国際線の機内を快適に!持ち込みたい9個のおすすめアイテムとは?

2017年9月14日

国際線の機内を快適に!持ち込みたい9個のおすすめアイテムとは?

国際線のフライトは長くなりがち。

できれば、機内でも快適に過ごしたいと思うのは当然のことです。

しかし、そう思ってはいるものの、

 

機内に何をもっていけば快適に過ごせる?おすすめのアイテムは?

 

こう悩んでしまいますよね。

私自身、何度も国際線のフライトを経験したことがありますが、最初の頃は何も持ち込めばいいのかさっぱり・・・。

しかし、経験を重ねる中で、これがおすすめ!というアイテムがわかってきました!

そこでこの記事では、これまで何度も国際線のフライトを経験してきた、たかやん(@milesensei33)が、

 

国際線の機内で快適に過ごすために持ち込みたい、9個のおすすめアイテムをご紹介します!
たかやん

 

この記事でわかること

  • 国際線の機内で快適に過ごすためのおすすめアイテム9個
  • 私が使っているアイテムもご紹介
  • おまけ:機内持ち込みを少なくする方法

 

国際線の場合はフライトが長時間になりますね・・・。なので、機内(エコノミークラス)で快適に過ごすために、持ち込むアイテムを選んでおきましょう。

さっそく機内へ持ち込むと便利なアイテムをご紹介していきます!

 

これで快適♪国際線機内へ持ち込みたいおすすめアイテム9個

まずは、結論からまいります。国際線の機内で快適に過ごすために、ぜひ持ち込みたいおすすめのアイテムは以下の9個です。

 

  1. 上着
  2. スリッパ
  3. 歯ブラシ
  4. 機内保湿用マスク
  5. 化粧水・リップクリーム
  6. 気圧の変化対策用品
  7. 首に巻く用の枕(ネックピロー)
  8. ボールペン

 

この9個のアイテム!次に、それぞれのアイテムについて、『なぜ持ち込むのがおすすめか?』『私が使っているおすすめアイテム』を詳しく解説していきます。

 

私の体験談も交えながら解説していくので、ぜひチェックしてみてください!
たかやん

 

機内では上着があると便利

機内の温度は快適に保たれているのが基本。しかし、意外と寒いと感じる場合があるので、寒さ対策に長袖シャツや薄手のパーカーを持っておくとGOOD!

人によって感じ方も違うので、調整できる上着が1枚を持ち込むのがおすすめ。温度調節用としては、薄手のセーターやカーディガンもおすすめです。

 

私の体験談

以前に夫婦で海外旅行にいったのですが、機内が少し寒く感じたのを覚えています。日本は夏で、旅行先も気温が高かったので、身軽な服装でした。

他の乗客は大丈夫そうだったので、私は薄手のパーカーを着て温度調整。長時間のフライトなので、寒いとかなりつらかっただろうな・・・と感じています。

 

上記の経験から、座席や空調の強弱や感じ方などによって寒いと感じることもあるので、温度調整用に上着は必須だなーと思いました。

何時間ものフライト中ずっと寒いと感じながら過ごすのはさすがにイヤですよね・・・。

 

なので、温度調整用の上着は必ず持ち込みましょう!

 

ちなみに私は割とナイキのパーカーを着ていくことが多いです。

 

理由は単にナイキが好きなことと、個人的に空港&機内で着ていてもオシャレ感がでるかなーと。寒かった場合は、『空港で着る→そのまま機内で過ごす』感じです。

ここはぶっちゃけ、今ある上着を持っていけばOKだと思います。

 

ただ、もし今お持ちの上着が、フードが分厚いものだとおすすめできません。

 

なぜなら、分厚いと座っているときフードが首にあたり、首まわりが疲れてくるから。これ、意外と疲れるので注意が必要です。

上記にご紹介したナイキのパーカーでもいいですし、無印良品のものでも、近所のお店で買ったものでもいいので、上着は一枚用意するのがおすすめです。

 

