寄託手荷物遅延費用  手荷物の到着が遅れたために身の回り品を購入した場合、その費用を補償
航空機遅延費用  飛行機が遅れたために宿泊代や食事代がかかった場合、その自己負担分を補償
偶然事故対応費用 偶然の事故に巻き込まれたために別途自己負担した費用を補償

繰り返しになりますが、1番重要な補償は疾病・傷害治療費用の補償です!

病気や怪我など海外でも発生する確率が高い上、病院にかかると治療費が高額になってしまいます。

海外旅行保険に加入するときは、病気や怪我のときいくら補償されるかを必ず確認するようにしましょう!

海外旅行保険の入り方については、こちらで詳しく解説していますので併せてチェックしてみてください!

海外旅行保険の3つの入り方!おすすめはクレジットカード付帯保険!

今回は海外旅行保険の入り方について解説していきます! 海外旅行保険ってどうやってかければいいの?と悩む方も多いと思います ...

最後までご覧いただきありがとうございました!次回もぜひご覧ください!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たかやん

私は陸マイラーのたかやんです!ANA&JALマイルを中心に大量のマイルを貯めています。このブログでは、マイルの貯め方や旅行に関するお得な情報を発信中!

ブログランキング・にほんブログ村へ

RECOMMEND

1

この記事では、年間216,000以上のANAマイルを貯める方法を詳しく解説していきます!   「ANAマイルを ...

2

「ANAアメックスゴールドの特典やメリットってなんだろう。」 「発行でお得なキャンペーンはないかな・・・。」 &nbsp ...

3

「ハピタスとは一体なんだろう?」 「ハピタスのことをもっと知りたい!」   この記事では、ポイントサイト「ハピ ...

4

「JALマイルをたくさん貯めたい」 「おすすめの貯め方って?」   このようにお調べ中の方もいらっしゃると思い ...

5

「ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)のメリット・デメリットがわからない。」   このようにお悩みではあ ...

6

「SPGアメックスとは?」 「SPGアメックスの特典やメリットって?」   このようにお悩みではないでしょうか ...

-旅行, 海外旅行
-, ,

Copyright© マイル先生のブログ , 2018 All Rights Reserved.