スリッパがあると足元が快適

長時間のフライトでは、靴を履いていると足が疲れるし、蒸れます・・・。かといって裸足で機内を歩き回ったり、トイレに行ったりはできませんね。

そこでスリッパを持参し、履き替えるだけでかなり快適度がアップするのでおすすめです。

スリッパの種類は好みだと思うのですが、

  • 荷物が多くなってもよいなら・・・厚手のスリッパ
  • 荷物をコンパクトにしたいなら・・・ペラペラのスリッパ

がベストかなぁと。ちなみに私は、①荷物が多くなるのが嫌、②ペラペラのほうが開放感があるので、割とペラペラなスリッパにしています。

私の愛用スリッパは以下のもの。機内用によくある、持ち運びに便利なペラペラスリッパですが、ちょっとオシャレな感じです。

 

専用ケースが付属しているので持ち運びも手軽。かさばらないので、旅行用の荷物を圧迫しません。

 

歯を磨くと口が快適に

国際線の長時間路線ともなると、寝る時間がありますよね。寝る前に機内のトイレで歯を磨くと、口の中がリフレッシュできるのでおすすめです。

旅行には歯ブラシを持って行く場合が思うので、預ける荷物ではなく機内持ち込み用の手荷物に入れておくとGOOD!

ちなみにビジネスクラス(長距離路線)以上は、アメニティで配られることがほとんどです!

エコノミーとビジネスクラスの決定的な3つの違いとは?座席や値段、特典航空券など圧倒的違いあり。
エコノミーとビジネスクラスの決定的な3つの違いとは?座席や値段、特典航空券など圧倒的違いあり。

国際線の飛行機はエコノミークラスがほとんど! おそらくですが、これが多数派なのではないでしょうか。 しかし、『ビジネス』というクラスも耳にするので、、、   ビジネスクラスとエコノミークラス ...

続きを見る

 

機内保湿用マスクで乾燥対策

機内はすごく乾燥します。

  • 喉が痛くなりやすい方
  • 乾燥が苦手な方

このような方は、保湿用のマスクを持っていくことをおすすめします!

 

こういった機内用の保湿マスクがおすすめ!喉が痛くならないようマスクをして寝ると軽減されるので、念のためあるとよいです。

こちらもビジネスクラス以上になると配られたりします!

 

化粧水・リップクリームもあると快適

機内はとても乾燥しています。機内用保湿マスクで対策するだけだはなく、気になる方は、化粧水やリップクリームも準備しておくのがおすすめ。

特に気にならない方はなくても問題はありませんが、肌や唇を守るためにあるとよいです。

 

私の体験談

機内がとても乾燥していて、唇が乾燥してしまったことがあります。旅行先に到着後も、唇が気になってしまいました・・・。

その出来事以降、いつもリップクリームは機内に持ち込むようにしています。事前のケアで劇的に変わるのでとても大切です。

 

気圧の変化対策用品もあると便利

飛行機に乗って気圧の変化で耳が痛くなったりする方におすすめのアイテムです。これがあると、耳が痛くなるのを軽減してくれます。

私は飛行機に乗るときはいつも携帯しています。寝不足のときなど、体が疲れていると耳が痛くなりやすいので、その場合はつけるようにしています。

耳が痛くなりやすいという方はぜひお試しください!

 

それほど高価なものではないので、念のため買って持っていくと安心です!

 

首に巻く用の枕で眠りをよくするネックピロー

枕(ネックピロー)も重要なアイテムですね。フライト中は座ったままで、枕もないため安定して寝る体制になりません・・・。

首も安定せず疲れてしまうのであるとすごく便利。

 

私がエコノミークラスを利用するときに使っている機内用ネックピローをご紹介します。
たかやん

 

やはり、旅行用のネックピローは、場所を取らないタイプがおすすめ。これであれば、ポーチ付きで収納・持ち運びもしやすいです。

 

ちなみに私の場合、国際線の長時間路線はマイルを使った特典航空券で、ビジネスクラスに搭乗するのであまり活躍する機会がありません・・・。

なぜなら国際線ビジネスクラス(長距離路線)には、枕やクッションが用意されていることがほとんど!おまけに座席も180℃フルフラットになるものも多いです。

 

水を持ち込むと気軽に水分補給が可能

機内で飲み物はもらえます。しかし、手元にないといちいちCAさんに頼まないといけませんね・・・。

そのため、手元にあると自分が飲みたいタイミングで水分補給ができるので、安心感があります!

ただ、水を機内に持ち込む場合は注意点があります。持ち込みには制限があり、制限オーバーだと手荷物検査時に没収されてしまうので気をつけましょう。

 

ボールペンがあると便利

ボールペンは持っていたほうがいいです。到着前の機内で、入国審査ための書類を機内で配ってくれるので、その場で書くときに必要です。

CAさんに頼めば貸してくれると思いますが、手元にあったほうが気楽だし、ボールペンはかさばらないので持って行くことをおすすめします。

到着後に書くこともできますが、機内で事前に済ませたおくほうが時間の節約になりますし、入国審査前は混雑することが多いのでおすすめです!

 

ビジネスクラスなら用意されているアイテムがたくさん

今回は機内(エコノミークラス)で快適に過ごすためのアイテムをご紹介しています。しかし、その中にはビジネスクラスを利用する場合ならそもそも配られるアイテムも多いです。

そのため、ビジネスクラスに搭乗すれば、機内に持ち込む荷物を減らしてもより快適に過ごすことができます!

 

ビジネスクラスなんて値段が高くて乗れない!

 

と思われるかもしれません・・・。

しかし!コツさえつかめば、誰でも簡単に大量のマイルを貯め、特典航空券でビジネスクラスに簡単に乗れます。

以下の記事で詳しく解説していますのであわせてチェックしてみてください!

【大公開】ANAマイルのおすすめの貯め方とは
現役マイラーが暴露!ANAマイルをザクザク貯めるたった1つの方法

ANAマイルのおすすめの貯め方は?こうお調べではありませんか?この記事では、年間30万以上のANAマイルを貯めるおすすめの方法を解説していきます!たくさんANAマイルを貯めたい方、必見です。

続きを見る

JALマイルのおすすめの貯め方。陸マイラーがコツを解説
マイラーが伝授!JALマイルをザクザク貯めるたった1つの方法

JALマイルのおすすめの貯め方って?このようにお調べではありませんか?この記事では、たくさんのJALマイルを貯めるおすすめの方法を詳しく解説しています。JALマイルを今よりもっと貯めたい方は必見です。

続きを見る

 

エコノミークラスとビジネスクラスの差は大きいです。アメニティの差だけではなく、そもそも座席がかなり広いので快適に過ごせます。

2つの違いについては、以下の記事でまとめています。

エコノミーとビジネスクラスの決定的な3つの違いとは?座席や値段、特典航空券など圧倒的違いあり。
エコノミーとビジネスクラスの決定的な3つの違いとは?座席や値段、特典航空券など圧倒的違いあり。

国際線の飛行機はエコノミークラスがほとんど! おそらくですが、これが多数派なのではないでしょうか。 しかし、『ビジネス』というクラスも耳にするので、、、   ビジネスクラスとエコノミークラス ...

続きを見る

 

まとめ

今回は機内(エコノミークラス)で快適に過ごすために持ち込むおすすめのアイテムについてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。

機内で快適に過ごすために持ち込むべきおすすめの荷物は・・・

 

  1. 上着
  2. スリッパ
  3. 歯ブラシ
  4. 機内保湿用マスク
  5. 化粧水・リップクリーム
  6. 気圧の変化対策用品
  7. 首に巻く用の枕
  8. ボールペン

 

この9個のアイテムです!

国際線の場合はフライトが長時間になるので、機内(エコノミークラス)で快適に過ごすための対策はしっかりとすることをおすすめします!

今回ご紹介させていただいたアイテムは、機内で快適に過ごすために役立つものばかりなのでぜひ試してみてください!

最後までご覧いただきありがとうございました!次回もぜひご覧ください!

  • この記事を書いた人

たかやん@マイル先生

『マイル先生のブログ』の中の人です!陸マイラー歴5年。ANA&JALマイルを中心に大量のマイルを貯めてます。マイルの貯め方や使い方、旅行に関するお得な情報を発信中!\Follow Me!!/

-海外旅行
-

Copyright© マイル先生のブログ , 2019 All Rights Reserved.